麻原彰晃5(松本智津夫、オウム真理教)地下鉄サリン事件で死刑

麻原は、他にも数多くの本を出版している。
その中で最も有名なのは「生死を超える」などである。
彼の著書は、古代の聖書に示されている啓発のさまざまな段階を達成するプロセスを説明し、それを麻原とその追随者の経験と比較する。

彼はまた古代の聖典に論評を出版した。
これらの上に、特定のテーマ(適切な瞑想の姿勢を健全な子供を育てる方法に保つ方法から)に専念する麻原の説教は、オウム信者によって研究される。
説教の中には、人間関係の問題から生じる不幸などの日常的な事柄を扱い、言葉遣いの点で非常に単純なものと思われるものがある。

他の人々は洗練された言葉を使い、教育を受けたエリートにとってもっと面白いことを話し合っている。
フルタイムは、「進歩した」とみなされる側面を扱う説教をほとんど研究するが、信者は「言葉のようなもの」にもっと集中する。
「プレエントリーレベル」と考えられる説教のいくつかは研究されていない(テレビインタビューやオウムのラジオ局「Evangelion Tes Basileias」の簡単な放送など)。

思考力を維持し改善するために、麻原は、彼の追随者は、エンターテイメント雑誌や漫画ショーなどの情報源から低品質な劣化した情報を得ることを控え、代わりに科学文献を読むように勧めた。
「情報摂取管理」と呼ばれるこのアプローチは、メディアの批判の源になった。

組織構造

オウムは特別な方法論を適用し、特別な学級(日本語:学習)システムに従って教訓研究を整理した。
小学では、慣れ親しんだ日本の入学試験パラダイムを模倣しながら、試験が成功裏に終わったばかりの新しい段階に到達する。
瞑想の練習は、理論的な研究と組み合わせて、理論的な研究に基づいている。

理論的な研究は、「実践的な経験」が達成されなければ、目的を果たせない。
彼は実際に自分自身で経験していなかったことを説明し、代わりにオウムの本を読むことを提案するよう勧めた。

フォロワーは2つのグループに分かれている:レイ・プラクティショナーと"サマナ"(修道士のためのパーリの言葉だが、"修道士"も含む)は、"さんが"(修道士の命令。もともとの意味は「集い、団体、組合」)を構成する。
前者は家族と一緒に暮らしている。
後者は禁欲的な生活様式を、通常はグループ単位で行う。

オウムの分類によれば、フォロワーは、ラージャ・ヨガ、クンダリニー・ヨガ、マハムドラー(時にはジュニャーナ・ヨガ)、大乗仏教のヨガ、アストラル・ヨガ、因果のヨガ、究極の実現の各段階で、次の段階を達成することができる。
そのような疑いのある達成者の圧倒的多数は修道士であったが、ラージャヨガとクンダリニーヨガは達成者いた。

信者が達成者とみなされるためには、上司がそれを自分のものと認識する前に、特定の条件が満たされなければならなかった。
例えば、「クンダリニーヨガ」の段階では、酸素消費量の減少、電磁気脳活動の変化、および心拍数の低下(対応する機器によって測定)の実証が必要だ。

このような変化を示すフォロワーは、「サマディー」状態に入ったとみなされ、したがって、他人を教えるためのタイトルと許可を受ける権利がある。
各段階には独自の要件がある。
理論的研究の進歩は、信者に基本的な教義以外の何かを教える権利を与えなかった。
麻原によると、実際の瞑想経験は、実際のコーチ能力を決定する唯一の基準になる可能性がある。

オウムはまた大乗仏教のテキストで言及されるシャクティーパットのインドの精神的なヨガの伝統を継承した。
教師から弟子への精神的エネルギーの直接伝達を可能にすると信じられているシャクティパットは、麻原文明や石井久子など、麻原自身と数名の弟子たちによって実践された。
浄瑠璃はまたXXI世紀の初めにシャクティパットのような式典を行った。

オウム真理教の正式な閉鎖の後、社会と権威の両方に関係する側面のいくつかを変えた多くの措置が取られた。
基本的な一般的な側面は損なわれていないが、教義の中で最も議論の余地のある部分(詳細は下記参照)の一部が削除された。
このため、この記事で提供されている宗教的教義に関する情報は、新組織のAlephにもかなり関連している。
歴史

この動きは、1984年に東京の渋谷区にあるワンベッドルームのアパートで麻原彰晃が創設したもので、ヨガと瞑想のクラスである「青のクラブ」として始まり、次の年に着実に成長している。
それは1989年に宗教団体として公式の地位を得た。
それは、それが「エリートのための宗教」と呼ばれた日本のエリート大学からのかなりの若い卒業生を引き付けた。

アクティビティ

麻原はまた、海外で複数回に渡って旅をし、チベットカギュパの学校長であるダライ・ラマ(DalaiLama)やカヌ・リンポチェ(KaluRinpoche)など様々な有名なヨガ教徒や仏教徒の宗教教師や人物と会いた。
仏教の文章の普及を目指したオウムの活動は、インドのダラムサラにあるスリランカ、ブータン、チベット政府亡命政府によっても注目された。

オウムは日本では議論の余地があるとされていたが、まだ深刻な犯罪には関連してわなかった。
この間、麻原はまれな仏教書を受け取り、釈迦牟尼仏の遺跡を持つ仏塔を与えられた。

オウムの広報活動には出版が含まれていた。
オウムは漫画やアニメがすべての年齢層で前例のない人気を誇っている日本では、宇宙ミッション、、世界陰謀、究極の真実を征服するなど、人気のあるアニメやマンガテーマに宗教的アイデアを結びつける究極の武器になると感じた。

幸福の科学は同じように主に外界を対象としたアニメを作った。ヴァジラヤーナ・サッチャというのようなオウムの出版物もある。
研究者はその後、このアイデアをオウムの内部信念システムの一部として誤って解釈した。

忍者に関する最も著しい出版物の1つは、古代中国への武術と諜報活動の起源を辿り、忍者が宗教的精神的慣習を持っていると噂されていた超自然的能力を結びつけ、「真の忍者」が時代に「平和を保つ」軍事的紛争を考えた。

アイザック・アシモフのSF小説は、「霊的に進化した科学者たちが、野蛮な時代に地下に押し込まれ、文明を再建しようとしている瞬間に備える準備ができている」ように描写されている。

また、彼らは仏教のアイデアを使って、退屈で純粋に伝統的な説教に魅了されない、賢明で知識のある日本人を感動させた。
その後、オウムアピール要因の前提条件に関する議論の結果、オウムの週末の瞑想セミナーの形式に合った伝統的な日本の仏教寺院が生まれた。
フォロワーへの伝統的な仏教的アプローチを「近代化」する必要性もまた共通の控えとなった。

オウム真理教は、ヨガの瞑想に興味を持つ静かなグループとして始まったが、後に非常に異なる組織に変化した。
麻原によれば、彼は現代の観客を引き付けるために「カリスマ性を発揮する」ことが必要だった。
彼の決定に従って、オウムは根本的なイメージ変更を受けた。

ブランド変更されたオウムは、エリート瞑想ブティックのようには見えず、より幅広くより大きな人口グループにとって魅力的な組織に似ていた。
パブリック・インタビュー、大胆な論争の声明、批判への悪質な反対が宗教のPRスタイルに組み込まれた。

プライベートでは、麻原と彼の一流の弟子たちは共に謙虚な生活を続けたが、唯一の例外は装甲車のメルセデスを持ち、麻原彰晃の交通安全を懸念している裕福な追従者だった。
彼は個人的な富や名声は彼にとってはほとんど重要ではないことを繰り返すことは決してあらなかったが、より多くの人々を引き付けるためには知る必要があった。

ヨガの健康改善技術による身体的疾患の治癒、知性と肯定的思考の改善による人生の目標の実現、余暇や霊的な進歩を犠牲にして重要なことに集中する、「オウムによる救済計画」と呼ばれる激しい広告と募集活動。

これは元のパリシトゥラから正確に翻訳された古代の教えを練習することによって達成された(これら三つは「三倍の救い」と呼ばれた)。
特別な努力の結果、オウムは日本の歴史において最も急速に成長している宗教団体となった。

日本のトップ大学の野心的な若い卒業生で、オウムの「部門」システムもその名前が変わった。
このように「医療部門」は「保健省」となり、「科学グループ」は「科学省」となり、武術や軍事的背景を持つ人々は「知性の省庁」に組織された。
それに応じて、「教育省」に割り当てられた子供の世話に関わる女性の失望者。

1995年以前の事件

カルトは、1980年代後半に募集の欺瞞を告発し、宗教的意志に反してカルトメンバーを保持し、メンバーに資金を寄付することを強要して論争を巻き起こした。
1989年2月、離職しようとしたカルト会員の殺人事件が起きたことが知られている。

1989年10月に、グループを破産する可能性のある訴訟を脅している反宗教弁護士の坂本堤との交渉は失敗した。
同月、坂本は、グループからの抗議の結果、放送されなかった日本のテレビ局TBSのトークショーのためのインタビューを記録した。
翌月、坂本さん、妻とその子供が横浜の自宅で行方不明になった。

当時、警察はその事件を解決することができなかったが、一部の同僚は同グループの疑惑を公然と表明した。
彼らが殺されたことが知られていた1995年までではなかったし、彼らの体はカルトメンバーによって投げ捨てられた。

1990年には、衆議院総選挙のために麻原と他の24人が出たが当選しなかった。
麻原は1991年にテレビのトークショーに数回出演したが、現時点では社会に対する教説の態度が敵意の中で成長し始めた。

1992年、オウムの「建設大臣」早川紀代秀は、日本の憲法と民間機関に対する「戦争宣言」と呼ばれる市民のユートピア原則という論文を出版した。
同時に早川はMILMi-17軍ヘリコプターであるAK47のような軍用機材を手に入れるためにロシアを頻繁に訪問し、核兵器用部品を取得しようとしたという。

カルトは、仏教宗派の創価学会や人間の幸福研究所、1993年の論争を巻き起こしている漫画家の小林よしのりなど、数多くの宗教的な人物の暗殺を考慮したことが知られている。

1993年の終わりに、カルトは密かに神経剤サリンとその後のVXガスを製造し始めた。
彼らはまた、1000の自動ライフルを製造しようと試みたが、それを作ることしかできなかった。
オウムはウエスタンオーストラリアの遠隔地の牧場で羊のサリンを検査し、29匹の羊を殺した。
サリンとVXの両方が1994-1995年の間にいくつかの暗殺(と試み)に使われた。

1994年6月27日の夜、、中央日本の松本市でサリンを解放した際に、民間人に対するテロ攻撃で化学兵器を世界で初めて使用した。
この松本事件は7人を殺し、さらに200人を傷つけた。
しかし、警察の捜査は無実の地元の居住者にしか集中しておらず、カルトを巻き込まなかった。

1995年2月に、いくつかのカルトメンバーが、東京の通りから脱出したメンバーの69歳の兄弟である刈谷清志を誘拐し、富士山近くの上水岸で彼を殺した。
川口湖で処分される前にマイクロ波焼却炉で死体を破壊した。
拉致される前は、妹の居場所を知ってもらいたいという脅迫的な電話を受けていて、「オウム真理教に拉致された」というメモを残していた。

警察は、1995年3月に日本全土で宗教施設を共同で捜索する計画を立てた。

1995年東京サリンガス襲撃事件

1995年3月20日の朝、オウムのメンバーは東京の地下鉄システムの5列車で調整されたサリンをリリースし、12人の通勤者を殺害し、54人に重大な被害を及ぼし、980人に大きな影響を与えた。
検察は、麻原容疑者は、内部組織の警察による襲撃について、警察の襲撃について警鐘を鳴らしたと主張し、東京都心での攻撃を命じ、グループから注意をそらすよう指示した。

その計画は明らかに裏目をそらし、警察はカルト・カントリーの襲撃を全国的に行った。
来週、オウムの活動の本格的な活動がはじめて明らかになった。

警察は、富士山の上にあるカミクシシキの本部で、爆弾、化学兵器、炭疽菌やエボラ文化などの生物兵器やロシアのMILMi-17軍ヘリコプターを発見した。
400万人を殺すのに十分なサリンを生産するのに使用できる化学物質の備蓄があった。

警察はまた、LSDやメタンフェタミンなどの薬品や、現金と金で何百万ドルもの価値がある金庫や囚人を収容している細胞など、真実の血清の粗製品を製造する実験施設を発見した。
襲撃の間、オウム真理教は、化学物質が肥料用であると主張する声明を発表した。
次の6週間にわたって、150人以上のカルトメンバーが様々な犯罪のために逮捕された。

3月30日、警察庁長の国松隆司は、東京にある彼の家の近くで4度撃たれ、重傷を負った。
多くの人はオウムの射撃に関与している疑いがあるが、2006年9月時点で誰も告発されていない。

朝鮮は、実行中に、東京攻撃が米軍のカルトを示唆していると主張した声明を発表した。
また、「神戸地震を頬に浮かべるような些細なものに見せかける脅威"当局は緊急事態を宣言し、自衛隊の化学兵士の専門家が待機している間に病院に神経ガスの解毒剤をストックし、脅威を真剣に受け止めた。
しかし、その日は来なくて事件は起こらなかった。

4月23日、オウムの科学省の村井秀夫氏は、カメラの前で約100人の記者の群衆の中で、カルトの東京本部の外で刺された。
韓国人の山口君の責任者が逮捕され、最終的には殺人罪で有罪判決を受けたが、暗殺の背後にいるかどうかは不明だ。

5月5日の夜、東京の新宿駅のトイレで燃えている紙袋が発見された。
試験の結果、シアン化水素の装置であることが明らかになった。
時間の経過とともに消火されなかった場合、換気システムに十分なガスを放出して2万人の通勤者を殺す可能性がある。
シアン化物は東京地下鉄で数回発見されたが、何も爆発しなかった。

この間、多数の宗教団体が様々な犯罪のために逮捕されたが、地下のガス処刑の上級会員の逮捕はまだ行われていなかった。

5月16日に上北昭子が「第6回サティアン」と呼ばれる礼拝堂の壁に隠れて逮捕された。
同日、同師は青島幸雄(東京都知事)の事務所に小包爆弾を郵送し、指導者の手から指を吹き飛ばした。

麻原被告は当初、23件の殺人事件と16件の違法行為で起訴された。
報道陣による「世紀の裁判」と名付けられたこの裁判は、麻原が襲撃を徹底的に糾弾したと裁定し、死刑を宣告した。
起訴は不成功を訴えた。
土屋正実のように参加した上級幹部も死刑判決を受けた。

ほとんどの上級オウムメンバーの小規模なサークルが残虐行為をした理由と、麻原の個人的関与の程度は、今日まで不明確であるが、いくつかの理論がこれらの出来事を説明しようとしている。
麻原容疑者が地下鉄攻撃を命じて告発したことを受けて、警察は、麻原は事態を知らず、健康状態の悪化を指摘した。

逮捕された直後、麻原は組織リーダーの地位を放棄し、その後弁護士や家族とのコミュニケーションも拒否し、沈黙を守っている。
多くの人は、試練が事実の背後に真実を確立することに失敗したと考えている

1995年10月10日、オウム真理教は「宗教的法人」としての公式地位を剥奪されることを命じられ、1996年初めに倒産宣告された。
しかし、当グループは宗教の自由の憲法上の保証を受け、成功したコンピュータビジネスと寄付、そして厳格な監視下にある。
1997年1月、公安審査委員会は、1952年の破壊活動防止法の下でグループを禁止しようとする試みを拒否した。

このグループは、麻原容疑者の逮捕と裁判の結果、数々の変革を遂げた。
それは、2000年2月にアレフの新しい名前の下に再分類された。
それは、その教義の変更を発表した:当局が「殺人を正当化する」と主張している論争の的な密教の教義に関連する宗教的テキストは削除された。

同グループは、サリンガス襲撃の被害者に謝罪し、特別補償基金を設立した。
オウム時代に社会を驚かせた挑発的な出版物や活動はもはや存在さない。

麻原さんの少数派指導者の一人で、重大な告発を受けていない祖母文明氏が1999年に正式に就任した。

2000年7月に、ロシア警察は、元アジア大統領の元メンバーであったドミトリ・シガチェフと、ロシアの元オウムメンバー4人を逮捕した。
これに応えて、アレフは「シガチェフをそのメンバーの一人とは考えない」との声明を発表した。

2003年8月、元オウム信教会員であると信じられた女性が中国を経由して北朝鮮に避難した。

現在の活動

警察庁の2005年6月の報道によると、アレフには約1650人のメンバーがおり、うち650人が共同施設で共同生活している。
当グループは、17の都道府県に26の施設、およそ120の居住施設を運営している。

2002年9月11日の毎日新聞に掲載された記事によると、日本人はまだアレフに不信感を抱いており、日本全土に分布している礼拝施設は、通常、地元住民からの離脱を要求する抗議バナーに囲まれている。

アレフが司法管轄内に施設を設立したことが判明した際、地方当局がカルト会員の居住者登録を受け入れることを拒否した例が数多くある。
(これは事実上、宗教団体の健康保険のような社会的利益を拒否し、毎回勝ったカルトメンバーによって合計5件が裁判にかけられた)。

地域社会は、宗教家の就職を阻止しようとすることによって、あるいは宗教的な子供たちを大学や学校から守ることによって、宗教を追い払おうとした。
右派団体はまた、オウム従業員によるアパートの賃貸料など、オウム関連施設の近くで行商を頻繁に行い、ミニバンに設置されたスピーカーで非常に大きな音楽放送を行い、近隣住民の不快感を増す。

アレフの監視

2000年1月、グループは反オウム法の下で3年間の監視の下に置かれ、グループはメンバーのリストと資産の詳細を当局に提出する必要があった。
(法案の要旨)2003年1月、日本の公安調査庁は、グループが依然として麻原を敬うことを示唆する証拠を発見したため、監視をさらに3年間延長する許可を得た。
2004年4月に発行された宗教ニュースブログの報道によると、当局は当グループを「社会に対する脅威」と考えている。

2006年1月、公安調査庁はさらに3年間監察を延長することができた。
Vajrayanaテキストの教義の変更と禁止にもかかわらず、PSIAは監視の増加と代理店自身の資金調達の増加を主張している。
定期的に、グループは、テキストがまだ存在していることを懸念し、麻原がリーダーのままである間に危険が残る。
アレフの指導者は、カラオケ曲を含む誤解を避けるために、彼らが言うか書いているほとんどすべてに合図を挿入する。

2006年9月15日、サザン麻原は、サリンの攻撃の裁判後、彼に課された死刑に対する最終的な訴えを失った。
翌日、警察の広報担当者によると、日本の警察は、「麻原の死刑判決に対する宗教団の違法行為を防ぐ」ために、アレフの事務所を襲撃した。

今のところ、11人のカルトメンバーが死刑判決を受けているが、処刑されていない。

アレフ内の意見の不一致

公安調査機関によると、2005年12月現在、グループは将来の紛争で分裂している。
シニアメンバーを含む多くのメンバーが、現実的に可能な限り、1995年以前の組織に近い組織を維持したいと考えている。

これまで、グループは意思決定権を譲渡する六人の経営幹部が率いられていた。
上祐史浩と彼の数値的に大規模な派閥は、社会への再統合を目的とした穏やかなコースを提唱している。
麻原の肖像画を残すべきか放棄すべきかなどの問題は、意見の相違の礎石である。

ヨウイの決定を遵守することを拒否したと伝えられているが、彼らは依然としてグループの正式な指導者である湯生と全くコミュニケーションしないように同情者に影響を与えようとしている。

2006年には、上祐と多くのサポーターがAlephの追従者から離れ、現在住んでいる別の建物を占領した。
上祐によると、上位ランクの大半は彼の支持者であるが、他の多くの人は[この時点で上祐のアイディアとの同意を発表することはできない]らしい。
上祐による多くのエッセイでは、意見の不一致の根拠について説明している。

「オウムの人々が選抜された人々」であり、それに反対する社会は「守り続けて迫害に耐える」と決意をもって「邪悪」であるという見解を放棄するように訴える麻原以外の瞑想師から学ぶためにインドやチベットに旅行するオウムの追従者に対する湯生の寛容は、不平等の告発を引き付ける。
それにもかかわらず、喜びは楽観的だ。
「これはプロセスであり、状況によっては上から何らかの順序で達成できない」と彼は説明する。
彼は、「社会への再統合」は、「信仰を放棄するのではなく、次のレベルに昇格させる」ことを唱える「忠誠心」の批判を批判し、「猿のように他人から離れたいという自我主義的な欲求」。

スプリット

2007年3月8日、元オウム真理教スポークスマンとその後のグループリーダーの1人である上祐氏は、

海外活動

オウム真理教には、スリランカ、ドイツのボン、米国のニューヨーク市、ロシアのモスクワのいくつかの小規模な支店がある。

国際野党

EUはオウム真理教をテロ組織と指定している。

2002年12月11日、カナダ政府は禁止されたテロリストグループのリストにオウムを追加した。

米国はまた、外国テロ集団のリストにオウムを維持している。

人気のある文化の参考文献

オウム現象を説明しようとする書籍、ドキュメンタリー、フィクションは、日本だけでなく海外でもベストセラーになった。
以下に特徴的な例を示する。

Alephメンバーの日常生活を示す映画監督森達也のドキュメンタリー映画「A」と「A2」は、限られたスクリーニングに参加した多くの日本人に不信感を与えたと伝えられている。
プロの俳優を使って「すべてを作る」と非難した。

人気のある作家村上春樹のドキュメンタリー「アンダーグラウンド」は、主にガス攻撃の被害者へのインタビューから構成されている。
村上さんはその後、日本の読者に謝り、意図を誤解し、オウムのメンバーとのインタビューを含む続編を発表した。
インタビューの両方のセットは英語の翻訳に含まれている。

グラインドコアバンドアゴラフォビック・ノーズブリードは、彼らのCD「アゴラフォビック・ノーズブリード 」に"オウム真理教"というタイトルの曲を持ち、同じアルバムのいくつかの曲は、東京地下鉄のサリンガス攻撃と歌詞的に対応する。

作者デビッド・ミッチェルのフィクション小説「ゴーストライターン」には、サリの攻撃にゆるされた「沖縄のテロリスト」の短編小説が収録されている。

他の信仰へのコメント

朝鮮は、宗教そのものより経済や政治に関連した講演の中で、ユダヤ人に対するコメントも出している。
朝日新聞の予言によれば、「仏教の救世主」霊的指導によって卑劣な人を救うために)は、「ユダヤ人は非常に強い修道院の要素を持っている」と言っている間に、「アスラに囲まれて来るだろう。
ユダヤ人が最終的に私の側に来るかどうかはまだ不明だ。
ユダヤ人は、麻原の判断では物質的ではなく霊的な意味での幸福を願う強い希望を持っており、その祖先は「神」である(別名:「彼らはデミ神」である。

彼はまた、カバラが「時の終り」にユダヤ人国家の中から出現する「秘密の科学」(以前は秘密にされていた)を教えていることにも気づいた。
(1999年のJapansPSIA機関が「暴力を正当化すること」と批判したことから、グループの指導部によって回覧から除外された本「VajrayanaSutra」から)。

機会を重ねるにつれて、より多くの伝統的な宗教団体と言えば、麻原は彼らに「伝統主義への堕落と本質の喪失」[すなわち啓蒙主義への進化論]を批判した。
「残されたのは、宗教的な儀式と、宗教的なロボットとなるために必要なことだけだ。
彼は一般的にダライ・ラマとチベット仏教の非常に話した。
(講演、1990-1993)

1995年以前、オウム真理教は、日本最大の新宗教集団である創価学会を批判し、これは日本の議会の一部である公明党を支配する一連の事件につながった。
麻原は、SGがその活動を困難にすることを目的とした事件や挑発を悪意のあるものとして妨害したと非難した。