ポピュリズムと経済学グローバリゼーション7

資本に関連するブーム・アンド・バスト・サイクル流入は長い間開発に精通している国家。
世界的な金融危機の前に、そこにそのような問題は主に貧しい国の州。
高度な経済学-彼らの優れた機関と規制との間で、によって誘発された金融危機から隔離されると思われる金融グローバル化。
それはまったく判明しなかったそうだ。
米国では、過剰な住宅バブルリスクを取って、過度に活用している金融危機の原因となった残りの世界からの資本流入 ヨーロッパ人銀行は米国の資産担保証券の主要な購入者であった有価証券および新興市場の欲望「低リスク」投資の債権者は米国に燃料を供給したクレジットブーム レーンの言葉では、グローバリゼーションは、不十分な信用の規制などの歪み市場と銀行の拡大を可能にすることにより、能力に直面した可能性のある財務活動自主的な金融システムの限界。

ユーロ圏では、金融統合、より大きな役割を果たした。
1999年には、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどの国々に輸出され、加盟諸国全体の借入コストの影響があった。
この借り手が大量の経常勘定を実行できるようにする問題のある対外債務。
建設業およびその他の非掛け金途上国のセクターは貿易可能な活動の費用。
そのような信用ブームは最終的にはバストとなり、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、アイルランドは米国における危機の直後の事実。

財政的なグローバリゼーションが生まれたようだ国の中での不利なよく、部分的にはその発生率と影響に金融危機の深刻さ。
自由化のエピソードは、財務上のオープン・スタンダードの標準的な指標の変更は、(Chinn-Ito指数)と大規模な資本フロー。
統計的に有意で長期的な結果をもたらし、収入の労働シェアの持続的な低下とジニ係数の対応する増加所得格差とトップ1、5、および収入の10%を表す。
さらに、これらの副作用について不平等は、自由化は大きな増加を伴った資本フロー。
財政のグローバル化が下向きの取引を補完している収入の労働シェアに対する圧力。

金融グローバリゼーションがなぜ不平等、特に資本シェアは?そこ貿易理論のストルパー&サミュエルソンと類似していない国際巨大経済学の定理。
するある程度、金融グローバリゼーションは真の驚きだ。
しかし明らかな交渉に関連した説明があるかもしれない。
限り賃金は交渉によって部分的に決定されるため従業員と使用者の間で、外部各当事者のオプションは重要な役割を果たする。
資本モビリティは雇用主に信用できる脅威を与える:受け入れ賃金を下げるか、そうでなければ海外に移動する。

2017年は、労働分配率は移転の脅威に関連している海外生産。
潜在的な代理人として脅威、彼らは別の一時雇用の傾向を使用する産業。
彼らは資本勘定の効果を見出す労働者の株式に対する自由化は、特により高い自然解雇率を有するセクター。
2013年は外国人である特に関連する直接投資不平等が高まっている。
微分移動性は、分配的な質問をする。

1997は、資本移動度労働所得のボラティリティを高め、特に、経済ショックの労働の負担があった。
これも差動から続く、資本移動性そして金融危機。
国境を越えた労働と資本の移動性。
国境の中で詰まっている要因は、特有のショックにかかるコスト。
その後の証拠労働市場の結果の揮発度については、この推測と主に一致している。

最低のスキルと資格を持つ労働者は、 国境を越えて移動することができない典型的には、このリスクシフトによって最も影響を受ける。
もう一つのタイプのシフトは課税に関連している。
として資本はグローバルに移動し、より困難になる税金を払う。
政府はますます資金を調達しなければならない足踏みが少ないものに課税することによって、消費または労働させる。
実際、法人税率事実上すべての先進国で急激に下がっている1980年代後半以降の経済、時には半減以上。

一方、賃金に対する税負担(社会保障費など)は概ね残っている定数、および付加価値税(VAT)レートには一般に増加した。
20考えても間に合いないこれらの世界的な傾向はグローバリゼーションに関連している税金競争への影響体系的な経験的証拠があるこの仮説を支持する。
パネル1967〜1996年のOECD 14カ国の調査(2002)は、資本と貿易勘定の開放性は関連している効果的な法人税率に労働税に積極的に働く。
同様の結果が報告されているより最近の2007年までのデータ調査(2014)。
その研究を1981〜2001年の期間、見つけるその外国直接投資レベル(計装資本勘定制限の指標によって)資本の実効税率に対する下押し圧力、かなりの異質性があること国の特性(例えば、サイズ、密度、密度)。
平衡税の削減。資本勘定自由化が労働とトップ所得シェアに及ぼす影響(%)。