袴田巖 殺人事件を起こした元プロボクサー5

H の多くOW 有罪判決を受けた殺人者は現在、日本では死刑の判決を受け、実際に無実かもしれないか?
アムネスティ・インターナショナルはおそらく日本の死刑判決の最も厳しい批判者だが、現在日本で死刑判決を受けている118 人のうち8 人が無罪であるとの報告を受けている。
しかし、1980 年代のケースが示したように、1つでもシステムにショックを与える。
日本が死刑をより頻繁に課すようになると、死刑判決の可能性も増すという統計の単純な問題だ。
したがって、袴田事件は依然として敏感な問題である。
司法省は、再審申立が保留されている間に囚人を処刑しない方針をとっている。
しかし、このルールは法的要件ではなく、省の裁量の問題だ。
事実、1999年に囚人が処刑され 、弁護士が新たな再審申請を準備していた。
シニア司法省の関係者は、弁護士と会見しても、通常、再審を求めている受刑者の処刑を通常は支援しないと説明したが、反復的な請願が繰り返されるかどうかは考慮されていない。
日本の内閣の多数決、または国家犯罪者リハビリテーション委員会の勧告のいずれかにより、恩赦は理論上利用可能である。
しかし、実際には、恩赦はまれである。
 1954年以来、内閣は非難された囚人に一度の恩赦を出していない。
リハビリテーション委員会は、 1965年、 1970年、 1975 年にそれぞれ1件の恩赦を認めた。
博多の弁護士は、罪を認めようとはしていないが、これまで恩赦を要求していない。
昨年の夏に、袴田容疑者の年齢と最長裁判所の延長訴訟の可能性を考えれば、刑務所で亡くなる可能性が最も高いかどうか伊藤に尋ねた。
「可能性を否定することはできなかった」と彼は肩をすくめた。
裁判官の再審が取り下げられた場合、弁護士は裁判所に、狂人に対する死刑の執行を禁じる日本の法律の下で執行不適格であると宣言することもできる。
最近、袴田を見た少数の人々によると、彼が犯したことを否定する犯罪に対する長期にわたる独房閉鎖は徐々に彼を怒らせた。
彼が受け入れた唯一の訪問者は、死刑執行活動家で元国会議員であった保坂信夫だった。
元ボクサーの法務チームのメンバーを伴い、2003年3月10日、囚人の67 歳の誕生日に彼を受け入れるために袴田を誘拐するための教訓を使用した 。
囚人が自らを「万能神」と表現し、袴田を「吸収」し、刑務所を奪取し、日本の死刑を廃止したと語った。
それは、もともと、袴田巌のような人間ではないと、語った。

DNAテストとリリース
2008年のDNA検査では、証拠として使用された衣服の血液が袴田容疑者のものと一致せず、彼の弁護士からの二度目の再審請求が促された。
2011年のさらなるテストは結論を支持した。
2012年3月14日に、より正確なDNA検査のために、函館から血液サンプルを採取し、殺人犯の衣服に見られるTシャツの肩の血液サンプルと比較した。
血液は攻撃者のものと考えられており、以前は犠牲者のいずれかから来る可能性は低いと判断されていた。

検査で、血液が袴田容疑者のDNAと一致しないことが明らかになった。
検察はDNA検査の有効性に異議を唱えた。
2014年3月27日、袴田は刑務所から釈放され、静岡地方裁判所の再審を受けた。
裁判所からの声明によると、元の裁判で証拠が捏造されたと信じる理由があり、78歳の陪審員は再審を待っている間に拘束されたままでいることが "勇敢に不公平"であると述べた。
アムネスティ・インターナショナルは、「40年以上前に拒否された公平な裁判を受けるための時間がなくなっている。もし再審に値する場合があったならば、これはそれだ」と述べた。

袴田容疑者の釈放の決定に対する訴追が却下された。
袴田容疑者は、日本人の死刑囚の第6位であり、再審を認められている。
前の5人のうち4人が結局無罪となった。
家族によると、袴田の精神的健康は、孤独な閉じ込めの年数によってひどく悪化している。

2003年に彼を訪問した抗死刑活動家によると、袴田はその後、彼は刑務所を引き継い袴田事件を、「吸収」、および日本での死刑を廃止していた「全能の神」になっていたと主張した。
アムネスティ・インターナショナルによる日本の死刑に関する2009年の報告書によると、精神科医は袴田を「制度的精神病」と診断したという。
近年では、彼は家族からを含むほとんどの面会要求を拒否していた。
袴田容疑者は、釈放後の翌日、東京病院に入院し、糖尿病の可能性のある治療を受けた。
2007年に熊本が袴田の支援のもとに出てきたとき、それは日本の国民に衝撃を与え、通常秘密の司法制度に光を投げかけた。

袴田容疑者の事件は、人々に死刑の妥当性に疑問を抱かせ、批評家が日本の司法制度の「非人道的」要素として描写していることに注目した。
日本では、警察は容疑者を23日以内に尋問する可能性があり、容疑者は尋問中に弁護士を出すことは許されない。
このような過酷な状況下では虚偽の告白が容易に得られ、また第二次世界大戦前に警察が容疑者を告白して告白することは合法であったため、日本の刑事裁判所は犯罪者が知っている秘密その中に含まれる。
さらに、日本の裁判所は有罪判決を認めない。
被告人が罪を宣告したとしても、罪の告白が不十分であると判断された場合、裁判所は被告人を無罪と認める可能性がある。

死刑判決では、警察が告白を強制した可能性を除外するために、その秘密は、告白の時点で警察の調査で発見できなかったものでなければならない。
また、捜査の記録を維持するために検察官が監督することは、証拠としての告白の妥当性の根幹であると考えられている。
証拠としての告白と罪の証拠に依拠していることから、日本の警察は、この種の告白は法医学的証拠ほど強力であるとみなされているため、容疑者に罪のない秘密を告白するという大きな圧力をかける。
日本の死刑判決では、大多数の司法事件の流産には、容疑者が特定の有罪の秘密を告白したかのようだ。

アムネスティ・インターナショナルは、日本での死刑廃止キャンペーンにおいて、函館を特徴づけている。
彼の事件や他人を使って、「日本の死刑制度は囚人を精神病の深みに追いやっている」と主張した。
日弁連は場合は、すべての取調べのビデオテーピング含む「不法尋問の巣」と改革を求めた一例だ。