ギャンブルに勝つ極意2 ルールを決めるブックメーカー

ルーレット、スロットマシン、ブラックジャックだけでなく、原理は同じである。
ブラックジャックと2枚以上のカード21に近いプレイヤーが勝者であり、親と子が同等に勝つ可能性は同じようだ。
だが本当はそれよりも、カードを配布する順序が重要だ。
子は親の手の内を知らずに競争しなければならないが、親はある程度手を予測しながら競争することができる。
私はカジノに精通しているわけではないが、点が同じでははディーラーの勝利になり、最初に21を子が超えれば、その場で敗北になる。
親の数が何であっても、親が21を超えても、子はまず負けているので、お金は返されない。
親のディーラーが支配的だ。

賭博で勝つための方法は子になることなく親になる。
ただし、資本力がない場合は、ルーレットを扱うことができない場合がある。
大金持ちが来て、1億円の挑戦をしたとしよう。
確率的に、ディーラーのあなたが支配的だが、あなたが勝つチャンスは100%ではない。
あなたは1試合を失うために数億円を支払わなければならないかもしれない。
ディーラーとして利益を上げる可能性をさらに高めるためには、負けが累積されても耐えられるほどの資本が必要だ。

あなたがお金がない場合、ルーレットがあきらめて簡単な賭博のディーラーを選択した方が良いだろう。
ディーラーが負ける可能性が低いのは、親が子たちと競争する形ではなく、子同士が競争しゲームに参加しそのテラ銭を得るということだ。
競争の場を貸すだけで、私は競争さない。
あなたがそうした場合、失うリスクはなくなる。
ゲームに攻略法はないが、戦わなければ敗北はない。

競馬でお金を稼ぐのは普通の人は不可能だ。
ただ競馬が着きな人ではほとんどの場合、損失は利益よりも大きい。
競馬の主催者は、どのレースでもお金を稼ぐことができる。
主催者が総額の約30%を受け取り、勝った人は100円の賭け券を購入しても平均で約70円しか戻ってこない。
あなたが宝くじに当選すれば、比率は上がる。
主催者は100円抽選で約50円、宝くじ購入者には50円しか返らない。
あなたが勝ったら、簡単に利益を上げることはできないが、人々を戦わせて、傍観者に慣ればお金を儲けることができる。

賭博ビジネスでは、ブックメーカーが一味違っている。
日本ではよく知られておらず(認定されていない)、英国では小さな町にはひとつくらい存在する。
賭博の自分でルールを作る。
どのチームがサッカーチャンピオンシップで勝つか、クリスマスに雪が降るかどうかなど、何かをターゲットにして賭博をする。
ブックメーカーが適切なオッズ(倍率)を提示し、それが有益だと思う人は、賭け金を支払って登録する。
オッズはブックメーカーが変更することができる。
Aチームの倍率をサッカーで1.5倍にする、Bチームであれば1.7倍にする。
 人々への対応方法を見ながら、勝利期待が1.3倍になったAチームの倍率を下げるなど、日々変化させる。

競馬他とは異なり、ブックメーカーは、オッズを設定する方法を通じてゲームに関係している。
 Aチームの倍率を1.1倍に落としたとしても、誰もBチームに掛けないと、Aチームに勝利し、ブックメーカー1.1倍の対価を支払うことになる。
競馬のオッズは自動的に計算され、馬券を勝った人の全体的な金額を超えないようにする。
購入者が投票する前にオッズを提示しなければならないのだが、ブックメーカーは厳密にオッズを予測したり計算したりすることができない場合がある。
損害保険の場合の保険料の決定方法と同じ問題だ。
交通事故のように1年ごとに起こると統計的確率を計算することは可能だが、大規模な地震などのように過去に数が少ないことの予想は困難。
リスクは、ゲームに関わって負けた場合に起こる。
リスクを減らしてお金を稼ぐのであれば、あなたは部外者としてなることだ。

アドマックス