円高の驚異1 集悲観的な楽観主義1

2000年に『そごう』の問題があった。
株式市場の余波が予想以上に大きかったようだ。
原因として、そごうに変わる会社を探す動きは、配分不足の金融機関への影響は問題となり、金融機関と企業の間の株式保有を解決しようとしているのであれば、今年の初めに高値に近い信用取引でITバブルストックを購入してしまった人は、決済日がやって来たり、半年前などに設定された大規模投資信託の解約の委任や、いくつかの株式市場に特有のいくつかの技術的要因も加えられたが、それが波をさらに拡大させる要因になっているようだ。

株式市場は景気の先行指標とも言われており、株価下落期には、将来の経済にとって悲観的な思考になる。
今回の株式市場の下降については、単純にそごう会社だけの問題ではなく、日本の構造問題が今も残っていることには失望があったようだ。
そごうは、伝統的な責任の位置が不明であり、身近な問題の延期から、責任がはっきりした法的事務に移行してたことにより、日本も変わったかどうかを評価する動きもあった。
しかし、それは期待を持ちすぎていたことは、日本国際の銀行移転問題で、固定されている瑕疵担保条項を破棄するという、契約の信念をないがしろにしている途上国のような対処することを余儀なくされた。
政治家は世論の批判を防ぐことだけのために動き出しており、しっかりとした信念のあるに反応はない。

経済に対する弱気の意見も高まっている。
バブルの前の時代と、現在の状態は、設備投資は順調に回復しており、消費もあり、雇用と所得も底を打っているので、景気が上がる段階に達している。
だが構造的な問題は決着が付いていないので、人々の未来への期待は上がらない。
リストラの恐怖は引き続き存在し、消費の火が点火せず、余剰施設を背景に投資も微妙になると考えている。
そして、米国の経済がが減速しだすと外需も減り、国庫に財政政策を立てるための資金がない。
経済を悲観的に考えると、最悪の結末しか言えないということということではない。

株式市場が表示するのは、悲観主義の世界だ。
日本銀行のゼロ金利政策の見直しを大幅に遅らせた。(今後数年間で人々はロック解除できないと思う)。
構造的なデフレの下で日銀の金融緩和政策が継続することが予想されるため、短期金利に加えて、長期金利も低下の兆しを見せていた。

株式市場の影響とは対照的に、いくつかの市場では、日本の将来についての楽観主義がある。
一番楽観的と言えるのが交換市場だ。
増えている問題により日本を懐疑的な見方をする人が現れ、円安の理由であると思われる解説が流行った。
ドルが105円から110円に転じたくらいでは円安ではない。
一般的に、当時の日本は高い円高を示している。
ヨーロッパのユーロが不況であり、アジアの通貨も弱くなったという理由もあるが、貿易量で加重された実効為替レートは、1995年に1ドル= 80円を割り引いたときの円高水準だ。

長期金利の下落も
日本に楽観主義であることと言える。
経済状況が悪いために金利が下落すると考えられることが多いが、それは短絡的だ。
金利を長期間低水準に保つためには、国の経済には信頼感が必要だ。
逆に、信頼感がない国の経済は、、そして長期にわたって、低金利を明確に維持することは、世界的及び歴史的にも不可能だった。
ロシア強烈な不況に襲われたとき、ロシアの国債を購入したいか?。
大抵の人は購入しない。
だが、日本人は日本の債券を購入する意思がある。
将来日本には問題はないと楽観的だからだ。
債券が償還されると思っている。

アドマックス