新しいタイプの経済政策2

補助金ではなくローンの利子形もある。
あなたが高価なモノを購入した場合、市場金利よりも低く設定する。
消費者は手元にいなくても200万円の資金を消費することができ、国民に100倍も消費させることができる。
(所得税を計算する時に利息から控除するやり方が広く行われている。
年間利率200万円は5%、10万円ならば、所得税率20%の人は2万円の税金を政府が払うことになる。高所得者は元の所得税が多いから利益を得る。 )

最近、日本では商品券コンセプトの批判が増えており、住宅税減税、住宅ローン減税の話題が増えたが、それは思考の方法に基づいている。実際、この方針はヨーロッパや米国ではよく知られてる方針だ。
住宅ローンの減税は、比較的国々で絶えず見られているようだが、極端に見える自動車の補助金の例を見ることができる。
過去のイタリアと昨年のフランスでは、車を買った人には期限のある補助金が発行されたため、自動車の販売が増加した。
だがそれだと需要を予期しているだけなので、この補助金が払われなくなった翌年、消費は減少するだろう。
そして、生涯にわたるショッピングとしては、自動車や住宅が最も高価で、別の業界への経済波及が高いから政策に選ばれることがあるが、人工的に特定の製品の需要を上げることを意図しているので、経済的に優れた政策であるとは言えない。私が上で言ったように、高所得層のほうが政策はより効果的なので、公正さの否定もある。

一時的に景気刺激の効果を示すことができる。
経済の悪化の主な理由は精神的なものであり、国民の今後の懸念を和らげ、経済の自然回復の過程に置くことができるが、経済が一時的とはいえ改善することが重要だ。
政策に意味がないとは言えない。
確かに現在の経済は消費が少ない。
だがそれなら富裕層にお金を使わせれば解決する。

お金を使うと税金を引き下げるという考え方もある。
豊かな人々の消費は一般人の消費感覚も刺激するだろう。
富裕層が消費を絶対に増やすとは言えず、年間貯蓄の増加に対して高率の税金を適用するという意見もある。
おそらくそれなら消費すると思うだろう。
過去のハトヤホテルの広告で、魚を捕まえるたびに安くなる料金体系の3ステップ逆スライド法であり、課税の観点からは、貯蓄税の考え方だ。

豪快な考えだ。
まず、貯蓄税については、貯蓄が良いという日本の感覚から逆の考えだ。
貯蓄がなくなり投資資金がなくなるする懸念があるが、日本の場合、貯蓄率が超過のために受け入れられ、相手は高所得層であり、多少貯蓄が削減されても心配ないだろう。
どういうものを貯蓄扱いするか、融資返済や、金融資産や不動産に投資するかは貯蓄扱いするかも心配だ。
節約せずに消費された金額の補助金を提出するほうが楽かもしれないが、最終的に上記の商品券システムと補助金制度は一緒の物だ。

ハトヤの3段逆スライド方式は、結果の公平性の面で画期的だ。
所得の高い人はより多くの消費をすることができる。
動車補助金や住宅取得補助金も、その政策で利益を得ることができるお金のある程度を持っている人に限定されているので逆の側面があるが、このの計画は高所得層にさらに利益をもたらすだろう。
だが大多数の人々のはこの政策に反対している。
制限が1年または2年である限り、人々に納得するだろう。

低所得者の雇用も維持される。
消費が増えず、失業しているのではなく、富裕層に快適に使わせるほうがいい。
富裕層が消費するものが何か興味深い。
労働制限法は経済的には馬鹿だが、ヨーロッパで実装されている。
週40時間の勤務時間を週35時間に制限し、仕事分担(ワークシェアリング)で、それに応じて余分な雇用を求めるものだ。