指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない2

有名な国際株価指数を発表している外資系証券会社は、社内で多く持っている株式を新たな指数とし、社内で所有していないブランドからインデックスを削除す、という、噂がある。
実際にスキャンダルな出来事だから、私は嘘ということを望んでいるが、外資系企業が発行する指数の構成株の決定基準がわかりにくく、恣意性を取り消せないためだと思われる。
一部の人々はそれを使用しようとしているのだ。

新聞やマスメディアなどに載っている日経225指数などと、証券会社などの情報が付加価値の高まりのために(指数情報、指数資料と引き換えに取引したり、指数で作られた証券を販売するなど)自分で作ったインデックスがあり、後者を利用するため構成株の決定基準や指数計算に用いられる市場価格を誰でも理解できるものであるかどうかは必要で、その意味で、運用評価のために指数を使用しようとするとき、指数を発行した者がどこかを慎重に調査する必要がある。

株式がどれも平均的で、代表株にしかないものよりも「市場平均」に近づき、構成株のが誰でも理解できるかどうかについては、「東証株価指数(TOPIX)」のように市場のすべての株式からなる時価総額指数がとてもいいものである。
運営側であれば、全株式を時価総額と同じ比率にすることは難しいため、厳密に「インデックスファンド」を模倣することは難しいため、特別な株式の、特定の株価の上下の影響を受けにくい分だけの使いやすいということもある。

日本の年金基金の指数は、主に日本株の「東証株価指数(TOPIX)」、日本債券の「野村総合研究所債券指数(NRI-BPI)」、海外株式の「MSCI国際指数」、外債の「SSB「世界債券指数」であり、「MSCI国債指数」を除いて、市場全体の時価総額に基づくインデックスであり、年金基金などが資産運用を専門家に頼む際には、時価総額に基づく指標を比較対象とすることが多いように思われる。
MSCI国債指数の各国の有価証券にあるのは、代表的な株式だけだ。
指数にも問題がある。
世界の世界国債指数だ。

「インデックスファンド」を運用している場合は、日本の50%、米国の50%に債券を組み込むことになり、指数構成比が日本で50%、アメリカで50%だったとしよう。
日本の利益が10%、アメリカのがマイナス10%ならそうなってもおかしくなく、指数に従わないと日本の低金利が嫌い、日本は0%、アメリカは100%となる可能性がある。
あなたは平均より10%低い、指数の利益の率は平均0%、あなたのはマイナス10%だ。
敗北している。

指数の構成比率は、日本では55%(50%×伸び率10%=時価総額5%増)、アメリカでは45%(同様に5%減)に変更され、問題は次だ。
指数の利益は55%×10%+ 45%×( - 10%)= 1%で、アメリカにすべてかけた場合の収益率どうだろうか?
以前と比べて低くなって、11%低い。
指数の構成比率が変更され、以前よりも損をしてしまった。

上記のように、単に(他の条件は等しい)、指数の構成比率からの偏差率が大きいほど、指数の勝敗の程度は増え、透視の専門家は、この指数の構成比率と、運用するファンドの構成比率との差をリスク感じている。
専門家は指標の構成比を慎重に監視し、偏差率が必要以上に大きくならないように注意する。

上記の例では、各国の収益率(時価総額の伸び率)の違いによって構成比率が変化し、残念ながら、指数の構成比は天気のようにに変わる。
「インデックスファンド」を作成する場合、自分のファンドは指数のように構成比を自動的に調整するので、追加の調整はいらない、また、市場が上がる運用環境の良いところに応じて金額を分けることも良い考えだ。

アドマックス