麻原彰晃1(松本智津夫、オウム真理教)地下鉄サリン事件で死刑

麻原彰晃 (1955年3月2日、 本名は松本智津夫 )は、日本の論争を巻き起こしている宗教集団であるオウム 真理教(現在はAlephとして知られている)の創始者だ。

麻原彰晃容疑者は、1995年の地下鉄やいくつかの犯罪に対するサリンガスの攻撃の主犯として有罪判決を受け、死刑判決を受けた。
彼の法律チームは判決を上訴したが、控訴は却下された。

早い時期

日本の遠方の熊本県の畳敷きの大家族に生まれた。
出生時に小児緑内障に罹患し、左目が盲目であり、彼の右に部分的にしか見えなかった。
子供の頃、麻原彰晃は盲学校に入学した。
いくつかの逸話は、学校にいる間、他の生徒を悩ます麻原を描いている。
多少は目が見える朝原は全盲の子供を奴隷扱いし、暴力で支配した。
柔道も習っていた
金と権力に執着していた。
卒業後は熊本市の病院で働いていた。
その後は東大受験をしたがそれほど成績がいいわけでもなく、受からなかった

麻原彰晃は1977年に卒業し、鍼灸や漢方医学の研究に転じた。
彼は1978年に結婚した。
彼の宗教的な探求は、彼が家族を支えるために熱心に働いていた初期の時代から始まったと伝えられている。
彼は中国の占星術と道教で始まり、様々な宗教的概念の研究に自由時間を捧げた。
その後、麻原彰晃はインドの難解なヨガと仏教を練習した。

この時期の麻原の生活については、ほとんど知られていない。

無残な宗教的な検索

麻原の宗教に対する態度は、日本人にとって典型的なものではなかった。
宗教は葬儀や結婚式などの宗教的な儀式の日を除いて普通の日本人の生活において重要な役割を果たすわけではないが、複数の古代宗教文章で言及された「究極の啓蒙を達成する」ことが目標だ。
彼はこの啓発に効果的な方法を見つけるために、様々な学校、瞑想、アプローチを試みた。

彼が1980年代初めに加わった仏教宗教団体・阿含宗の追求の例が見られるかもしれない。
その宗教的慣習の中で最も深刻なものは1000日間の奉仕の練習だった。
この期間を通して毎日お金を提供した人たちは、悟りを約束した。
財政難にもかかわらず、麻原彰晃はコースを修了したが、悟りは決して起こらなかった。

彼はその後、弟子たちに、信仰の重要性を説明するための話を思い出した。
練習の有効性と宗教団体自体に真剣に疑問があるにもかかわらず、彼は最後の日に続きた。

数年が過ぎ、麻原の努力が結果をもたらし始めた。
彼は妻と二人の娘と一緒に東京の渋谷地区の小さなアパートに住み続けた。
その期間中、彼は最初の、最も忠実な弟子たちの支援を得た。
彼はヨガを教え始めた。
当時の教えでは、啓蒙主義を達成した人だけが重要な供物を受け入れることができるとされる。

オウム真理教の誕生

1987年、麻原彰晃はインド訪問から帰国し、彼の究極の目標、悟りを達成したことを弟子たちに説明した。
彼の最も近い弟子たちは彼に金銭を提供した。
彼は今受け入れることができ、この資金を使って、数日間続いた集中的なヨガセミナーを組織し、霊的発達に関心のある多くの人々を引き付けた。
麻原自身が参加者を指導し、グループは急速に成長し始めた。
当時、そのような修道院命令はなかった。

同年、麻原彰晃氏は正式名称を変え、 オウム 真理教の政府登録を申請した。
当局は当初、宗教団体の地位を付与することには消極的だったが、1989年に上訴後に最終的に法的認定を受けた。
その後、修道院秩序が確立され、多くの信者が参加することに決めた。

オウム真理教:教義

オウム 真理教の教義はPali Canon(パーリ仏典)として知られている元の仏教の経典(経典)に基づいている。
Pali Canon以外にも、オウム 真理教は、Patanjali(パタンジャリ。紀元前2世紀のインドの文法学者)のチベット経典、ヨガの経典、道教などの他のテキストを使用している。
経典は、麻原彰晃が書いたコメントとともに研究されている。
学習システムにはいくつかの段階がある。
予備段階を修了した人だけが試験に合格すれば、次のステップに進むことができる。

麻原彰晃は多くの宗教書を書いている。
最もよく知られているのは、生命と死を超えて 、 マハヤナスートラとイニシエーションだ。

麻原の教えは、チベットの仏教学校であるKargyudpaのような禁欲的行為の重要性を強調している。
コンピューターやCDプレーヤーなどの最新技術は、古代の瞑想を補完するために使用できる。

特定の段階の宗教的実践の達成を正当化するためには、開業医は酸素消費の中止、心臓活動の減少、脳の電磁気活動の変化などの徴候を示さなければならない。
集中的な練習(後退)ルームには、対応するセンサーが装備されている。

東京地下鉄ガス攻撃、告訴、裁判

1995年3月20日、オウムのメンバーは、神経ガスのサリンで東京地下鉄システムを攻撃した。
12人の通勤者が死亡し、数千人が後遺症を受けた。
十分な証拠を見つけた後、当局はオウム 真理教を攻撃の共謀と多数の小規模事件で告発した。
数十人の弟子が逮捕され、オウムの施設が襲撃され、裁判所は麻原彰晃容疑者の逮捕命令を出した。
麻原彰晃は、非常に小さく完全に隔離されたオウムの建物の部屋で迷走しているのを発見された。
麻原彰晃は13回の別々の起訴で27件の殺人事件に直面した。
検察は、「政府を転覆させて日本の王位に立つ」ために、麻原彰晃は「東京地下鉄を攻撃する命令を出した」と主張した。
数年後、検察は別の理論を導入した。
オウム真理教から攻撃は「警察の注意をそらす」ように命じられた。

検察はまた、サリン事件と坂本家殺人を徹底的に批判したと訴えた。
麻原の防衛チームによると、上級信者のグループが虐殺を開始し、彼らを麻原から秘密にしていた。

一部の弟子たちは、麻原被告に証言し、2004年2月27日に告発された17件のうち13件(3件が落ちた)と告発されて死刑判決を受けた。

この試験は日本のメディアによって「世紀の試練」と呼ばれている。
麻原彰晃弁護士の経験豊富な弁護士の安田義弘弁護士が逮捕され、法廷弁護に参加することができなかった。
ヒューマン・ライツ・ウォッチは安田の孤立を批判した。
裁判官が任命した弁護士だけが守った。

裁判開始直後、麻原彰晃の弁護人と協力して、オウム 真理教の教義、組織の目的などについて説明した。
その後、オウム 真理教代表のポストを辞任し、強制的な解散からグループを守った。
それ以来、麻原彰晃は家族と話していなくて、瞑想の日を過ごしたと思われる。
メディア報道では、裁判の期間中、「目を閉じて座っている」、あるいは「不調和的にぶつかる」という麻原を指摘している。

弁護団は、麻原が精神的に不適格であり、精神医学的検査が行われたという理由で判決を上訴した。
これらの検査の間、精神科医のチームによって行われ、麻原彰晃は話を始めた。
彼は質問のほんの一部に答えたが、彼の答えは正確で関連性があったため、審査官は麻原が自由意志から沈黙を守っていると確信した(報告書に記載)。
控訴は却下された。

麻原彰晃(1988)。
最上級開始:最高真理のための経験的精神科学 。
ヨガと仏教の練習の主な段階を強調し、パタンジャリによるヨガ・ストラ制度と仏教伝統からの8つの崇高な道を比較する。

麻原彰晃(1993)。
オウムの練習の段階の1つであるKundalini-Yogaのプロセスに焦点を当てている。

2000年4月13日 - メディア報道によると、オウム 真理教は、海上自衛隊の主要ソフトウェアの開発に加盟していたため、政府秘密を知っていた可能性がある。
報告書によると、最終宗教団体のメンバーは、海上自衛隊のすべての力を追跡するソフトウェアの開発に参加したという。
この報告書は、2月にオウムが国防省のコンピューターシステムのインストールに参加したことを受けて、政府のコンピュータセキュリティ管理にもう一つの打撃を与えている。
同システムは司法省の機密情報と結びついておらず、その実施により延期されたが、海軍のソフトウェアは昨年以来稼働しているという報道がある。

収入の主な原因となっているコンピュータビジネスを持つオウムは、多くの政府省庁や主要企業が使用するソフトウェアの開発にも携わっていた。

2000年3月9日 - 東京地方裁判所は、1995年の東京地下鉄列車のガス襲撃事件で被害を受けた41人の原告に対し、オウム新光師団の元高官7人に報酬を支払うよう命令した。
原告は15人の団体から合計6億6600万円を求めた。
15人の被告のうち6人は既に裁判所から補償を命じられており、残りの2人は原告の要求を受け入れることに合意している。
この新しい判決は、残りの7人のメンバーに支払いを命じる。
1997年12月に原告とオウム信楽京の事件が終結し、宗教団体は破産手続中に東京地下鉄ガス処刑の被害者に約2億4,400万円を払った。

昨年12月、オウムはガス攻撃などの犯罪で犯人を認め、犠牲者に謝罪し、犠牲者に補償する意思を表明した。
それから、1月にはカルトがAlephという名前に改名されたと発表した。

1999年12月 - カルトが復活する恐れから、12月には日本の議会が新たな法律を制定し、当局が3年間監察下に置くことを可能にした。
サイトを調べ、メンバーと資産の詳細を提出する当局。
法律はオウムを名前で指定するのではなく、過去10年間に「無差別大量殺戮」に従事しているグループの活動を対象としている。

1999年3月15日 - 致命的なトコイ地下鉄ガス攻撃の4周年を迎えたことで、オウム真理教の礼拝が復活しているという兆しが見える。
このグループは、自治体の再建のための不吉な努力として、新たな事務所や会議場を設置するために、日本全土の不動産や不動産を買い取っている。
警察は、メンバーが今年も、麻原彰晃によると、今年になるとされるアマゲドンを準備していると言いる。

オウム真理教は宗教組織としての法的地位と税務上の権利を剥奪されたが、政府はそれがもはや脅威ではなく、反禁止法を用いてそれを禁止することに止まったと結論付けた。
だから、メンバーはまだ集まってアイデアを広げ、お金を稼ぐことができる。
例えば、コンピュータやコンピュータ部品の販売による利益を利用して、昨年のカルトでは、最低でも165万ドルの不動産を購入した。
当局は、麻原の追随者にとって特別な意味を持つ年に拡大するために、オウムによる広範でより紛らわしい努力の中で、不動産取引をただ一つの要素と見なしている。
教祖の麻原彰晃の教えによると、審判の日は9月2日か3日のいずれかになり、カルトメンバーだけが生き残る。
おそらく準備中であると、捜査官は、東京拘置所の周辺にいくつかの事務所や会合場を設置している。
政府の公安調査庁(APA)がまとめた最近の報道によると、オウム信者は刑務所を「聖地」として礼拝するように指示されている。

1998年12月26日 - 国家公安審査庁は、オウム真理教の宗教崇拝が新たなメンバーの再編成と募集を行っているという報告を発表した。
同報告書によると、「オウムは、広告キャンペーンを開始し、必要な資本を獲得しながら、元メンバーを元に戻し、新会員を全国から募集しようと積極的に試みている」

1998年12月23日 - 化学兵器禁止組織からの調査官は、1995年の東京地下鉄攻撃で使用された神経ガスを、オウム真理教が使用した工場の日本当局による破壊を監督した。

1998年10月23日 ? 東京地方裁判所は、1989年11月4日、反オウムの弁護士である坂本堤と彼の妻と彼らを殺した4人の殺害事件に関わった岡崎一明は死刑が言い渡された。

1998年10月8日 - 日本の当局によると、オウム真理教は復活している。
化学戦争への致命的な挑発で知られているこのカルトは、再編、内外の新メンバーの募集、そして膨大な資金の調達だ。

東京地方裁判所は、1995年に法的宗教的地位を剥奪し、翌年に破産宣告した後、資産を清算したが、法務省は、当グループが「即時または明らかな脅威」を提起していないことを証明しなかった。
これは、1952年の破壊的な活動に反対する法律の下、宗派を非合法化するよう要請した。
その結果、セキュリティ専門家の警告にもかかわらず、オウム真理教は今回の決定を流通に戻した。

日本の治安当局者や独立した専門家からの報告によると、同グループには現在500人の修道士を含む約5,000人の信者がいる。
全国18の支店で28の施設を運営している。

ロシアでは活動を禁止されているにもかかわらず、グループはウクライナ、ベラルーシ、カザフスタンだけでなく、そこでもまだ活動している。
日本語、英語、ロシア語で暗号化されたウェブサイトとチャットルームを維持し、1997年に約3,000万ドルの収入を得た電子、コンピュータ、その他の店舗のネットワークを管理している。

しかし、同グループの復活は、警察関係者に深刻な問題を抱えている。
警察当局者は、知名度の高いフォロワーと企業を24時間監視し、以前のプロットや激しい暴行に関与していると指摘された3人の指導者を引き続き探している。
グループの復活の兆しがたくさんある。
5月には富士山の近くのリゾートに500人以上の信者や宗派に興味がある人が集まり、説教やヨガ、瞑想などの訓練を受けた。
警察当局者と民間専門家は、この集団から約5,000万円(約35万ドル)を調達したとみている。

警察は、カルトが大量破壊兵器を作るための努力を再開したという証拠はないとしているが、カルトはまだそれを心配している。
安全保障関係者は、若手研究者、エンジニア、そして武器を再構築することができる他の教育を受けた人たちのためのグループの継続的な魅力について特に懸念を表明した。

1998年9月10日 ? 東京高等裁判所は、後に死亡した男の拉致を助けたと告訴された、オウム 真理教教団員飯田エリ子(37)の懲役7年の懲役6年を切った。
裁判所は、飯田氏が被害者の犠牲者に補償金を支払うことに同意した後、判決を下した。

1998年6月12日 - 1994年の中枢神経ガスの攻撃で、オウム 真理教カルトの元メンバーであった富田隆史が7人の死亡刑を宣告された。
冨田容疑者(40)は、松本市の裁判所関係者のために、看護師に神経ガス散布装置を装備した車両の運転を認めた。
しかし、彼はガスが致命的であることを知らないと主張した。
しかし、裁判所は、彼に殺人を犯す陰謀の有罪判決を下した。

1998年5月27日 - 日本の警察は、160kgを含む8つのシリンダーを発掘したと語った。
オウム 真理教の調査官のメンバーによってグループがサリンを生産したという証拠を隠そうとフッ化水素を山に隠したと信じていた。

1998年5月26日 ? 東京地下鉄で12人を殺した神経ガス攻撃で、死刑囚の林郁夫(51)が殺人罪で有罪判決を受け、死刑を免れた。
心臓外科医の林さんは、寛大な寛容な文章で、刑務所での生活を宣告された。
つまり、約20年後に仮釈放を申請することができる。
審判の山室恵は、林が犯行犯罪責任を負っていたと述べ、謝罪したことを明らかにした。

検察は、林は、犯罪者を洗脳するために電気ショックを使用し、警察からの逃避を助けるために、メンバーの顔や指先で整形手術を行ったと語った。
証人は、1990年4月、ボツリヌス菌を含むトラック3本を送って、横浜市の米海軍の操縦士と横須賀の米海軍基地を含む4ヵ所のミストの霧を噴出させる証言をした。
1998年5月15日 ? 松本知子(39歳、麻原彰晃(松本智津夫)の妻)は、7年間夫と一緒に仲間の殺人事件を描いて投獄された。

1998年4月30日 - オウムは東京外で大規模な会議を開き、グループが復活する可能性があるとの懸念を表明した。
日本の新聞によると、今回の会合は主に資金調達のイベントで、200人の会員が参加するにはそれぞれ1,520ドルを支払ったという。

1998年2月27日 ? 東京地方裁判所は、1994年の誤った宗教家の連合と1994年の宮崎県の宿主の拉致に関与したことから、オウム真理教の追随者の後藤誠に10年の刑を宣告した。
後藤容疑者(37)は、1994年1月、山梨県上峰教のカトリック教徒である大田耕太郎容疑者(29)を殺害したことで有罪判決を受けた。
裁判所によると、後藤氏や他の宗教家たちは、安田秀明被害者が絞殺されたため、大田を拘束した。

関連裁判では、検察は、1994年大内田耕太郎氏の連立で松本知子に懲役10年を刑期に要求した。
松本容疑者は、殺されたときに彼女が出席していたにもかかわらず、無関係であると主張した。
検察官によると、彼女は教祖の命令に異議を唱えることができた唯一の人物だった。

1995年12月に始まった彼女の裁判を通して、松本氏は、彼女は麻原と結婚しているが、彼は彼を支配していないと強調した。
彼女はいつも別の上級司祭との夫の不倫関係を心配していた。
夫婦の婚約夫人クラブの女王、松本知子は、肖像画の彰晃との離婚を検討していると裁判所に語った。

麻原彰晃については、寒さと高熱に苦しんでいて何も食べられなかったため、裁判は延期された。

1997年12月25日 ? 破産最高宗教裁判所の裁判所委託受託者は東京地下鉄ガスで殺害された生存者とその家族を総額11.2億円(862万ドル)の損害賠償金を支払うことに合意した。
司法当局者によると、カルトには債務があり、資産には他にも多くの訴訟が存在するため、犠牲者は勝ったのはわずか20%に過ぎないという。
東京地裁で仲介された和解は、東京地下鉄での1995年3月の攻撃で殺害された12人の生存者と42人の生存者による訴訟を包みた。

1997年12月3日 ? 日本の検察官は、最悪の宗教崇拝者、麻原彰晃容疑者による殺人捜査のスピードアップの極めてまれな措置を取ると述べた。
松尾邦弘副長官は記者会見で、「日本の刑事裁判において、朝日の裁判が延期されれば、国民の不信が急増するだろう」と述べた。
これは注文を維持するという点でも非常に深刻な問題だ。

検察は、訴訟手続きを短縮できるように、訴追された人の数を2つの別々のガス攻撃で「負傷した」とと述べた。
検察官が証拠を提示し、証人として尋問する必要がある被害者の数は、3,938人からわずか18人に削減されるため、試験期間は最大8年短縮されるだろう。

1997年10月8日 - 米国は、オウム真理教と29の外国の団体をテロ組織と指定した。

1997年9月8日 - 1989年11月の反オウム弁護士である坂本堤弁護士とその家族の殺人事件につながる事件について、東京裁判所の早川恭平さんに弁護団の弁護士が訴えた。
麻原彰晃の弁護団によると、盲人は弟子たちに殺害を命じるのではなく、宗教家が自分の言葉を誤解し、自分たちで行動したという。

1997年9月7日 - 遺体が発見された各地で、妻である殺害された弁護士坂本堤とその1歳の赤ちゃんの3つの遺跡が公開された。
新潟県の那達町、富山県の魚津町、長野県の大町町にそれぞれの遺体が発見された。
記念碑の建造物は、日本の弁護士団と日本弁護士連合会から資金提供を受けた。

平成9年9月5日 - 東京地方裁判所での第48回聴聞会で、旧「建設大臣」、事実上2代目の早川喜久先生が「麻原以外の者はいなかった彼は仏と考えられていたので、「ポア」を注文することができる。
問題となった「ポア」(サンスクリット語の殺人)は、横浜の弁護士である坂本堤とその家族、元カトリックの田口修司の殺害であった。

1997年8月26日 - 日本の公安調査庁は、オウムが嫌がらせ行為法の下で1月に解散を余儀なくされたため、組織力を回復し、活動を拡大したと発表した。
グループは10の新しい「部署」を設立し、5つの地域支部と1つのトレーニングセンターを再開した。
現在日本には26の施設があり、約500人の住人と5,000人の住人がそれぞれ住んでいる。
当局は、カルトが前の追随者たちが再び地獄に行くか、そうでない場合には指を切らなければならないと脅かしていたと考えている。

1997年7月7日 - 元宗教家の富永雅弘氏は東京地裁で、1994年6月、オウムの弁護士である青山義信さんが、氷やコンクリートで21トンのサリン神経ガスを米国に輸送する計画彫刻。
もちろん、その攻撃は決して行われなかった。

東京の地下鉄攻撃は、日本政府を倒し、麻原彰晃を「日本の王」として迎えるための聖戦の一環だという。