指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない1

「株式市場が上昇する」と言うと、人々は何を考えるか?
人々は日経平均株価指数225指数を一度聞いたにだろう。
それ以外は多くの人々がアメリカの "ダウ工業株価指数"を聞いたことがあると思う。

もともと、個々の企業の売上などに応じて上昇と下落をしているため、一部の株式は高くなり、他の株は低くなる。
あなたが見ている株式の日が良い日だったか、悪い日だったかどうかは違っている。
思うのは平均的な概念だ。
簡単には、日経225指数は、225種類の選択された株式が平均で香華したのかを表すものだ。
市場を代表するものを指数(英語ではインデックス)」と言う。

指数には、上記の日経225指数などの代表的なブランドの平均成長率を示すものと、市場に含まれるものが含まれる。
後者の代表は、東京証券取引所市場第一部に上場している株式の総数と市場価格を乗じた時価総額の成長率を表す「東証株価指数(TOPIX)」などである。

 概念は資産管理者にとって非常に重要だ。
運用のプロフェッショナルとして、顧客から資金を預ける者のとって、自分のスキルを比較する必要がある。
株に1000万円を投資して100万円にすると、収益率は0.1%になるが、市場は0.3%くらい上がった可能性もある。
収益は市場の平均的な収益率以下であったため、株取引がうまくなかったのだ。

今度は、この指数によって引き起こされた問題を見てみよう。

 市場全体ではなく、代表的な株式によって構成されている指数の問題を考えてみよう。

代表的な株式に絞られた指数で、指数と等しい収益を得ることを目指すなら(「インデックスファンド」または「パッシブファンド」というファンドがある)、インデックスを真似して似ている組み合わせを作るのは簡単だ。
指数は少数の株式から構成されているため、一部の株式の価格変動が変化するに伴い、指数の変動も大きくなるランダムな局面がある。

例えば 「日経225指数」のなら、225株のうち一株ずつ有名な株を持てば、していれば、どれくらい利益を上げたのだろうか?
「日経225指数」と同じ収益率を目指すと、225株を指数と同じ比率に保つ必要があると考えることができる。
しかし、指数構成要素は、時代に応じて変更される。


大まかに言えば、構成株の変化は、あまり取引されなくなった時代遅れの株式を、現在優良な起業の、多くの取引を伴う株式で置き換えられる。
極端な場合には、倒産するリスクの高い敗者会社を失うことを排除し、優勝ペアに切り替える。
指数は、市場平均よりも活発なブランドで構成されている場合がある。
本当に新しい会社がそれを置き換えた後に活発になるかどうかは保証されていないので、それほど問題はないはずだが、「最初に購入した株式を保持し続けるのは容易ではない。

指数は世界に広がり、指数とパフォーマンスを比較する人々は増加する。
「インデックスファンド」と呼ばれるものを使っている人々は、この指数と殆ど等しいお金を稼ぐことが目的であり、可能な限り指数と等しい株を購入しようとしている。
「インデックスファンド」でない人々は、指数と比較される限り、同様の株をある程度組み込むようである。
指数と収益率が非常に異なることを回避されるためだ。

 何が起こるかは、指数構成要素の株式は比較的高価になるということだ。何故かと言うと指数に含まれる株式を購入する人が多いため、そうでない株式を購入しようとする人よりも多くの人が株式を購入する。
構成株の交換が行われると、新しく設立された株は急上昇し、消滅する株は激減するだろう。
間に各企業の業績に変化がなかったとしても。

アドマックス