ごちうさSS【嵐の中のラビットハウス】ココチノものです

それはラビットハウスの一夜を襲っている。稲妻の閃光と雷の轟音、そして明るい青い髪のかわいい女の子、チノが恐怖の表情で震える。彼女は決してそれを認めないだろうが、彼女は雷雨を恐れている。

「チノ、苦しい苦しい、強く絞るな!」
彼女の両腕のアンゴラウサギ、ティッピーは言う。チノは彼女の握りを緩めますが、雷が再び鳴って、彼女は叫んで、突然ティッピーを再び圧迫する。

「おじいちゃん、ごめんなさい、私は今この恐怖を乗り越えなければなりませんが、ラビットハウスが崩壊するように思えませんか?」
「そんなことあるわけ無いじゃろう!これぐらいの落雷ぐらい十分耐えられるわ!それよりわしを離してくれ?」
「おじいちゃん、今夜は一人でいたいとは思えないんです!」
「なら、なぜココアと眠らないのか?」
「ココアさん?」
チノは、再び一緒に引っ張る前に突き抜ける。

「多分ココアさんも私と同じくらいに怖がって。きっとおじいちゃんを抱きしめたいと思ってます」
「ココアにも強く抱きしめられるのか!苦しくて死んでしまうわ!」
ベッドサイドから飛び出してきたティッピーは、「わしはもう行くぞ!」と言いう。

「おじいちゃん、待って!」
チノは言う。しかしティッピーは部屋の外に出て、チノの視界から消え去った。チノは泣き叫び、彼女の枕を絞る。

「雷、鳴らないで」
チノは嵐の恐ろしさに泣き言をこぼす。しかし、嵐は続く、雷、雷、雨。チノを苦しめて楽しんでいるようだ。

「これじゃ私は決して眠れないです・・・」
チノは事実上涙を浮かべている。彼女がそれを聞くたびに雷鳴が大きく聞こえる。ラビットハウスは前後に揺れるようである。窓の上に雨滴が降りてくる。チノは頭痛を起こし始めている。
しばらくの間、嵐や雷がなく、霧雨が優しく降って、チノがリラックスし始める。しかし突然、雷鳴が激しくなって、壁や床が強く振動する。驚いたチノは叫び、ベッドから落ちる。

「まだ死にたくないよお!」
チノは大声でで叫ぶ。

「チノちゃん!」
ココアが突然部屋の中に突入する。

「なんかメロドラマみたいな泣き声が聞こえたよ!大丈夫だよ、お姉ちゃんがついてるから」
「ココアさん...」
チノは簡単に安心して見え、目の涙でココアを見つめます。それから、彼女の顔は少し赤くなって、ココアはチノが泣いているのを見た。

「チノちゃん、何で叫んだの!何が起こったの?」
私は雷鳴が私を怖がっていると彼女に話すことはできない。そのようなことを言えば小さな子供のように思われるだろう。

「私は...悪夢を見たんです」
「悪夢?どう?」
「ええと、私は変な夢だったから言えません...」
ココアはチノに飛び乗って彼女の腕を彼女の周りに包む。

「大丈夫です、お姉ちゃんがついてるから!」
「ココアさん、私は妹じゃないですよ・・・」
「チノちゃんが妹じゃなくても私はお姉ちゃんだよ!」
ココアはチノの目の前に座っている。警戒しないで、彼女は傾き、チノの頭を撫で、チノの顔全体が明るい赤色に変わる。

「ココアさん意味わかりませんよ!」彼女がココアを押しのけ、ちょっと恥ずかしそうにチノが言う。

ココアはちょっと恥ずかしそうな表情で微笑む。

「チノちゃん!私があなたと寝てあげる、嵐を恐れることはもうないよね?

やっぱり嵐を怖がったことはバレてた。

「あ、嵐なんて怖くないですよ。」
「意地はってるところもかわいいよ・・・さあ、ベッドに戻って!」
ココアが立ってチノの肩をつかむ。彼女はチノをベッドの上に乗せる。

「うわー、チノちゃんってとても軽いね!」
ココアのベッドに入って、彼女をベッドに抱きしめて楽しく笑っている。一方、チノは発汗してパニックになっている。

「恥ずかしいから出てってください!」
「ごめんねチノちゃん、お姉ちゃん調子に乗りすぎちゃったね、でもが怒っているときでも、礼儀正しい敬語で話すのはとてもかわいいよ!」
「ごめんなさい、ココアさん、ちょっと意地はっちゃって、やっぱり出て行かないでください・・・。」
「わかってるよ、心配しないで、チノちゃん!」
「ココアさんはやっぱり優しいですね」
それからチノはココアを抱きしめ布団に潜る。
ココアもチノを抱きしめている。

「チノちゃんの髪はいい匂いだね」
チノはその言葉にますます赤くなってしまう。」
「ココアさん、あなたはとても暖かいです...」
「えへへ、恥ずかしいなあ?」
ココアは笑って言いる。

チノとココアはお互いをまだ大きなぬいぐるみのように抱きしめる。

「ココアさん...」
チノはココアの目が閉じているにもかかわらず、純粋な喜びを見せているココアを見て、彼女は少し嬉しくなる。
暴風雨がなっているのにもかかわらず、二人は深い眠りについた。

アドマックス