投資信託でお金を儲けるための方法6

投資評価会社をおすすめしない理由の1つは、評価会社が中立的な立場にあるかどうかわからないということだ。
評価会社が中立的な立場かどうかは分からない。
典型的なものは雑誌関連の投資信託順位のランキングだが、広告料と雑誌の評価との関係は不明だ。

順位にある投資信託と載っていない投資信託との間の分類もわからない。
除外される投資信託の分類も明確ではない。
主に雑誌の広告主が決めた投資信託によって評価され、どちらかと言えば好意的に評価される場合がある。
 いずれにしても好意的に評価するケースもある。
いずれかの管理機関でもない独立タイプの評価会社を持つことが望ましいが、評価されるには投資信託を登録する必要がある場合は、雑誌制度と同じ問題が発生する。
雑誌と同様の問題が発生している。

 問題は、評価が正しいかどうか明確でないということだ。
 評価が正しいかどうかは本当にわからない。
過去の投資信託の参照価格の推移を調べることによって、良い結果が統計的に安定しているかどうかを評価するやり方がある。
統計的に安定した結果と良い結果が残っているかどうかを評価する方法がある。
投資の仕方が決定された通りになっていて安定しているかを知るには有効な方法の1つだが、それ自体だけでは理解できることはない。

安定性を犠牲にしても高い収益率を目指す方針で一定の投資信託を行うことがあるが、投資信託が正確に決定された投資運用方法への投資があっても、評価が悪化することもある。
評価は悪化する。
過去の結果が必ずしも未来の結果を約束するはと限らない。
評価の低い投資信託は将来的に良好になる可能性があり、評価の高い投資信託は劣化する可能性がある。
高い評価を受けた投資信託が悪くなる可能性はいくつかある。

 過去のデータだけでなく、投資方針や投資方法などを質的に調査し、評価を行う他の評価企業もいる。
一部の評価会社は、運用方法などの定性的な調査を行い、評価を行う企業もある。
あなたは「正しい」と評価することができる。
  「正しい」と評価することができる。
  それは理想的な理論でもあり、これまでのところ評価会社が正確に評価されているとは思えない。
 これまで会社の評価会社が正しく評価されたとは言えない。
私が自分で投資信託を管理していたが、私は会社から4スターまたは5スターという高い評価を得ていたので評価は見られなかったので、それが本当かどうかは分からない。
 私はそれが本当であるかどうかわからない。
評価会社は私に連絡を取っていないので、どのような投資をしているのか分からずに評価したはずだ。
 どのような投資をしているのか分からずに評価されたはずだった。

また、評価会社の考え方とは異なる投資信託もある。
評価会社には評価する一定のレベルを設けているものもあるが、基準が真であるかどうかにかかわらず、条件を満たさない投信の評価を抑えようとしているようだ。
 基準を満たしていない投資信託を悪く評価しようとする傾向がある。
評価会社の基準を満たしていないという理由だけで、他の人や企業の基準を満たしていないという保証はない。
私たちの基準を満たしていないという保証はない。
 定量分析を行わない投資方法は無視されていたが、定性分析をレビューする従来の投資スタイルは再考されるようである。
 伝統的な投資スタイルは見直される傾向がある。

投資信託評価の歴史は浅く、存在する投資信託が多いため、評価方法のノウハウも小さく、時間がかかる。

当期中に本当に信頼できる評価が出てこないと考えられると考えるのが妥当だ。
結論として、評価会社の評価は限定的に使用されるべきである。
評価会社の評価は限定的に使用されるべきである。
安定的な運用を主張する投資が低い安定性を示しているという統計的評価がある場合、何らかの問題が生じるだろう。
何か問題がある。
単純な定性的評価で良い評価を与えない投資信託は、不利な点があるかもしれない。
  それは欠点かもしれない。
 それぞれの評判が高いことの証拠とは言えない。
何の保証もない。
結局のところ、自己責任の原則はまだ生きている。
 自己責任の原則さえも生きている。
私たちが購入した投資信託を評価し、評価会社の判断も評価する必要がある。
 また、評価会社の判断も評価する必要がある。
厄介、評価の容易な投資信託、パッシブタイプの投資信託を購入するのがいいだろう。
 パッシブタイプの投資信託を購入することをお勧めする。