恐ろしい日本のシリアルキラー2

江藤幸子の太鼓スティック殺人の一例。
不運な人のために、彼女は少なくとも4人の女性と2人の男性を打ち負かす。
それとも彼女だか?私はこれらの4冊以外にも、5ヵ月後に死亡した2人の他のカルト・フォロワーの殴打と殺人を観察したという報告を読んだ。
これらの死は、3人のカルトメンバーによって行われたと思われる。
他の話によると、江藤、娘と仲間のカルトメンバーが最後の2人を殺したという。

誰が死んだか?
それは当初は1家族の本質的に4人のメンバーであり、2人の別個の民間人であった:男性と妻、 娘。
殺された最後の2人は、男性42歳。
女性27歳。
悲しいことに、この6人の犠牲者は悪魔の所有ではなく、江藤の「霊的」能力を疑い始めた宗教団体に過ぎない。

彼らは金を貸してほしくない。
1995年7月、警察は福島県須賀川市の江戸の家に隠された腐敗体を発見した。
江藤は、弁護士が「精神的な問題」について論争して、無罪を認めた。
検察の弁護士によると、「彼女は犠牲者が1人ずつ死ぬのを見ながら殴打を行い、非常に残酷だった」と述べた。
その弁護士は、江藤は「自分を宗教的な支配者にしようとしており、彼女の恋人の根本が女性フォロワーに連れて行かれることを阻止しようと、彼女の権威を脅かす人々を殺した」と語った。

まったく考えていない...とにかく、江藤はそれは全くそうではないと言った:「私は宗教的サービスの一環としてそれをやった。
最初のものはうず虫で、2〜6番もそうだった。
私は7番が幸運だっただろう。
裁判所は、神のメッセンジャーであると主張して宗教団体を結成し、絶対的な力を使って暴力的な手段で彼女の追随者を死刑にしたことを理由に、彼女の犯罪が「過度に重大」であると判決した。
江藤容疑者は死刑判決を受けたが、娘の裕子(30)と殺人事件に参加した27歳の根本裕は刑務所で懲役刑を言い渡された。

彼女は2002年に殺人と非自発的殺害で死刑判決を受けた。
彼女は2012年9月27日に65歳で吊るされた。
おそらく彼女が年金の支払いを受ける直前。

2)吹上佐太郎(1889年2月- 1926年9月28日は、で生まれ下京区、京都県、日本)、彼は20世紀初頭に、少なくとも7人の少女を強姦し、殺したことが知られていた。
彼の最初の犠牲者は1906年で、京都の金閣寺で 11歳の彼(17歳)を知った。
彼は刑務所に刑を宣告され、1922年に釈放された。
1923年、彼は4歳の少女を虐待して逮捕されたが、解放された。
その後、京都、群馬、埼玉県、長野県、千葉県で殺害された11歳から16歳までの1923-4人の女児6人を殺害した。

逮捕された後、彼は13人の殺人事件に告白したが、棄却した。
彼は後の6つのケースのうち3つのケースでしか試してわなかったが、そこにはいくつの犠牲者があるかは不明だ。
彼は死刑判決を受け、執行された。

3)日高弘明:(1962年4月 – 2006年12月25日、宮崎県生まれ)
1996年に広島県で4人の女性を殺害した。
彼について知られていることは不十分だ。
彼はかつてとても優秀な学生だったと主張されていたが、彼は自分の大学である筑波大学に入学できず、福岡大学に行きたしかし、脱落した。
彼はお金を借りて、売春婦を飲んで利用した。

1989年の4月、彼はタクシー運転手として働いていた広島に移住し、1991年に結婚し、1993年に娘がいたが、彼の妻は精神的な施設に献上された。
1996年の4月まで日高が1996年9月まで殺し、4人の女性を奪い取った1996年4月まで、彼は魅力的な人生をリードしていなかったが、彼は援助交際に従事していた16歳の少女(彼女はエスコートだった - 必ずしもセックスのために使用されていない - 私はこれについてまもなくブログする)。
彼は1996年9月21日に逮捕された。
広島地方裁判所は、2000年2月9日に日高を死刑判決した。
彼は上訴しておらず、2006年12月25日に吊り下げられた。
彼の弁護士である足立修一は、刑務所当局による顧客へのアクセスを拒否した。

4)石川ミユキ:(女性)(1897年生まれ - 未知数、宮崎県国富町生まれ))彼女はコトブキ産婦人科病院で働くと推定された103人の乳児を殺した日本の助産師だったが、それは病院の世話をしていた1940年代には169人の乳児だった可能性がある。
病院のスタッフは、彼女が何をしたかを知っていた。
この病院の他の助産師のほとんどすべてが、彼女の行動が凶悪で、抗議して辞任したと考えていた。
すべての幼児は貧しい家族から来ており、彼女は(夫と一緒に)貧しい両親からお金を得ることを試みた。
親が彼らを育てるコストよりむしろ、彼女がそれらを殺した方が安いろう。

1948年1月12日に彼女を捕まえた後、彼女は4年の懲役刑を受けただけだった。
彼女は両親の死を非難した。
彼女は、これらの子どもたちはすべて低所得家庭のものであり、保障することができないと言いた。
そのように、彼女は死を慈悲殺害とみなした。
この結果、日本政府は中絶の合法化を検討し始めた。

1948年7月13日、助産師保護法(現在の母親の身体保護法)と助産師のための国家試験制度が設立された。
1949年6月24日、経済的理由による流産は、日本の保育法によって合法化された。