FBIの歴史 伝説の長官フーバー

ジョン・エドガー・フーバー
FBIの長官として48年間働いていた。
本社ビルの名称になった伝説の人間。
長官になったのは29歳で。
彼の任命時にFBIにはほとんど予算がなく、実績はなかったが、腐敗した官庁を、厳しい訓練・規律・巨大な数の仕事により、FBIは世界的に有名になった。
姦通、同性愛、借金などの理由で職員を左遷するなど、過度な保守的な態度も批判されることがある。
連邦捜査局(FBI)は1934/05年に連邦警察機関として正式に設置され、それまでは銃を持って逮捕することはできなかった。
当時、スタッフは650人で、それは450人の捜査官を持つ小さな警察組織だった。
フーバーがPR(広報)に心を捧げた伝統に続いて、それは映画に描かれている「完璧」なFBIのの源である。約1万人の特殊エージェントがあり、最近はあまり人数は変化していない。
スタッフは中産階級の白人男性がほとんどで、女性10%、黒5%
ヒスパニック系5%
アジア系1%
0.5%の先住民族(インディアン)。
人種差別の判事がしばしば発生し、FBIは毎年膨大な賠償金を支払っている。
時には、500クラスのヒスパニックは、昇進が妨げられたときに集団訴訟を起こした。
全員、ほぼ大学卒業生、さらに、会計士や弁護士などの資格保持者、多くは軍隊や警察からの出身者が多くいる。
バージニア州クワンティコのFBIアカデミーは、新人を養成し、警察官を訓練する。
行動科学部門(BSU)と人質救助舞台の本拠地がある。
ここに送られた新人は、海兵隊の体育訓練、射撃、法律講義コース、などいろいろな訓練がある。
ここでは、忠誠心、我慢強く、団結力、協調性、法律を守る精神に専念させられる。
およそ10人がプロファイリングに特化しており、事務所は過去はFBIの秘書、幹部の幹部のための地下シェルターだった。
勤務は他のスタッフよりも、精神的にも物理的にも厳しく、羊たちの沈黙のクレアの上司クロフォードのモデル、ジョン・ダグラスは、数多くの事件で毎日働いており時間外労働もあり、私の家族を犠牲にして働かなければならず、6歳の少女をレイプし殺害した恐ろしい犯罪者をなどに毎日付き合わされ、怒らない静かな人は、捜査に適している。
FBIの活動の範囲は、連邦法の適用できるすべての範囲に至る。
米国国家は独立国(州)のが集まった国であるため、原則として、すべての犯罪はその州警察によって処理されるが、270件の連邦犯罪(組織、諜報、麻薬、テロなど)と犯罪が国境を越えると、FBIの出番である。
FBIの人権侵害の多くの事例は、確かな証拠で明白にされている。
例えば、反政府組織の盗聴があり、あなたがスパイの容疑者になったらそれは無制限になると、さらに、情報は開示されていない。
多くの人は、FBIがジョン・レノンやキング牧師暗殺を担当していたという理論を信じている。
1980年代のレーガン時代、米国の傀儡政権に反対する、中南米に設立した組織を組織的に監視・盗聴する。
FBIの刑事学研究所に送られた証拠の数は年間約100万人であり、約230kgの岩石、戦車の部品、「未知の生活形態」の髪なども来る。
また、ケンタッキーフライドチキンの容器に入った右手もあった。
ちなみに、Gメンとは、Government Menの略で、それは新聞がギャングを使っていた言葉を掲載して確立された。
「マフィア」はイタリア語であり、シチリアの秘密結社の名前。
「フランス人の死。
私たちの願い」の文章の最初の文字空撮った名前である。
フランス軍がシチリアを制圧したとき、婚約者がレイプされ殺害された若い男がフランスに抵抗したからである。

アドマックス