袴田巖 殺人事件を起こした元プロボクサー4

 1989年11 月(釈放の直後)と 1993年3月の間には死刑はなかった。
その間に、省庁の裏にある権力を握った公務員たちは、恥ずかしい無罪を再検討した。
しかし、それは基本的な変化をもたらさなかった。
警察当局は、内部報告の漏出によると、4回の不正な有罪判決は、検察の警察監督上の瑕疵などの固有の戦後状況が是正されたことを反映していると結論した。
デビットTジョンソンは、当局が学んだ主要な教訓である、日本の検事法廷(オックスフォード大学出版局、 2002 )の調査で、自白の正確さを保証する努力を倍増しなければならないと書いた。
1993年3月26日に非公式の死刑執行猶予が3人が執行された。
その時までに、博馬は、自分の努力を追求していた。
最高裁判所が1980年に判決を確定した後、日本弁護士連合会人権委員会副委員長の伊藤和夫氏が率いる新しい弁護士チームがこの事件に踏み込んだ。
では 1981年、弁護士は袴田容疑者に代わって再審の申立てを提出した。
伊藤氏のチームは医師に事件の証拠の再審査を依頼した。
その結果、殺人犯罪容疑者が殺人児の1人に深刻な刺し傷を負っていることが判明した。
弁護士は、犯罪当時、博多が犠牲者の家に出入りしたという警察の門がロックされていることを示すこともできた。
弁護士の目の中で最も重要なのは、警察 が犯行後14 か月以内に現場で復讐したと言われている。
この新しい証拠の収集と提示は、 13 年のうちのより良い部分を取った。
1994 年8月 9日、静岡地裁は、博多の申立てを却下した。
その後、東京高等裁判所への上訴は 、2004年8月27日に、ほぼ10 年後には殆ど失敗した。
「防衛当局が提示した新たな証拠には明快さがなく、再審を開くために必要とされる新しいものは含まれていない」と高裁裁判官は書いた。
「dna  テストについて合理的な疑いが生じているとは言えない。
 犯行時に袴田容疑者が着用していた検察官と、靖国神社裁判長は同意した。
伊藤は最高裁に訴訟を提起している。
*****
T は日本の 法律を描き、政治はそのような努力に有利ではない。
函館の弁護士は20年間、再審を求めていたが、1980 年代の証拠によって揺さぶられていた日本の死刑違反のコンセンサスが新たに固まった。
主な原因は、1995年3月の東京地下鉄のテロリストによる致命的なサリンガス攻撃で、12 人が死亡し、数千人が負傷した可能性がある。
公衆は、共謀者が生活費を支払うことを訴えた。
そして、政府は対応した。
 1999年 から2002年の間に日本で伝えられた50の死刑のうち、9人が共謀者に行き、カルトの創設者は2004年に死刑判決を受けた。
死刑に対する公衆の支持が増している理由はもう一つある。
過去10年間、ストリート犯罪は日本で増加している。
急増の大部分は盗難によるものだが、犯罪波にはいくつかの巧妙で残忍な殺人と強姦が含まれている。
検察は、「外国人が犯した暴力的な犯罪が増える中で、犯罪被害者からの圧力」のために、死刑をより頻繁に求めている、と匿名の状態で私と話した東京検察官は語った。
では 1999年、新たな被害者の権利のロビーには、死刑やその他のタフなオン犯罪対策を支援するために設立された。
左翼国際人権連盟の3人の代表団が2002年10月にロビーの代表者と出会ったとき、「家族全員が個人的に「実行のためにボタンを押す」という願望を表明した」
現在の死刑囚のほとんどは、再審の申立てを求める嘆願書を持っているが、1989年以来、そのような請願は認められていない。
一方、控訴裁判所は、裁判所によって命じられた生命判決を頻繁に覆し、死刑判決に置き換えた。
2004年に 決定されたそのような事件の1 つでは、最高裁判所は、単一の被害者が存在する殺人事件において死刑判決を支持することにより、1983年の独自のランドマークの裁定の 境界をわずかに押し上げるように見えた。
その事件は、1997年にMochida Tak氏が44 歳の女性を 殺害した事件である。
モチダは刑務所から解放された後、彼女を強姦して7年間服役していた女性を襲った。
彼女を警察に通報したことの報復で、彼女は繰り返し彼女を刺し、100 ドル以下の相当額を持っていた彼女の財布を取って逃げ出した。
東京証券裁判所は、袴田容疑者に10年後の仮釈放の適格性を条件として終身刑を宣告した(日本では「仮釈放のない人生」はない)。
しかし、検察官が日本の法律で許可されているように判決を上訴した後、高等裁判所は死刑を課し、最高裁は合意した。
最高裁判長の滝井茂雄は、「報復の動機は寛容の余地がない。
かなりの予言と残酷さがあった。
これまでの殺人罪で、死刑判決を出すしかなかった」
日本の死刑の使用を、特に米国での使用と比較して誇張するべきではない。
2004 年に米国は59 人、日本はわずか2人。
118 日本における死刑の宣告の下で人々は、米国の死行の人口のほんの一部だ3471 。
もちろん、日本の人口は、米国(128 百万人対2 億3500万人)に比べてはるかに少なく、暴力犯罪数ははるかに少ない(2002年 に死亡した954人の犯罪、日本政府によると、16,200人の非過失の殺人米国によると、fbi によると)。
しかし、日本の死刑判決は、米国で犯罪と死刑の両方が衰退している時期に拡大している。
死刑文章ファイナライズされている日本人捕虜の数は、68が 12月として31、2004 、表して36 %以上の増加1999年、とのほぼ3倍のレベル1986 。
対照的に、現在の米国の死刑 囚人口は1999年から4.2 %減少している 。
日本と米国の再審裁判所が殺人当り死刑を宣告している率を計算すると、比較はおそらく最も興味深いろう。
これは、特定の管轄権が意図的に死刑を執行される傾向を示す大まかな尺度だ。
では2003年、数値が利用可能であるため、昨年は、日本の裁判裁判所は判決を受け11人の 死に有罪判決を受けた殺人犯を。
その数字を2002年に意図的な犯罪によって引き起こされた954 人の死亡 (1年の差は、おおむね、犯罪と判決の間の遅延時間を反映している)で割ると 、殺人に対する死刑の割合は1.2  %になる。
国家としては、日本は、カリフォルニア州よりも、その時期に殺人罪を宣告する可能性が若干高かったが、米国の死刑判決の最も大きなものとされているバージニア州に比べられない。