ギャンブルに勝つ極意4 ギャンブルと株式投資の関係性

 ギャンブルを統計的に勝つ方法があることを忘れていた。
テレビクイズショーで、「最後のクイズは大きな逆転の機会としてスコアを2倍にする」というものだ。
あなたが勝てなければ、負けた分だけ賭けるのだ。
高くない価格で賭けるほうがよいだろう。
100円。
勝利する確率が半分のでギャンブルを考えよう。
100円勝てないなら次回勝利200円を2で勝負する。
次も勝てないと、今度は400円で勝つ。
800円、次に1600円、3200円、6400円などに増やす。
これまでの損失を維持する確率は1/2 の7であるため、その0.8%だ。
99%以上の確率で勝てる。
最大6400円まで賭けることができれば、ほぼ確実に100円を稼ぐことができる。

ギャンブルの話の没頭していると、が経済学ページであることを忘れていたが、金融市場についても考えてみよう。
金融市場が同じようにギャンブルとして扱われれば、金融当局は怒るだろう。
市場の一部には投機家と呼ばれる投資家がおり、ある点ではギャンブルのようなゼロサムゲームとして、参加者間の利益のための戦いが存在することは認めざるをえない。
市場の平均上昇率と比較して高い収益率を目指して、上昇率の差はゼロサムゲームとなる。
金融市場の "勝利法"もギャンブルと同じものを感じる。

また、金融市場には「近勝利法」もあることはある。
勝利グループにはいくつかの「勝利パターン」がある。

一つの方法は今は規制され法で罰せられる内部者(インサイダー)取引だ。
重要な秘密情報を購入し、株などを買う。
ある企業が革新的な商品を開発したとする。
あなたがどこかで情報を手にし、他の人が知る前に会社の株を買う。
誰もが知っているから株式を買いに来るときに株価が上昇するため、あなたが所有する株式を高額利益で売ることができる。
昔、取引はよく見られたようだ。
会社の役員および従業員は、自社の重要な情報を認識し、売買したり、取引先の情報を入手したりする。
それが恐ろしい証券会社なら、顧客から大きな注文を受け取ったときは、注文を市場に接続する前に、自分の名前でその株券を購入し、顧客の注文を出し、その顧客に株を売り浸けた会社もあったのだ。
政治家は、選挙資金を貯めるために企業からの情報を受け、政治家が売却するという噂もある。

当たり前だが、大切な情報に基づいて売買すると、不確実性が減少し、簡単に稼げる。
近年、インサイダー取引に関する規制が厳しくなっているため、上記の取引は違法とされる。
情報そのものを素早く送信しなければならないので、自分自身が知っている機密情報はますます少なくなっている。

それでもインサイダーの優位性を利用した取引が横行している。
証券会社などの金融機関のディーラー(トレーダー)が利益を上げることができるかどうかを試みてみる。
程度収益を生み出す能力を持っているのだろう。
たくさんのトレーダーが逃げ去ったが、今も残っているトレーダーがいるのは、他より卓越した力があるからと考えることができる。
トレーダーの仲間内と比べるのではなく、一般的な市場参加者と比較して、彼らは情報優位にあたる。
顧客の注文を市場に結びつける役目を果たするが、他の誰よりも前に顧客を売買する傾向を得ることはできる。
あなたが顧客から受け取った注文がほとんど購入注文である限り、市場の購入ニーズの大きさを知ることができる。
トレーダーが誰よりも先行する要素の1つだ。

トレーダーの利益源は、販売価格とと入札価格の差額だ。
トレーダーは、購入したい顧客の自己販売価格と販売したい顧客の入札価格との間に一定の差額を設定している。
顧客が販売している製品を別の顧客に売ることができれば、少ししかリスクを感じることなく、入札価格と販売価格を差し引くことができる。
顧客とトレーダーが株式や債券市場等の相対的な取引を行っている場合に、販売価格と入札価格との差が顕著である場合には、株式売却の場合証券会社等が手数料を徴収する上記のギャンブルの例では、ディーラーのようになっているのだ。
トレーダーのは買いたい人と売りたい人の両方を見つけることができない。
売りたい人だけがいる場合、トレーダーのは購入者として在庫を所有するため、株価が下がると利益を失う危険がある。
彼らは販売価格と入札価格の差を生むリスクの価格でもある。

アドマックス