経済のマイナス成長は必ずしも悪いのか?2

経済学では、幸福のレベルに、GDP(国内総生産)またはGNP(総国民総生産)などがが使用される。
マイナス成長は、今年は生産した金額が昨年より減少することである。
生産量よりも、金額だ
あなたが何かを生産しても、人々にとって役に立たないものは、含まれてわない。
あなたがしたことは価値のないものと扱われ評価されない。

幸福のレベルが仕事で儲けた金額になっても、人の価値を反映できる。
GDPの発明は経済にとって大成功だが、議論は、あいまいなものから具体的かつ客観的な金額になり、それは実際にそれを扱うことを容易にした。
だがGDPが経済の実際の状況を常に反映するとは限らないという視点は永続的だ。
GDPが発明されて以来いくつかの欠点があったが、その大きなものの一つは、その価値が市場価格で評価されることだ。
お金で正しく判断されないものが出てくるだろう。

家政婦が働けばGDPに入り、主婦の家事はGDPに関係ない。
突然女性たちが組織を作り、組織の人の家庭労働をして報酬を受け取るとき、GDPは急速に成長するだろう。
たとえ家族がもらえることが同じであっても、母親の料理が失われて幸福感がなくなってもだ。
女性が職場を離れてたときはどうか。
年収はなくなったが、家族がとできることは急速に増加する可能性がある。

家政婦を雇った場合、数百万円の費用がかかるかもしれない。
だが、母が家族に戻ってきたことは、夫や子にとっては家政婦よりもものすごく幸せだろう越えて幸せをもたらすかもしれない。
状況はGDPの低下は避けられないので、日本経済には、残念だ。
しかし家族にとっては幸せだ。
汚染の公害などの環境問題、も、市場で評価されない。

煙を発生させる工場は、財を作り、GDPを稼ぎ、汚染も広がる。
今の工場や自動車はそれほどひどいものではないが、昔はイタイイタイ病など問題になっていた。
原発の事故も近いものだろう。
工場が閉鎖されている場合、GDPは低下するが、大気はきれいになる。
これも単に不幸か?

市場価格評価の考え方は、それは経済に有益だが、市場がないときにどのように評価するかについては面倒な話だ。
価格上昇の欠点もある。
GDPを評価する、価格上昇の影響を除外した、実質GDが使用される。
生産が増加していないにもかかわらず、問題を調整するために、明らかに、商品価格が上がったという理由だけで、生産額が大きくなることで、GDP成長率から価格の上昇を差し引いたものだ。
この考えも全く問題がないわけではない。

物事の質が変わったときに正しく評価できないからだ。
現在の車の価格が2年前に車よりわずかに高い場合でも、パフォーマンスははるかに優れ、アクセサリーはますます増えた。
過去の同じ性能の車を購入しようとすると、コストパフォマンスが高いか安いかはよくわからない。
市場価格は、必ずしも国民の幸せを全く表して。
100円ショップで買ったものが思い出としては非常に重要なものであり、他人からは、商品は無駄な百円の価値しかないということもある。

だがGDPでは同じ100円で評価される。
世界で唯一の品物は、買い手と売り手でき目あった値段になる。
経済学では、品物の多くに売り手と買い手がたくさんいる。
値段は、売りたい値段と買いたい値段では決まる。
強いニーズを持つ人からは、支払うことができると思ったレベルよりも価格レベルが安く、お金の消費が少ないのでGDPとは別に幸せだろう。
経済学では消費者が思ったよりも安く買えた余剰も、生産者が高く売れた余剰も拡大することが社会全体の幸福度を高めることを考えている。