ポピュリズムと経済学グローバリゼーション12

労働市場機関は重要な役割を果たすかもしれない 貿易ショックの影響を媒介する役割賃金。
フランスの企業レベルのデータを使用して、Carluccio、Fou-ge`re、&Gautier(2015)は、他国への事業を移転が有害である企業内のブルーカラー賃金への影響団体交渉協定。
また、団体交渉、他国への事業を移転は見えない低技能賃金にマイナスの影響を与える。
2012年の調査では、 TAAの影響を受けた労働者は、実際には負であった。
失業やその他の給付は補償されないった。

2000〜2010年の製造業で失われた仕事は輸入と輸入代替によって失われた国内の生産性の伸びにより休止している。
2000年から2007年までの雇用失業率の中国に対する輸入ショック 11 労働に取って代わる機械の使用は、 以前の時代には議論の余地があった。
世紀、ラディズ運動攻撃され、繊維機械を破壊した。
それ以来、新しい技術の導入は産業社会の規則的な側面であり、私が議論している公平性の懸念を浮き彫りにしているようだ次のパラグラフ。
「ブロックされた取引所」という用語は、購入できないものや道徳的な烙印または法的な狭窄のために販売された。

見る議論と国際貿易への応用。
調査のための 所得格差に対する態度に関する文献公正さの懸念。
以前の思考実験は、 これに苦しむ貿易の流れの違い問題。
同様に、生産性が低いことに起因する低賃金は、貿易相手国の賃金率は低賃金と異なる労働者の権利の濫用(集団の欠如交渉、結社の自由など)。
どちらも可能だ。

自宅で分布の含意を生成する。
しかし不公正取引の問題がある。
調査の証拠によれば、公平性に関する懸念 人々を動機づけるのは、エコノミストが心配している「保護主義者」の目標約。
保護のための広範なサポートがある貿易における環境と労働基準、「公正取引」の支持者は重複しているが、同一ではない雇用喪失に苦しむ人々もいる。
財務状況の他の多くの話がある 世界的化は、逆に、ケートの不完全さがある。

たとえば、私たちは成長の鈍い経験を説明するその資本を受け取る国の流入は、実質の為替レートを評価することによって有能なセクター貿易財への投資の収益性を低下させる。
資本勘定の尺度間の関係収入の自由化と労働者のシェアはハリソン(2005年))とJadayev(2007)が挙げられる。
「キッチン・シンク」回帰を使う。
 多数の潜在的決定因子。
また、財政的な開放性が影響していることがわかる不平等では、貿易開放と技術がある。

賃金交渉体制そのものは内生的なものかもしれないグローバリゼーションショック。
管理会社レベルでの使用フランス企業のデータでは、これらの著者はポジティブ外生的な輸出ショックは、集団賃金契約、他国への事業を移転ショック重大な影響はない。
著者らは後者発見は2つの相反する効果によるものかもしれない:ショッキングは企業レベルの生産性と利益を増加させ、レンタルシェアの意欲を高める労組の交渉力も低下した。
ここでの税率に関する情報は、 OECD税務データベース(http://www.oecd.org/tax/を参照)
他の研究の数は微々たるものを発見した または矛盾した結果がここに報告されたものに及ぶ。

経験の20年をレビューするメタ・スタディ分析は、「[異なる]グローバリゼーション措置が完全に生まれる関係の異なる知見世界的化と資本税率。
負の国際市場統合が資本に与える影響課税であり、KOF指数を用いた研究によって開発されたグローバリゼーションは、グローバリゼーションの肯定的な影響を報告する可能性が高い資本税率」
1990年代後半の金融世界的化と提唱IMFの記事の改正これは、ファンドが「資本移動の秩序ある自由化」になるということだ。
資本フローへの開放のリスクにもかかわらず、 彼は列挙した、彼はこれらが潜在的な利益によって相殺された以上のものだ。
オン有益な効果に関する証拠の不足、彼は主張した資本勘定に有利な証拠が時間の経過と共に累積する。

貿易自由化の便益。
資本規制のアイデアを宣言した彼の時間は過去を過ぎている大胆に提唱された金融取引税は短い。
次世代グローバリゼーションの発表金融グローバリゼーションを支持する強い主張、利益が実現するケースを作る各国が必要な補完的役割を果たし、改革を行う。
ポピュリズム政治を以前の経済危機、さまざまなレベルの依存資本流入、組織化労働の強さなどが挙げられる。
文化的決定要因の経験的ケース。

知覚された社会的地位に焦点を当て、右翼の決定要因としての変化ポピュリズム。
もう一つの例では、 政治は需要側を覆すかもしれない。
民衆候補者の部外者の地位設立候補者に優位を与える右または左のいずれかから、前者が現状を混乱させる可能性が高いと認識している。
左翼の選好を持つ有権者(例えば伝統的に民主的な有権者)は、右翼(例えば、ドナルド・トランプ)。