投資信託でお金を儲けるための方法2

資産運用の基本は多様な分散投資であると言う人もいる。
理論から言えば、株式、債券、製品、不動産などの多様な投資をすることで、危険性を拡散させることは有効かつ必須だ。
私は否定さない、私はまた、多様な投資をお勧めする。
「ひとつのカゴに卵を詰め込まない」投資を拡散する方法は、株式と債券の2つの資産にするだけでは不十分だ。
(投資信託)をスーパーマーケットのカートだとして、異なるカゴ(株式および債券)にある2つの卵(資金)カートに入れたらを積み込むと、カートが破損したらすべて役に立たなくなるという意味ではこの拡散は不十分だ。
とにかく、資産を混ぜて投資すると、投資信託の参照価格が外部の人々からどう移動するかどうかを予測することが不可能になるという問題がある。ポイントは問題だ。

バランス系投資信託の中では、株式や債券の比率を柔軟に変え、魅力的な株式や強い債券に、資金を拡散するための素晴らしい信託がある。
うまくいくならそれはとんでもないことだが、正直言ってそれが良い期待をするとは言い難い。
ファンドマネージャーが数多くいる。
一部の人々は優れた運用能力を持つだろう。
しかし優秀なマネージャーを誰と区別するのは困難。
特に、一般の個人は、ファンドマネージャーの能力についての情報をあまり持っていない。

株式と債券の二つを資産として保有したいが、それよりも株式投資信託と、債券の投資信託を個別に購入するのがいいろう。
金額が小さくて2つの投資信託に分けるには不十分でならば、ファンドマネジャーの意図的判断によって変更されることなく、株式や債券の割当比率が固定されているものを購入する方がおすすめだ。
株式や債券の動きを知っていれば、投資信託でのベース価格の動きをある程度見極めることができる。
2つ以上のバランスのとれた投資信託をリスク分散のために購入することはあまり良くない。
バランスの取れた投資信託の一つが株式比率を引き上げることであるとき、投資信託が株式比率を下げているなら、両者を考慮した株式比率は変わらない可能性がある。
様々な投資信託の中で、取引に関連するコストが発生しており、参照価格は低下している。価格が下がっている。

資産に100%近い投資を選ぶ

株式のみを含む投資信託で購入すると、株式が上がったときに自己投資の基礎価格も上昇すると予測できる。
 ベア型投資信託もあり、市場価格が下落すると基本的な価格が上がる(市場の基本的な価格が下落する)物もあり、市場価格がどの方向に動いたらどちらの方向に価格が動くかを知っているならば、基準が合格だ。の基準は許容される。

投資信託の基本価格を予測するには、単純に株式投資信託に投資するだけでは不十分である。
一部の株式投資信託は、設立比率を0%から100%に自由に変られる可能性はある。
 株価が急上昇したとしても、合併比率は50%以下となり、株価上昇率の半分でも基本価格は上昇しない可能性がある。参照価格が上昇していない可能性がある。
株価が下がりそうなときに、適切なヘッジ(先物売ること等による株価下落による損失を打ち消すための大作)という投資信託も中々変わったものである
バランスタイプの場合と同様に、外部にはどれくらい儲かるか予測できない。何ができるかを予測することは不可能だ。

株価が下落した場合、株式比率が低下し、先物を売り、ヘッジを使うのは一応いいようにみえる。
個人が株式先物を売却することは手数料も困難である。個人が株式先物を売却することも困難である。
投資信託のファンドマネジャーが代行する場合や、手数料のメリットがある場合など。手数料の面でメリットがある。
また、ベース価格の下落の結果としてのベース価格の動向をうまく予測できないというデメリットがあるため、成功するかもわからなくベース価格の動向を予測できないデメリットもある。
個人は長期投資家であるため、為替相場の変動を把握し、長期的に資産価格を上昇させる方法があるかもしれない。長期的に資産価格の上昇をコミットする方法もある。
長期投資家である年金基金は、基になる株式を購入することなく、長期間にわたり保有を継続する方法を採用している。長い間持ち続ける方法を保持している。

私の場合は、株式比率をうまく変更することや、ベース価格の予測をより容易にする投資信託でよりも、100%の株式に投資している投資を選ぶ。株式に投資している投資を選択する。
100%に近い比率でなければならない。
 株式などの高リスク資産を保有する投資信託は、短期金利商品などの低リスク投資信託に比べて管理手数料が高い。短期金利商品の低リスク投資と比較して報酬が高い 。
(詳細はあとで説明するが、投資信託を買った際の手数料とは別に管理手数料を徴収される)50%残高が短期金利で投資する高額投資信託に高い金を払うよりは、100%の株の信託の半分購入し後は低コストのMMFと公債などの短期債を購入する。残りの半分は低コストのMMFによるものであり、短期間で購入することも可能である。