ギャンブルに勝つ極意3 ロトくじと競馬の穴馬と本命馬

宝くじ、競馬、競艇、競輪などは公的ギャンブルであるが、政府や地方自治体が大量の利益を容易に上げることができる事を民間の起業にさせたくわないのだ。
政府は、民間に任せて放置すれば巨額の賞金を出し人々に媚を売るので、ハマりにハマって賭博地獄に陥って破産する人々がいるためだろう。
公営のも段々と賞金が巨額になってきており、マスメディアをで宣伝して、民間はしてはいけないのは奇妙なことだ。
公的賭博の程度でさえ破産する者は破産している。
利益を上げることは容易であり、裏社会の財源となりやすいので民間はしてはいけない、と政府は言うだろう。
実はその通り。
時には違法なギャンブルやノミ行為が発覚していることもあるが、多くの場合、組織犯罪集団などとの繋がりがある。

海外には民間企業のカジノ経営は可能だが、カジノは日本では許可されていない。(日本でも公認する動きはあるが)
日本の民間人は賭博事業から撤退した。
今後はディーラーになりたいと思えば、おそらくパチンコ業界が有望だ。
将来カジノが承認されれば、カジノが有望になるだろう。
ここでの議論では、競馬などの実施費用を考えていないため、主催者が儲かるにどうかはわからない。
ディーラーが利益を得るためには、できるだけ参加者を増やさなければいけない。
広告費、会場の改善、エンターテインメントサービスなどの費用を費やすと、最終的な利益は減少する。

ディーラーよりも、何とか選手として参加することで、ギャンブルで儲けたい人に良い知らせをしよう。
他者より多くの収入の確率を上げる方法はあるにはある。

 宝くじでお金を稼ぐチャンスを上げる方法は、「有楽町のラッキーセンターで買う」ということではない。
ロトシックスなどのくじだ。
ロトとは、好きな数字の組み合わせを自分で選んで登録して、勝者が出てくると、賞金を差し上げてるくじである。
海外には数百兆円相当の宝くじ抽選額があり、次回のプレミアムで当選者が出場しない場合には賞金が累積される。
優勝者がいなければくじは停滞しし、金額は予想以上に高くなる。

、米国で普及しているロトは、1から49までの任意の6つの数字を選び、.49の数字の中で不評の数字がある。
13は悪魔の数字だが関係ない。
アメリカの学者は32または29等の数字は他の数字より10〜30%ほど人気が​​ないという調査結果がある。
一方、ラッキー7は、平均よりも50%が頻繁に選ばれると。
あなたが不人気の数字を選ぶと、あなたが予想した勝者の数は他の数より少なくなり、あなたが期待できるお金は他のものよりも増える。

 そうすれば、単純に宝くじを購入する場合に比べて、数倍から数十倍の期待値を引き上げることが可能だ。
以上のことから、100円くじの期待値は約50円であると言われているが、期待値が100円を上回る場合がある。
確率的・平均的には、宝くじを購入することでお金を稼ぐことができる。
画期的な方法だ。
しかし私はこの方法をあきらめている。
この方法を取っても、勝つ確率は少ない、毎回買い続けても、生きている間は当てるのが難しい。

競馬の場合、本命の馬は、オッズの人気よりも勝つ可能性が高く、穴馬が勝つ可能性は低い。
倍率がどれほどにもかかわらず、倍率が低いほど、馬が勝つ確率は高くなるが、穴馬に賭けるより勝利する方が良いだろう。
競馬場に行き、1.1倍の大好きな馬を買うのもつまらないし、お金を稼うだ気にならないかもしれない。
馬車100倍以上を購入するロマンスを持つ方が楽しい。
ギャンブルの世界で儲けるのなら、戦略は反対だ。
人々の賭けの方法は、勝てる馬ではなく負けやすい馬に賭けている。
誰もが欺かれているので、利益を得る機会がある。

アドマックス