日本社会はオウムの凶悪犯罪から学ぶ必要がある

7月6日、東京・その他の拘置所で6人の元捕虜が処刑された。
東京地下鉄では多くの人々の命が奪われた東京都心の地下鉄で毒性の強いサリンの神経ガスが放出された、これまでにないテロ攻撃だった。
事件は社会に大きな影響を及ぼし、日本の戦後犯罪歴ではその独特の特徴が際立っている。
オウム真理教大量処刑の時期について疑問視された。

平成の終わりへの可能なつながり
オウム真理教創設者麻原、一度に処刑された6人の元信者
オウム真理教祭に関する主要イベントの年表
一般市民は、平成時代に起きたこの重大な事件から学んだ教訓に正面から向き合う必要がある。
オウム真理教は一連の凶悪犯罪を起こした - 反オウム真理教弁護士の坂本堤と彼の家族、地下鉄ガス処刑、長野県松本市のサリンガス襲撃、毒性のVXガス攻撃を殺害した。

犯行声明は、「私は日本の王になるだろう、真実に直面する人は殺さなければならない」と言っていた麻原彰晃によって支配された。
オウム真理教は皇室を標的にし、さらに日本を倒そうとした。
犯罪の詳細と、これらの事件のそれぞれに関与した者の詳細は、ある程度明らかになっている。
追随者たちがオウム真理教にどのように拘束され、オウム真理教の施設での生活を取り巻く状況も、犯罪に関与した宗教団体の裁判を通じて明らかにされた。
それでも、以前は市民として尊敬されていた多くの若者を巻き込んだこれらの犯罪がなぜ行われたのかは明らかではない。

これらの犯罪の根源は、元宗教指導者の麻原彰晃であり、その本名は松本千住氏である。
東京地方裁判所での裁判の初期段階で、麻原彰晃はその責任を追従者に置く声明を出した。
しかし、麻原彰晃は彼の裁判の後の段階で矛盾した陳述を繰り返すようになり、沈黙し、ついに彼自身に撤退した。
一連のオウム真理教犯罪は日本社会にとってどういう意味か?
この問題は、麻原彰晃が犯した犯罪について真実を伝えることなく処刑されたため、一般の人々にとって大きな意味を持っている。

小説家の村上春樹氏は、地下鉄のガス処刑事件について、地下鉄はアンダーグラウンドで、オウム真理教の論理とシステムを十分に検討し分析するだけでは不十分だと指摘した。
彼は、「オウム真理教信楽京を純粋に誰かの事件とみなし、双眼鏡を使って川の反対側から見て、それを異常で分かりにくいものと見なしても、私たちをどこにも導かない」と述べた。
1980年代後半から1990年代半ばにかけて、バブル崩壊の時からバースト時まで、人々の現実感が大幅に低下し、人々は神秘的なものに惹かれがちだった。
若者たちは、人間の救いを求めていたオウム真理教の指導者が示す価値観を十分に信じるために洗脳された。
多くの元オウム真理教フォロワーはこのような洗脳から解放されたが、明らかに多くの人がオウム真理教で何が起こったかについて黙っている。

オウム真理教の考え方は世界中で注目を集めている。
したがって、村上が「反対側」と呼ぶものとして、検討すべきことがたくさんある。
理化学研究所の教授は、3年前の毎日新聞とのインタビューで「現代社会は、オウム真理教事件が起きた時代に比べて成熟したとは言えない。
若者の中には現実世界をあきらめている人もいる。
私たちはまだ多くの課題に直面しており、基本的な質問に対する答えを見つけることは困難だ。

しかし、私たちは多様な意見を聞きながら前進するしかない。
7人の死刑囚の処刑は、様々な分野に大きな影響を与えるだろう。
オウム真理教は、アレフと光のサークルの3つのグループに分かれ、約1,650人の信者がいると言われている。
今年1月、政府は、無差別大量殺戮行為を行った組織の統制に関する法律に基づき、治安情勢庁の監督下でこれらの団体を引き続き配置することに決めた。
特に、公安当局は、アレフが依然として麻原彰晃に忠実であると信じている。

オウム真理教事件の再発を防ぐために何をすべきか?公安当局は、これらの団体に関する公衆の不安を防ぐために、これらの3つの組織の動きに細心の注意を払うべきである。
麻原彰晃を含む7人の囚人が同日に処刑されたのは驚きだった。
死刑執行を命じた法務大臣は、「被害者の痛みは人の想像を絶するものであり、問題をきわめて慎重に検討した上で発注した」と述べた。
世界で140カ国以上が死刑を廃止し、依然として死刑を執行している国は数を上回っている。
日本政府は、各国が自分の状況に応じてそのようなペナルティを維持するか廃止するかを決定すべきだという立場をとっている。
日本がどのようにして死刑制度に対応すべきかも疑問視されている。