鎌田安利 9歳の少女たちを考察した恐ろしい男

大阪高等裁判所は、5倍の殺人犯で死刑判決を支持する
2002年3月27日
大阪高等裁判所は、1999年3月の大阪地裁判決を支持し、1985年から1994年の間に4人の女性と小学生を殺害した60歳の失業者を処刑した。
鎌田安利は、死刑判決を言い渡した「残虐で非人道的な犯罪」で有罪判決を受けた。
鎌田は、警察が殺人事実を告白するよう強要したと言って、無罪を訴えている。

彼の弁護人は、最高裁に上訴する可能性が高いと述べた。
鎌田は9歳の辻山久美子ちゃんを大阪市内の道路で拉致し、1987年1月に自宅で殺されたとの判決を言い渡した。
同氏は、1985年5月46日、麻布さん(46)、昨年6月には中部みどりさん(19)、1993年7月には須田一恵さん(45)、1994年3月には中野君子さん(38)を首を絞めて殺した。
裁判所は、鎌田は財政上の理由から4人の高齢被害者を殺害したと述べた。
彼はまた、中野さんの遺体を切り裂き、大阪府北部の山々に投棄したとして有罪判決を受けた。

火曜日の高等裁判所の判決は、父子と女子の小学校から3,000万円の身代金を要求する罪で有罪判決を受けた。
以前、地方裁判所は、他の誰かが誘拐事件を利用して金銭を請求する可能性を挙げて、その罪で有罪ではないことを発見した。
鎌田は1940年に生まれ、最初の殺人時に大阪の西新区に住んでいた。
1985年5月、鎌田の初めての殺人事件は、大阪の西新区にある主婦、藤枝東(46)を絞め殺した疑いがある。
検察官によると、鎌田は、彼女と喧嘩した後、大阪市の城東区の主婦を殺害した。

同年6月には、大阪府豊田林の精神障害者の家で働いていた2ヵ月前に姿を消した19歳のみどりさんを殺害したとされる。
鎌田は同じ病棟でこれを絞め殺したと言われている。
1987年1月、鎌田はアパートに誘拐された後、大阪府住吉区の小学校3年生辻家久美子を殺害したとされている。
彼はその女の子がまだ生きていると主張し、学校に電話して3000万円の身代金を要求したという。
殺人事件がしばらく止まったのはここだ。

あなたは、貧しい鎌田が泥棒に捕らえられ、2回に分かれて投獄されるのを見る。
しかし、言い方が進むにつれて、良い人を抑えることはできない。
2番目の判決を終えて約4カ月後の1993年7月、大阪府西新区のバー従業員である須田和恵さん(45)を絞殺したという。
翌年3月には、37歳の中野君子(大阪市中央区)のウェイトレスを絞殺したという。
検察は、鎌田容疑者は、借金の請求によって怒られたため、女性を殺害したと主張した。

遺体の発見を阻止しようと、和田と中野の遺体を刈り取って山に捨てた。
しかし、彼は不運になった、彼は後で捕まえられた。
容疑者は捜査中に5人の殺人事件のすべてに告白したと言われていたが、1996年3月の最初の聴聞会で犯罪の知識を否定し、無罪を認めた。
裁判官は、電話で身代金を要求した人の辻子校への声が容疑者の声と異なっていたと発言した声明の専門家の証言を認めた。
しかし、これは彼のリリースでは十分ではあらなかった。

奇妙なことに、大阪地検は、殺人事件のうち3件を残りの2件と別々に扱う珍しい段階を踏み出し、両方の殺人事件に対して死刑を要求した。
検察は、鎌田容疑者が非難された殺人事件は、「国の犯罪行為ではほとんど見られない残酷で残虐な事件」であると主張している。
検察は、亀田信行裁判長に対し、鎌田は「反社会的な傾向が強く、訂正の余地がない」と訴えた。