オウム真理教のサリン事件の死刑囚の死刑執行2

メンバープロフィール

早川紀代秀
早川はオウム真理教のリーダーの近くの補佐官であり、世界中のカルトの会員を拡大するのに役立った。
彼は土地の取得と施設の建設を担当していた。
早川は地下鉄の攻撃には関与しなかったが、弁護士とその家族の殺害を含むカルトによって犯された他の犯罪のために死刑囚であった。
裁判で、彼は告訴に同意したが、彼の指導者の命令に反することができなかったため、死刑が厳しくなると主張した。
彼の死刑判決は2009年に確定した。

井上嘉浩
井上は高校生としてカルトに参加し、リーダーの近くの補佐官だった。
彼は、オウム真理教によって犯された多数の犯罪で15人の死亡者の責任を負いた。
彼らには、神経剤サリンやVXを使った攻撃が含まれる。

東京の地下鉄で放出されたサリンガスが13人を殺し、6000人以上が負傷した。
井上容疑者は裁判で、地下鉄攻撃がカルトの指導者によって命じられたと証言した。
彼はまた、繰り返し反省を表明した。
彼の死刑判決は2009年に確定した。

新実智光
11件の事件で合計26人を殺害したとして起訴された。
弁護士とその家族の殺害、中日の致命的な神経ガス攻撃、東京の地下鉄システムに対するサリンの攻撃などがある。
そのテロ攻撃は13人を殺し、6000人以上が負傷した。
彼の裁判で、ニミは犠牲者の魂を救うための攻撃を実行して、彼の行動を正当化しようとした。
しかし、彼はまた、カルトリーダーの指示に従っているだけだと主張した。
彼の死刑判決は2010年に確定した。

土谷正実
土谷は、大学院で化学を学んでいる間、オウム真理教のカルトに参加した。
彼は、サリンやVX神経剤を含む化学兵器開発のカルトの中心だった。
これらの化学物質は、13人を殺した地下鉄攻撃や6000人以上の負傷者を含む一連の犯罪で使用された。

土谷容疑者は7件の殺人事件などで有罪判決を受けた。
裁判所では、彼は神経剤を作ることを認めたが、どのように使用されるかについての知識はなかったと主張した。
彼の死刑判決は2011年に確定した。

中川智正
中川は医学生としてオウム真理教に参加し、医師となり、カルトリーダーに密着した。
彼は11種類の事件で25人の死亡原因責任を負いた。
弁護士とその家族の殺害、中部日本での致命的な神経ガス攻撃、東京の地下鉄システムに対するサリン攻撃などがある。

中川はこの攻撃で使用された致命的なガスの生産に参加し、13人が死亡し、6000人以上が負傷した。
彼の裁判で、彼はほとんどの事件に関与したことを認め、被害者とその家族に謝罪した。
彼の弁護士は、彼は心理的な障害を抱えていて、間違っていることを正しく伝えることができなかったと主張した。
しかし、彼の死刑判決は2011年に確定した。


遠藤誠一
遠藤は大学院でウイルスを研究している間、オウム真理教のカルトに参加した。
彼は東京の地下鉄攻撃で使用されていたサリンの神経薬を作り出した。
13人が死亡し、6000人以上が負傷した。

彼はまた1994年に演奏された中部日本での別の致命的なサリンのガス攻撃にも関与していた。
彼の裁判の間、遠藤はサリンを産むことを認めたが、彼はそれが何のために使われるのか分からなかったと主張した。
彼の弁護側の弁護人は、カルトリーダーが脳を洗い流し、間違っていることを知ることができないと主張した。
彼の死刑判決は2011年に確定した。

日本では、囚人が裁判所で証言する必要がある可能性があるため、囚人の共犯者がまだ実行中であるか裁判中である場合には、死刑が執行されないことがある。
今年1月に全宗派の刑事裁判が終了し、処刑の道が拓かれた。
「やっとここに来た」
高橋シズヱさんは夫を襲って逃げた。
彼女は現在、被害者支援グループの代表者だ。

「今日は、この日が来ることを知っていたので、今ここにいると感じている。
「私たちは、何を言わなければならないのか聞いてもらえればいいから、テロ攻撃が起きるのを防ぐことができる。
今はそうすることができないので、その点で残念だ」
フリー・ジャーナリストの江江川紹子氏はオウム真理教を数年間カバーしている。
彼女は、麻原彰晃とその弟子たちが同時に実行する効果について心配していると言いる。

「麻原彰晃が最初に処刑されるべきだと長い間考えていたので、大半の人が彼の処刑を支持するだろうと思う」 しかし、私は弟子たちが同時に執行されるべきではないと言った。
それは、彼らの追随者たちが、朝鮮と彼と一緒に処刑された他の人たちが、殉教者としての生活を犠牲にし、共に信じられたと信じるからだ。