地価が下がって得した人と損した人10

含み益も含み損も損益なので、本当に損失が発生した場合と同じように考える必要がある。
しかし、これはお金の世界の秘訣に詰まった可能性がある。
それは名目上の価値に欺かれるべきではない。

株価が高い時に株式を売却すると、余分に10万円を稼いでいる。
それで、10万円の商品、たとえば、○社から余分な時計1台を購入することができる。
だが、誰かがあなたの代わりに10万円の購入アイテムをあきらめた。
そしてその株式を購入している。
社会全体では、商品と10万円、言い換えれば、○社の1時計の関係は10万円であり、変化しない。
10万円の機会損失は、あなたが時計を買わないことで、つまり、誰かが10万円の買い物をする権利を保留にしている。

しかしながら、もし、株式保有者の一部が高い価格で株式を売り、時計を購入したいとする。
何が発生するかと言うと、株価が下がり、次、時計はすべて売れ、その価格も上昇するかもしれない。
言い換えると、実際に株式を売ろうとすると、あなたが想像した価値を実現することはできない。
最終的には、あなたはその時計を買うことはできない。
あなただけが株式を売却しようとしている場合、それでも株価の下落は重要ではないかもしれないが、時計の価格はほとんど上昇しないかもしれない。
だが、これらの人々が増えるにつれて、今まで以上に株式を、有利な価格で売られることはなくなり、あなたが購入したいものは売り切れ、あなたが価格上昇で買うことができなくなる可能性も高める。

どうしてそんなことになるの?
株式を売る代わりに、担保として株式でお金を借りることができたらどうなるだろうか?
あなたは株価を下げないで、10万円の時計を買うことができるかもしれない。
だが、債務は返済しなければならない。
株式を売却してお金を稼ぐことを考えた場合は、お金が実際に得られるかどうかは分からない。
あなただけが株式を売りたいと思っているなら多くの問題はないかもしれないが、似たようなアイデアを持っている人がいれば難しいろう。
売却が遅れた場合、あなたは株価から遠い価格でのみ売ることができる。
株価下落をみると、別の人々も慌て、その後、最初に売るのが儲かるということになる。
それが続くと、株価がクラッシュする可能性がある。
バブルの崩壊の間に見られる現象だ。
人々は株式や担保としての土地を使ってお金を稼ぐ。
そのお金を消費と新しい投資のためにそれを費やした。
だが株や土地を売ることなく含み益狙う人は、含み益が結局は絶対に価値がなかったことを知る。

商品の価格も同じだ。
腕時計の生産は急速に増加していないので、誰もが同額のお金を借りて時計を買ったりすると、価格はそんなに上昇するだろう。
たとえそれが価格を上げない真面目な店であっても、在庫切れは免れない。
結局、株式の価値が10万円では、1つの時計を買うことができないことを意味する。
つまり、誰かが10万円の買い物をする権利を保留にしている。
10万円のはずの株式価値は、本当はその時に10万円の時計の価値に達していないことを意味する。

これはおかしい。
株式の価値は、もともとは時価評価額と同じでなければならない。
市場価格は現時点で売却可能な現金と同等である限り、そうであるべきだ。
だが、現実には市場価格は
多くの人が販売していないという想定で作られた金額であり、少なくとも誰もが売ることができない金額だった。

アドマックス