麻原彰晃(オウム真理教)16 彼の著書とオウムとヨガ

麻原は、他にも数多くの本を出版している。
その中で最も有名なのは「生死を超える」などである。
彼の著書は、古代の聖書に示されている啓発のさまざまな段階を達成するプロセスを説明し、それを麻原とその追随者の経験と比較する。

彼はまた古代の聖典に論評を出版した。
これらの上に、特定のテーマ(適切な瞑想の姿勢を健全な子供を育てる方法に保つ方法から)に専念する麻原の説教は、オウム信者によって研究される。
説教の中には、人間関係の問題から生じる不幸などの日常的な事柄を扱い、言葉遣いの点で非常に単純なものと思われるものがある。

他の人々は洗練された言葉を使い、教育を受けたエリートにとってもっと面白いことを話し合っている。
フルタイムは、「進歩した」とみなされる側面を扱う説教をほとんど研究するが、信者は「言葉のようなもの」にもっと集中する。
「プレエントリーレベル」と考えられる説教のいくつかは研究されていない(テレビインタビューやオウムのラジオ局「Evangelion Tes Basileias」の簡単な放送など)。

思考力を維持し改善するために、麻原は、彼の追随者は、エンターテイメント雑誌や漫画ショーなどの情報源から低品質な劣化した情報を得ることを控え、代わりに科学文献を読むように勧めた。
「情報摂取管理」と呼ばれるこのアプローチは、メディアの批判の源になった。

組織構造

オウムは特別な方法論を適用し、特別な学級(日本語:学習)システムに従って教訓研究を整理した。
小学では、慣れ親しんだ日本の入学試験パラダイムを模倣しながら、試験が成功裏に終わったばかりの新しい段階に到達する。
瞑想の練習は、理論的な研究と組み合わせて、理論的な研究に基づいている。

理論的な研究は、「実践的な経験」が達成されなければ、目的を果たせない。
彼は実際に自分自身で経験していなかったことを説明し、代わりにオウムの本を読むことを提案するよう勧めた。

フォロワーは2つのグループに分かれている:レイ・プラクティショナーと"サマナ"(修道士のためのパーリの言葉だが、"修道士"も含む)は、"さんが"(修道士の命令。もともとの意味は「集い、団体、組合」)を構成する。
前者は家族と一緒に暮らしている。
後者は禁欲的な生活様式を、通常はグループ単位で行う。

オウムの分類によれば、フォロワーは、ラージャ・ヨガ、クンダリニー・ヨガ、マハムドラー(時にはジュニャーナ・ヨガ)、大乗仏教のヨガ、アストラル・ヨガ、因果のヨガ、究極の実現の各段階で、次の段階を達成することができる。
そのような疑いのある達成者の圧倒的多数は修道士であったが、ラージャヨガとクンダリニーヨガは達成者いた。

信者が達成者とみなされるためには、上司がそれを自分のものと認識する前に、特定の条件が満たされなければならなかった。
例えば、「クンダリニーヨガ」の段階では、酸素消費量の減少、電磁気脳活動の変化、および心拍数の低下(対応する機器によって測定)の実証が必要だ。

このような変化を示すフォロワーは、「サマディー」状態に入ったとみなされ、したがって、他人を教えるためのタイトルと許可を受ける権利がある。
各段階には独自の要件がある。
理論的研究の進歩は、信者に基本的な教義以外の何かを教える権利を与えなかった。
麻原によると、実際の瞑想経験は、実際のコーチ能力を決定する唯一の基準になる可能性がある。

オウムはまた大乗仏教のテキストで言及されるシャクティーパットのインドの精神的なヨガの伝統を継承した。
教師から弟子への精神的エネルギーの直接伝達を可能にすると信じられているシャクティパットは、麻原文明や石井久子など、麻原自身と数名の弟子たちによって実践された。
浄瑠璃はまたXXI世紀の初めにシャクティパットのような式典を行った。

オウム真理教の正式な閉鎖の後、社会と権威の両方に関係する側面のいくつかを変えた多くの措置が取られた。
基本的な一般的な側面は損なわれていないが、教義の中で最も議論の余地のある部分(詳細は下記参照)の一部が削除された。
このため、この記事で提供されている宗教的教義に関する情報は、新組織のAlephにもかなり関連している。
歴史

この動きは、1984年に東京の渋谷区にあるワンベッドルームのアパートで麻原彰晃が創設したもので、ヨガと瞑想のクラスである「青のクラブ」として始まり、次の年に着実に成長している。
それは1989年に宗教団体として公式の地位を得た。
それは、それが「エリートのための宗教」と呼ばれた日本のエリート大学からのかなりの若い卒業生を引き付けた。

アクティビティ

麻原はまた、海外で複数回に渡って旅をし、チベットカギュパの学校長であるダライ・ラマ(DalaiLama)やカヌ・リンポチェ(KaluRinpoche)など様々な有名なヨガ教徒や仏教徒の宗教教師や人物と会いた。
仏教の文章の普及を目指したオウムの活動は、インドのダラムサラにあるスリランカ、ブータン、チベット政府亡命政府によっても注目された。