経済のマイナス成長は必ずしも悪いのか?1

「日本は景気後退の最中にあり、出られるかどうか、暗いトンネルにいて、将来それが再び脱出できるかさえさえ知らない。」
はすべての日本人が共通する考えと、経済学者は信じている。
過去のの日本の新聞では、「ヨーロッパで、日本は重大な景気後退に苦しんでおり、なぜ日本人が苦しんでいたのか、私が本当に日本に来たとき、ニュースとは違い国民は人生を楽しむギャップために驚いた。」
このようなヨーロッパ人のコメントがあった。
私がイギリスにいたとき、日本のニュースはニュースが暗かったが、イギリスでクレジットカードで支払いを希望する場合、「あなたのカードは本当にOKだか?」

店で問われた事があった。
外国の日本の想像は深刻な不景気だったが、アメリカの景気後退は、日本で言及された景気後退よりもっとひどい悲惨なことを言う。
日本でさえ、夜逃げや自殺をするほど人生の危険にさらされている人々の奇妙な話がある。
一部の人々が苦しんでいることも本当だ。
だが人生に苦しむ人々がデモを展開し、

豊かなお店や多数の人々への襲撃など、社会的な問題はない。
ヨーロッパやアメリカでは、不景気が起こると、若者の失業率が高まり、市の安全保障が悪化するが、日本のフリーターなどのパートタイム労働者は仕事がなくても急ぐことはなく、ゲームやスマホで夕方に遊んでいる。
ヨーロッパやアメリカの景気後退との間の知覚のギャップは何だ?
このエッセイの目標は、日本がどうしようもないくらいに悲観的な状況にあるかどうかを知りたい。

過去、「既に役に立たない日本経済」と思われるタイトルの本があふれていた。
イギリスの最高の経済を見てきたが、日本も悲観的なだけではないようだ。
質問に対する回答を探すときは、私は、知らないうちに仮定した問題のいくつかを確認したいと思う。
現時点での問題は以下の通りだ。

「経済は成長するべきで景気のマイナス成長は悪いことだ」
「資産価値の下落(金融資産や固定資産など)は悪いことだ。」
「デフレはインフレよりも悪い。」
「過剰供給力(過剰設備と過度の雇用)は悪い」
「国際競争力の低下は悪いことだ。」
「年をとることは悪いことだ。」

現在の新聞や解説を読むときは、このようなことが織り込まれている。
だから議論がある。
人々はその命題が真実であると信じており、現在のメディアの報道と解説者の意見は、この前提に基づいている。
だが慎重に考えるなら、命題は必ずしも真実ではなく、議論がすっかり解決したわけではない。
中には、命題を立てるのに大切な条件のようなものがあり、条件は忘れられ、いつでも起こる一般的な理論のように扱われ、おかしな声耐えにつながるケースがあるようだ。

記事の要点として、マイナス成長から検査をしよう。
マイナス成長をどういうものか。
今まで楽しんできた幸福のレベルが低下するものと考えたら、それは明らかに良くない存在だ。
この考えはあまりにも主観的だ。
現代の裕福な日本ではなく、何もなかったが、過去の時代は多くの人が懐かしく素晴らしいとノスタルジアについてに伝える。

今は昨年とあまり違いがなくても、現在の幸福度に満足していない人は、比較的不幸になるかもしれない。
だが私は客観的に幸福感が減ったかどうか知らず、人々の幸福のトータルがどれくらいになるかを調査することは不可能だ。
経済学の究極の目標は人々が幸せになるかどうかということなので、経済学の基礎あり、比較できないあいまいなものでは科学的議論ができないという欠点がある。
経済学では、幸福のレベルに、GDP(国内総生産)またはGNP(総国民総生産)などがが使用される。