ギャンブルに勝つ極意5 株式投資のアノマリー

 一部の人々は、金融市場での勝利を容易にする統計的に方法を検討している。
言うべきアノマリー(異常)を見つけることだ。

アノマリーは、経済の主要原則である効率の良さがない状態だ。
経済学では、市場のすべての参加者が情報を知り、最適と思われる行動をとる。
需要と供給のバランスが取れている時点で価格が決定されると仮定している。
一定の株式がある場合一万円であれば、その時点で株価に情報が組み込まれているので、新たな情報がなければ一万円で株式を購入しても特に損益は得られない。
株価が本当は2000円であることを誰かが知っていれば、1000円で株式を買うと、市場が元の2000円に戻るときに株式を売ることができる。
バランスが悪い状態がアノマリーと呼ばれる。

金融市場には色々な種類のアノマリーがあると言われる。
一部の人々は、株式市場の変動は季節的だと考えている。
12月下旬から1月に株式が上るということをアメリカでよく言われる。
12月に近づくにつれて、アメリカは12月に決算する会社がたくさんあるので、株式を売却して税金を相殺し、株式を調整たりする。
、株式市場は低迷するだろう。
1月にやった決済の要素が消えて、新しい年に新たな投資が始まるので、株式は一気に買い取られる。
アノマリーが有名になったため、決済に重点を置かない人々は、12月末から購入を開始する予定だ。
徐々に始まっているが、私が行った季節性があると考えられている。

 日本でもカレンダー効果と言われている。
決済前の2月から3月にかけては、益出しの決済のための売上げが上がり、新年度の4月に新たな投資を開始すると言われている。
それぞれの国の会計・税制の制度に発生したり、ボーナスや休暇などの文化的、習慣的なことに発生する。
純粋に経済的な要因の他の出来事に、効率的でなければならない市場が一時的に狂っている可能性がある。

金融市場で勝つことを望む人々は、アノマリーを探し出すのに忙しい。
あなたが市場の湾曲を発見し、本当の価格よりも安価な株式を見つけてそれを買うことができれば、他のものより多くを稼ぐことができる。
一部の人々は、昔の金融市場データを分析し、上記の決済前後以外のカレンダー効果を発見する場合がある可能性がある。
経済指標と株式市場の相関関係を発見し、どの経済指標が上がったらどんな種類の株式を買うと高く売れ、利益をもたらすかを調べている人がいる。
株式価格の値を示す数値/安価な価格(PER =株価に株数の何倍を掛けるか)などの株価上昇率との間には特別な関係があることがある。

アノマリー解析の難解さは、自分以外がそれを認識していれば、アノマリーが利益を上げる可能性があることだけを知ることができるが、もちろん、他の人もできるだけ早くその方法を模倣し、その効果は減少する。
金融市場でお金を稼ごうとする人々は無数に存在し、彼らはアノマリーを探しているので、私だけの秘密にするのはこんなんだ。
アノマリーを見つけてもzを使用することはできなくなり。新しいアノマリーを発見する必要がある。
上記のカレンダー効果は、ある程度の効果があると考えられるという意味で、珍しい例であるといえる。

 過去に株価が動きから株価が上昇するか下落するかを当てようとする人もいる。
これは一種のアノマリーとも呼ばれる。
それをした人々は一般的に「チャーチスト」または「テクニカルアナリスト」と呼ばれ、罫線や蝋燭足呼ばれるチャートグラフを見て、前回の高値と安値など変化の市場動向を予測している。
書店に、「グラフの見方」などのたくさん本がある。
金融市場の参加者はかなり長い間チャートを見ており、多くの人々がチャートに注目している。

 私たちが最初に解散したアプローチを試してみよう。
それは心理的/精神的なアプローチだ。
チャート解析はおそらくただのアノマリーではなく、おそらくより心理的要素がある。

アドマックス