共産主義のキリスト教のルーツ2

ルカ19:27
[殺害を主張するイエスからの直接引用]

「反乱」は明確なNO NOであり、「悪魔の」ものだ。

キリスト教はまた、不公平に耐えられるように教えられているという点で、共産主義のための信奉者を準備している。
ほぼすべての人が、他の頬を回し、余分な距離を歩いて、敵を愛していることなどについての聖書の聖句を聞いている。
これらの教えは、司法制度と個人の権利を破壊する共産主義とともに働く。
犯罪はすでにコントロールしているので、コントロールから逃れることは許されている。
民衆は戦いを止めることだけでなく、自己を守るべきならば、しばしばこのために罰せられるのだ。
これらのユダヤ人のプログラムは何をするのか?
ほとんどの人は最終的に、犯罪を抑えるために厳格な法律に賛成して権利を放棄すること以上に喜んでいる。
どちらのプログラムも、正義を強制する方法で個人的行動をとることを禁じ、この責任を、共産主義のための国家の手に、そしてキリスト教のためのいわゆる「神」の手に委ねる。
反乱や反撃は重大な犯罪だ。
奴隷状態を確立するためには、虐待と不公正の受け入れが非常に必要だ。
奴隷はいかなる形でも反撃したり反抗しようとしてはいけない。
両方のプログラムでは嫌悪感が別のタブーだ。

共産主義の誕生の様子:
共産主義は組織「Just of League(正義者同盟)」から作り出された。
正義者同盟(「Bund der Gerechten」または「Bund der Gerechtigkeit」)のモットーは「すべての人は兄弟である」その目標は、「隣人への愛の理想、平等と正義に基づいて、地球上に神の王国を確立すること」だった。

「正義者同盟1847年6月にロンドンで開催された会議で、新たな組織のチャーターやプログラムを採用し、共産主義同盟としての地位を再構成、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが率いる共産党対応委員会のメンバーと合併。」
これがキリスト教の教義の基礎だ。

私たちは、共産主義のルーツを、ヨーロッパの根本的な自由主義イデオロギーに戻すことができる。
変容するキリスト教はそれ自身だ。
ニーチェは、フランス革命とその自由主義的イデオロギーについて、「娘とキリスト教の継続」について述べている。

この根本的な、普遍主義的で平等主義的な教義は、キリスト教の中心にあり、自由主義は共産主義への一歩を踏み出している。
自由主義が公然と共産主義に変わったところ:

「1840年代の10年間、「共産主義者」という言葉が、フランス革命のジャコバンクラブの左翼を彼らのイデオロギー的祖先として歓迎した人々を描写するために一般的に使用された。
この政治的傾向はフランソワ・ノエル・バブーフ(通称グラキュース・バブーフ)が率いる1795年の同胞団の平等主義者の告知者であった。
数十年前にベーブーフの職人、職人、都市の失業者の支援の基盤となったパリのサン・キュロットは、現代の機械製造に基づく新しい社会システムの潜在的基盤と見なされていた。

フランスの思想家エティエンヌ・カベー(ÉtienneCabet)は、共同製作に基づいたユートピアの社会についての小説「Voyage en Icarie(イカリアへの航海)」[1839]に想像力を与えた。
革命的なルイ・オーギュスト・ブランキはクーデターで政権を奪取し、新たな平等主義経済秩序を制定「リッチ」に対する国民の圧倒的多数を組織エリートの賛成で主張した。」

キリスト教から自由主義と共産主義への新興動向の概観:
自由主義はキリスト教のないキリスト教である
ウィリアム・ゲイリー・シンプソンの西洋人の道

ロベルト・オリバー:
引用: 「私が言及した他の背教者たち、そして今では忘れられている多くの人々は、近世のほぼすべての反キリスト教徒とともに、文化的残留物の法則と呼ばれることの例を実証している。
一般に受け入れられている信念が信じられないほどのものであることが判明したとき、心はそれを放棄するが、拒絶し、論理的にそれに依存しなければならない信条から元々推論された派生信念を一般に保持する。
キリスト教の敵は神話を拒否したが、それから派生した社会的、倫理的な迷信に対する信義を永遠に保持した。
彼らは奇妙なことに奇妙にも宗教的熱意を持っている。

「彼らはイヴはアダムの肋骨から創られたという話についてのばかげたものと笑っているが、彼らは祖先の一組から生まれた「人類」を信じ続けている。
したがって、「人間の兄弟」である。
「すべての有孔虫症」や「すべての有蹄類」などの対応する用語を投資しない、邪悪で神秘的な意味を与えている。
彼らは、「人の権利」について誇張しているが、超自然的な君主からの令がない場合、安定した同質の社会の市民が、誓約または確立された習慣によって自分自身に授与されたもの以外の権利は存在しないこと、そして市民は善意を示すことができる、奴隷、犬の場合、そのような存在は明らかに権利を持つことができない。

「神の三分の一が、文盲の農民と結びつき、野蛮人の兵士を召喚し、無知な人を魔法のように昇格させ、「知恵を愚かにする」彼らは信じていないが、優しさの病的な憎しみに執着して、低、劣等、不合理、脱皮、変形、退化しているものである」