資産所有者に簡単になるための鍵3

バブルによる経済発展の原因の一つは、担保に対する新規借入を増加させる信用創造ができたことだ。
言うまでもなく、バブルでは、銀行は積極的に担保として不動産を使って資金を貸し出した。
企業は現在、湯水のように使える大量の資金を調達することができ、設備投資は活発になり、一般の個人もまた、高価な消費のために不動産担保ローンなどで得られた資金を使うことができた。
バブル経済をの土台になった。
不動産、株式などの市場への一部の資金が流入し、それはまた、バブルをさらに過熱させる原因となった。

ある意味で、地価の上昇は、景気に好景気をもたらす可能性がある。
銀行と人の計算の違いによるものだと言える。
銀行が地価が上がるに伴って積極的に貸し出してきた理由は、地価が上がったからではない。
将来の経済が改善すると期待されたため、将来の土地価格が下落しないと予測することができた。
それは鶏と卵のような話だが、地価があまり上がらないという期待があっても、経済の強い期待があった場合、貸した可能性がある。
担保は銀行にとって大切なものだったが、銀行は本当に貸したい場所に担保がなくても貸し出す。
担保価値の増加だけが積極的なローンの理由ではない。
むしろ、たとえそれが担保に値すると思われるとしても、将来的に懸念がある場合は、担保価値を見積もる必要がある。
また、土地の価格が上がるにつれて、将来への楽観的観測が広まり、貸出が急に増えた。
土地価格が上がり経済を良好にしたというより、新興アジアの経済中心地としての日本経済に対する楽観論は、土地の上昇を正当化したと言える。

これまでの記事は、それは、私が過去に書いた列の単なる反復であるかもしれない。上記の議論から100ステップを踏んで、土地価格の上昇が経済にメリットの影響を与える場合を考えてみよう。
統計的に言えば、土地価格の上昇と経済はある程度の相関関係を示している。
地価は上昇しており、経済は良い。
バブル期を挙げなくても、直感的には相関があるようだ。

経済学でいう資産効果である。
資産価格が上がり、人々が裕福になったと感じ、消費を増加させる可能性がある。
または、私たちは、より簡単な資金調達で新しい設備投資をする可能性がある。。
景気を活発にし、経済を良質にする能力がある。
アメリカはいい例で、、現在の、年間に獲得した金額を過度に消費するくらいにヒートアップしたアメリカの消費は、株価上昇無しに説明することはできない。
株価が期待以上に高かったため、将来の年金生活のために必要と思った資産の量はできるだけ早く手に入れることができると思っている。
想定累積額よりも大きくなった部分はボーナスであるため、今年も使っても問題ないと思う。
日本は悪い例だ。
資産価格が下落し、資産残高が私が思っていたよりも減少したため、これまでよりももっと節約せずに将来は生きられないと思う。
それは消費を抑制する。

それについて考えるとき、地価を含む資産価格を上げる景気対策を唱える経済学者が出てくるのは自然だろう。
資産効果が重要である場合、私は、経済対策は実際には容易とことを理解している。
資産家になればいい。

私が言っていることが意味不明でぼやけていると思う人がいるだろう。
資産になることは簡単だ。
しかしながら、私の思う資産家とは、資産価格が高い資産を持っている人。
それは「鍵」だ。

あなたを資産にしよう。
今何を持っているか?
私は、あなたが最も重要に思っている物の一つを考えて欲しい。
どこでも購入できるよりも、見つけにくいことが適切だ。