ナチスが完全に反キリスト教であったという無数の証拠1

「キリスト教の教義と人々の生活様式は、悪全体の基本的な原因であり、それはユダヤ人を得るための手段としてのみ役立ったエホバが彼に与えた世界の習得...例えば、ベルサイユのディクタットは1919年6月28日、サラエボでの歴史的な対の暗殺の5周年に署名された。
当時、私は日程の平行性を疑うこともなく、カバト的な信念がそれらを決定したという考えもあらなかった。
1914年のエジプト時代にフランスのグランド・オリエンタル・ロッジが決定した第一次世界大戦を解き放つために、歴史的なフリーメーソンの兄弟関係によって歴史的な対の殺人事件が長く計画されていたことはわからなかった。
パリ、そしてローマの前進。

- エリック・ルデンドルフゼネラル・エリック・ルデンドルフ
ドイツは公平な戦いで戦争を失ったことはなく、国際的なユダヤ人、フリーメーソンとその陰謀について敗北していたことを常に信じていたことを証明した。

「カトリックのキリスト教は、教皇は、すべての宗教的・倫理的な問題で間違いないと確信しているので、我々は国家社会主義があまりにも私たちのためにするのと同じ熱心な信念を宣言し、総統は、すべての政治やその他の事項では絶対に間違いない。」
---ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング

「リチャード・エヴァンス(Richard J. Evans)著「第3帝国の権力」©2005

1935年3月19日に書かれたイースターメッセージで、ミュンスター司教のクレメンス・フォン・ガレンは、ローゼンバーグの本を激しく攻撃した。
「ドイツでは再び異端者がいる」と警鐘を鳴らし、ローゼンバーグの人種的な魂の考えを批判した」「ガーレンはバルドールフォンシラクのようなナチスを率いて聖職者に対する攻撃」について個人的にヒットラーに書いた。
教会、ヒムラー、ゲシュタポのネジを締め付けることで、カトリックの宗教団体や機関に対する厳しい措置を導入し、公開会議を制限し、残りのカトリックの新聞や雑誌を検閲し、特定の問題を禁止し、カトリック教徒に制裁を下した。

11月4日、地方教育大臣は、新しい学校の建物の宗教的奉献を禁止し、十字架(ルーサーの肖像画)などの宗教的シンボルの除去をすべての州、市町村から命じることにより、 、学校を含む教区教会などがある。

ローマのバチカン国務長官であるパッペリ枢機卿は、すでにコンコルダットが批准されて以来、このような違法行為についてドイツ政府に長引いて詳細な苦情を送信し続けており、カトリックの横柄組織を閉鎖し、金銭や設備を没収し、反キリスト教の宣伝活動、カトリック出版物の禁止などを行った。
カトリックの司祭たちは、この闘争の中で、「悪魔の十字架」として卍を公に掲げていた。

「ライヒ劇場は1935年以降、教会が主催する音楽や劇場のイベントを禁止し、彼らがナチスが主催するコンサートや演劇と経済的かつ理想的に競争していると主張し始めた。
1937年には、これは、出生率の演劇を禁止していた。

「ヨーゼフ・ゲッベルスの教会における財政腐敗に対するキャンペーンが始まった後、ベルリンとローマの交流の色合いははるかに鋭くなった。
関係は開放的な敵意に陥っているようだった。
教会のサービスと説教は、今、バチカン市民が当局からの絶え間ない監視を受けていると不満を表明している...」バートラム、フォールハーバーを含むドイツの上級司教と枢機卿の代表団が、 、ガレン、1937年1月にローマに行って、コンコードを違反してナチスを非難した。


「ミット・ブレネン・ソージュと名づけられた「燃え上がる懸念」は、ナチスによって教会に注がれた「憎しみ」と「うわさ」を非難した」

しかし、それを弱体化させるために、ドイツ連邦共和国政府は、教会に対する「全面的な闘争」を行っていた。

経済的、職業的、市民的および脅威的な脅威を目の当たりにして、他の欠点は、カトリック教徒の教義の忠実さ、特にカトリックの公務員の特定のクラスの教義の忠実性は、それが非人道的であるように違法であるという圧力の下に置かれている。

1936年以来、ドイツの警察の指導者として新たな力を武装し、ヒムラーは現在、教会に対するキャンペーンを強化している。
ラインハルト・ハイドリッヒ副議長と一緒に、彼は教会組織に秘密の代理人を配置し、聖職者の警察を嫌がらせした。
教区教会のプレスにはさらに厳しい批判があり、巡礼や行事に制限が課されていた。
カトリックの結婚指導や親権の授業も禁止されていた。

「1938年までにカトリックの若者グループの大半は、「国家に敵対する文章」の普及を支援していたという理由で閉鎖された。
カトリック行為は、ドイツの指導者が中央党の元指導者プレオール・カースとのコミュニケーションを維持していたとも主張されていたが、1938年に禁止された。
バイエルンとザクセンでは国家補助金が廃止され、修道院は資産が没収された。
「政治的」司祭の家庭捜索と逮捕は急激に増加し、裁判所に提出された「説教の虐待」の有名な例が着実に流れ出した。