メディアが暴力を生む4 規制が事件を減らす訳ではない

 幼児期に積極的に行動することは、最初の暴力観がコントロールされている場合、侵略や暴力的なメディアの使用との間に相関関係があり、暴力的作品が攻撃的な子どもを生み出す主な要因である。
結果のパターンを以下に説明する。メディアの暴力を見る刺激が最も強く寄与していることを示唆した。
一例が例示的である。
彼らが中年児童期に移行するにつれて、毎年3年間インタビューを受けた子供の研究。
男児と女児の両方がテレビの暴力を見ていることで暴力的になることの確率が上昇したことが分かった。
この暴力を現実的なものと認識する子供は、テレビの暴力を観察し学習効果を示す可能性が特に高い。

これらの子供の15年間の観察は、中学生時代に習慣的にテレビ暴力を見た者がより積極的な成人に成長したことを実証した。
例えば、幼い頃に暴力作品を見ていた子供の内、男性の11%が犯罪で有罪判決を受けていて(他の男性の3%と比較して)、42%が昨年(他の男性の22%と比較して)「配偶者に暴行と加える」、69名が過去1年間に先生や親に怒られた場合、「親を殴った」(他の男性の50%と比較して)。
女性の場合、高暴力暴力者の39%が過去1年間で「配偶者に物を投げつけた」(他の女性の17%と比較して)、17%は別の大人を「殴った」 (他の女性の4%と比較して)
これらの影響は、人口統計学的要因、知性、育児習慣を含む多くの子どもと親の特徴のいずれにも起因していなかった。
全体、男女ともに、幼少期に見た暴力作品に精神を侵略され、コントロールされており、暴力番組が与える影響は大きかった。
メディア暴力のモデレーター

別に全ての暴力作品を見たが常に見たことによって同等に影響を受けるわけではない。
プロット特性の観点から、メディア暴力は[特に長期的に、攻撃性の刺激に有することが効果的暴力の増加を正当化と示す報酬(または少なくとも処罰を示していない)のような暴力を描いた27、36、37 ]。
テレビに影響されやすい視聴者の特徴としては、暴力を実際にそうであると感じ長期的に暴力行為にもっと刺激される。
正義の為に戦うアニメやゲームの主人公など、カリスマ的なヒーローによる暴力行為は、正義の名のもとに正当化されており、視聴者も正義のために暴力を振るうようになる
そして、子供が高いIQを有していても、全く関係なく影響を受てしまうようだ。
このエッセイは、メディア暴力が、視聴者またはゲームプレイヤーがより激しい暴力的な性格になる危険性を大幅に増加させるという証拠をまとめる。
無作為化された実験は、メディア暴力への暴露が、短期間で子供と大人の両方が暴力的になる可能性を増やすことを結論づけている。

暴力的なゲームを含む暴力的な電子メディアを子供に興味を持つことが積極的かつ暴力的な行動をする可能性を増加することを強く示唆した。
暴力的作品の長期的な影響は、神経科学者や心理学者の研究でわかった強力な観察学習の結果である。
テッド・バンディはポルノが犯罪に影響するかどうかの疑問は、このように回答した。
「ただ読んだり見ているだけでは超えられないものがある。
本当に殺そうって思うことがある。」
バンディには、ポルノが暴力的なレイプ殺人に多大に影響したことは間違いない。
だが、ポルノグラフィーがなければ、バンディー殺さなかったか、疑問がある。

ここまで暴力的なメディアの影響について描いていてなんだが、メディアの規制が必ずしも暴力を減らすわけではないと思う。
映画などがなかった時の暴力は更に残酷である。
世界はきれいなだけのものではないのだ。
中国には死刑もあるが、メディアの規制が緩和なフランス、スウェーデン、西欧諸国と、シンガポール、韓国などの規制の激しい国での殺人率はほとんど変わらず、殺人率とメディア規制の程度との因果関係は関係していないと思う。
要するに、メディア規制が必ずしも暴力的殺人を減らすわけではない。

魔女の狩りの時代、ジル・ド・レが男の子の腹を切ってオナニーする時代、ジャック・リッパーが媚婦の子宮を取った時代、現代にあるポルノはない。
世界は決してきれいな時代はなく、これからもないだろう。
犯罪と暴力、虐殺や戦争が世界の姿でというのは残酷な事実で、タイムマシンにでも乗って実際に見なければ、世界の本質を見ることはできない。
政治家の投票稼ぎとピューリタニズムの原理主義の解釈で、間違った結論にあるべきではない。
確かに、ハリウッド映画を含む一般的な作品の中で、芸術的、社会的意義のない暴力や性描写は氾濫し、多くの人々はそれに慣れていないだろう。

しかしながら、今の民主化社会でデスゲームなどの殺人作品は不満足なゴミ作品であると批判することはできるが、包括的に公開、開示を禁止することはできない。
米連邦最高裁判所長官は、「民主主義はいつも歯がゆい」と述べた。
裁判官レンクスティストは、 民主主義の疑問点を許容できず繰り返し保守的かつ慎重な判決をしたことで有名。
米国では、現代の法的秩序を軽視した物ことがしばしば起こって、正義を歪める法制度を生み出す。
それが米国カの特徴でもあって、通信品質法の判断は説得力があった。

アドマックス