ポピュリズムと経済学グローバリゼーション4

非自発的雇用および移転は、福祉制度を通じて、無視できる程度の効率損失は、貿易からの標準利益である。
さらに、これらの地域の労働市場効果が現れる非常に永続的だった。
賃金は、力の参加、失業のコンセプト、約10年後には消滅しなかった中国の貿易ショックがある。
輸出指向の雇用効果を相殺する従来の貿易モデルでは、デュースは、起こっていなかった。
私が要約した研究は、特定の貿易ショックの地域労働市場への影響、異なる地理的位置にまたがる変動に焦点を当てて、地域 貿易効果の問題もある賃金と雇用の全体的なレベルについて貿易と賃金に関する広範な文献がある1980年代に戻ると、賃金上昇のほとんどではないが先進国の不平等を貿易することが重要だ。

以前の研究では、貿易の重要性を強調し、主要な影響力としての技術的偏向の偏り、スキルプレミアムの増加の背後にある。
より最近の研究では、グローバリゼーションのために先進的であり、また、鋭い区別貿易と技術の関係はより困難になっている作る。
最近証拠は輸入競争を労働低下の最も重要な要因米国の個々の産業レベルでの株式1980年代後半からである。
報酬と安全のネット 原則として、貿易から得られる利益は、敗者を補うために配給され、識別可能なグループが残っている。
貿易経済学者、彼らの分配の意味を認識しているモデルは、そのような報酬を求めている。

連続する米国の行政機関がより良い貿易からの利益を再配分する仕事は、保護主義の反発は避けられたのか?ヨーロッパの経験はここで有益だ。
ポピュリズムはにヨーロッパを救わなかった。
しかしグローバリゼーションへの反対は、ブリュッセルとEUをターゲットとした政治的な色付け国内政策と規制当局における侵入を感知し、貿易協定よりむしろ ヨーロッパのポピュリズムは、反対貿易ではない、または特定の中国やメキシコなどの輸出業者が当てはまる。
いくつかの側面投資家と国家との間の紛争決済(ISDS)と規制の調和、欧州でも非常に論議を呼んでいる。
右派も左派民衆も、貿易障壁のために押し進められた。

実際に、英国の欧州連合から脱退のは、自由貿易を明示的なものとして提示し、息をする。
EUを離れることの利点の1つ、彼らはイギリスが追求できるようになるだろうと主張した自由貿易に近い政策!
説明できる米国との1つの違いこの対照は、ヨーロッパは長い間強い社会保障と寛大な福祉国家である。
ヨーロッパのほとんどの国は、米国は、より多くの取引に開放されている。
しかし、貿易ははるかに大きい再分配と社会保険。

多数の経験的な分析によると、貿易へのエクスポージャーと公的移転。
ヨーロッパ人ではないと言っても過言ではない福祉国家は開放経済の裏側である。
興味深いことに、欧州の反イラク戦争に対する反発は、助成金と難民はその根のいくつかを福祉国家の社会的便益侵食されたり、移動されたりする。
米国は真に開かれた経済となった遅く GDPにおける輸入のシェアは1970年代半ばから2000年代にかけて倍増し、1975年の7%から2008年の金融危機の影響を特に1990年代の輸入浸透率は、低所得国から来て、特別な調整の問題を引き起こした。
原則として、米国政府は、ヨーロッパのモデル。

それは補完することができた貿易協定のNAFTA、WTOである。
中国WTOの参入により雇用機会を創出する。
そしてクリントン時代のこのような支援について多くの話をする実際にはほとんど行われていなかった既存の貿易調整を手直しする。
経済的な問題は、補償は非常にコストがかかることがある。
一括払い税移転は実用的ではない。

必要な税金と使用された仕組み援助を分配することは難しい。
限界余剰分の40%を使用する課税の負担がある。
2013年は、中国からの移転額の増加トレードショックは、1人当たり$ 33の年間死重量損失をもたらした。
最近全体を数量化する興味深い練習を提示した税制上の優遇措置が適用される経済における報酬費用の転送計画は必然的に歪みがある。
彼ら貿易を開放するモデルを構築する不均衡に最も生産的な経済におけるエージェントは収入を不平等に悪化させる。

これに対処するために、所得税の漸進性が必要である。
その結果が労働供給路だ。
モデルを較正するIRS税を使用すると、米国からのデータが返される。
貿易措置からの貿易摩擦を暴露する。
慈善家の下での貿易からの利益への調整基準(分布中性スタン – ダード)および歪みによる損失再分配。がある

彼らのベースラインパラメータ - 「貿易に起因する可処分所得の増加不平等は米国の利益の約20%を侵食する貿易からの利益は約経由で再配分された場合は15%歪みのない手段である。
明示的にしない貿易政策。
彼らの貿易摩擦変数「アイスバーグ・コスト」の形をとり、輸入関税や量的制限は、政府の収入や家賃をつくる。