袴田巖 殺人事件を起こした元プロボクサー2

袴田巌は自分の9・9フィートの床を東京拘留センターに送る時間を費やしている。
彼の食べ物が来ると、彼は30 分ほどそれを眺めてから食べる。
彼は許される数の訪問のほとんどを拒否する。
これは、かなり高齢なの袴田が25  年間在籍していた日本の死刑囚である 。
日本政府が関わっている限り、死海はまさに袴田が属するところだ。

ある裁判所は、父親、母親、そしてその二人の子供たちの4人を強奪し、家を撃ち殺して死に至らせていることを裁判所に認めた。
日本では、法律は明らかだ。
そのような犯罪を犯す者は、自分の人生で支払う準備ができていなければならない。
日本の裁判所は、1946年から 2003年の間に 766 人の死刑を宣告し、608 人が処刑された。
2004 年末現在 、日本で死刑判決を受けた犯罪者は118人である。

袴田を含む68名は、控訴審の判決と判決を受け、いつでも処刑された。
実行日はあらかじめ与えられていない。
むしろ、ある朝、警備員が来て、彼らにニュースを渡すと、彼らは処刑されることを学ぶ。
欧州では死刑が廃止されていることから、アメリカは世界の民主国家の中で独自の死刑囚であると考える傾向がある。
しかし、日本の先進工業民主主義は、殺人犯にも死刑を宣告した。

日本は、韓国、台湾、フィリピン、タイ、インドネシアなどでも、死刑を執行する唯一の東アジアの民主主義ではない。
これらの国々と同様に、日本は死刑の継続的使用に対する国際的な非難に直面しており、おそらくアジアの新しい民主主義よりもさらに批判を浴びている。
国連人権委員会は、日本の死刑判決に不利な決議を採択し、大陸の主要な政府間人権機関である欧州評議会は、日本がオブザーバーとしての地位を失うことを脅かしている。
このような言葉は、輸出の質と外交政策の責任ある多国間主義について、むしろ議論するだろう政府を訴えている。
しかし、この問題では、世界第2位の経済力を持つ日本は、外国の批評家に抵抗する余裕がある。

欧州連合(EU)への入国条件の一つに合致するために1997年に死刑を廃止したポーランドなどの国とは異なり、日本は国内政策の拘束を受けない。
死刑の政府声明は、死刑が各国の主権的な決定であり、犯罪撲滅の必要に合わせて調整されるという東京の長年の立場を繰り返すだけである。
しかし、袴田の物語が示すように、死刑が公平に課されているかどうかについては常に疑問が残る。
これらの質問は、正当なプロセス、個人の権利、法の支配に拘束されている米国や日本などの民主主義にとって特に困難だ。
確かに、無罪の問題は、新たなDNAの証拠が死刑囚の釈放につながったため、現在米国での死刑判決の最前線に立っている。

ここ数年、日本は死刑執行を強化しているので、そこではさらに問題が生じる可能性がある。
袴田は1966年に30歳だった。
日本では今年6位のフェザー級がリングから引退し、静岡県清水町でスープなどの食品に使われている味噌を作った工場で働いていた。
1966年6月30日 、警察は、工場のマネージングディレクター、妻、そして2人の子供の血まみれの体を見つけた。
彼らの家は20万円を奪われて火事にかけられた。

8月、警察は袴を逮捕し、殺人、強盗、放火で告訴した。
拘留中に、彼は告白した。
1968 年9月 11日、 静岡地裁の3人の裁判官(日本には陪審審理はない)が彼を有罪とし、死刑を宣告した。
しかし、実際には4人殺人犯であるか?彼と彼の支持者は彼が無実だと言う。
彼らは、博多の告白は彼から追い出されたと主張し、警官は、博多が着用しているが、彼には合わない、血しょうのズボンを含む重大な証拠を植えたと主張する。

刑務所でもはや彼を受け取らなくても、博士の弁護士は新しい試練のために長い間オッズに対して戦い続けている。
裁判所は、袴田被告が死刑判決を言い渡したとき、日本で広範な公的支援を受けた刑罰を科した。
2005年2 月の 政府調査で は、回答者の81 %が少なくともいくつかのケースで死刑がまだ必要であるとの意見に同意した。
これは、米国で現在行われている死刑よりもはるかに支えられている。
この問題の両側にある日本人は、現代世論の死刑刑の傾斜を部分的に根本的な文化的・宗教的規範に根ざしていると考えている。

平安時代(の間に794 の広告に1185年の広告、中国から仏教の導入を含む)、日本の支配者は、死刑モラトリアムを観察した。
しかしそれ以来、何世紀にもわたって、国権と社会秩序の命令は、人道的な苦境を克服する傾向があった。
西洋のように、死は、盗難から殺人まで、現代まで、日本の多数の犯罪に対する刑であった。
 1868年の明治維新以後、様々な形の殺人と皇帝への脅威しか含まれないように、資本犯罪のリストが狭められ、断頭と十字架刑は執行の唯一の手段であった。
私は、日本人が解釈するような穏やかな仏教の教義でさえ、死刑判決の正当な報復の概念を包含していることを日本で繰り返し語られた。

これらは殺人者が死に至るまで、殺された人の魂は休ませることができない、という民間の??信念が広がっている。
東京都の山西学院大学の教授二十嵐文太教授は、「死刑が誰かに与えられたとき、社会の秩序が回復したことを知って、残りの人々は嘆かわしい」と語る。