ポピュリズムと経済学グローバリゼーション9

ラテンアメリカでは、対照的に、ポピュリズムは、翼の形。
いくつかの体系的な証拠人民民主党の支持動態について1960年代から世界中に広がっている。
ポピュリスト政党の総投票票数は少なくとも1人のポピュリスト党を持つ国々。
私は、左翼と右翼の人物の間を見張るヨーロッパとラテンアメリカの間にある。
(アメリカ2016年の大統領選挙は含まれていない)。

付録では、データソースと関係者/カバーしようとする。
飛び出したものは、シャープなコントラストヨーロッパのポピュリズムのパターンとラテンアメリカ。
ヨーロッパでは、ポピュリズムの台頭は非常に最近で迅速な – 5%以下なのは1980年代後半、20%以上なのは2011-2015。
さらに、この増加は、右翼のパーティーが積極的に参加した。
左派のポピュリスト投票総数は、各国の総選挙人の含まれている。

対照的に、左派ポピュリズムは、常にラテンアメリカで強く、投票で合計は15〜30パーセントだ。
それはまた持っている最近の、顕著ではないが、上昇を経験した。
右-翼のポピュリズムは非常に低い水準にとどまっているラテンアメリカ。
右翼の優位性を説明するもの今日のヨーロッパでのポピュリズムは、ラテン語の左翼変異体アメリカ。
この質問にいくつかの光を当てるためには、ポピュリズムの台頭を両方の製品として考える需要側と供給側の両方の要因が働いている。

需要側では、分散型およびその他世界的な経済危機により創出され、そのため、政治外に自分自身を位置づけている主流と反対の確立されたルールゲーム。
しかし、経済的不安、不満、喪失合法性、公平性の問題グローバリゼーションの副産物はめったに明らかではない解決策または政策の見通し。
彼らはする傾向があるちょっとしたことがあり、特定のプログラムによる方向性グループの意味と説明を質問。
それは政治の供給側であるポピュリズム運動は物語を提供する共通の政治動員に必要懸念。
彼らは、彼らの基盤、需要側に共鳴する。

ここにある何が起こっているのか、これが理由であり、これらはあなたにそれをやっている人たち。
社会には3つの異なるグループがあり、それはエリート、大多数、および少数派である。
エリート社会の残りから彼らの富。
少数派は特定のアイデンティティマーカー(人種、宗教、移民状態)。
したがって、2つの切断がある:国家/文化の裂け目と所得/社会的クラス分裂。

これらの切断は、直交または重複して、異なるパターンの同盟と政治的な結果。
いくつかの単純化をすると、政治家たちは搾取して支援を動員するまたはこれらの2つの切断のうちの他の切断。
の敵国民はそれぞれの場合で異なっている。
ポピュラーな人アイデンティティ切断の対象となる外国人またはこれは右派のポピュリズムを生み出す。
所得逓減目標を重視する人裕福な企業や大企業は、翼のポピュリズム。

相対的な容易さこれらの切断の一方または他方がターゲットとなるのは、有権者の一日の経験。
民族民族/民族集団に沿った動員が容易になる。
社会が経験している時の裂開異種の移民と難民の流入文化的、宗教的アイデンティティー。
その後、経済的不安は、これらに反対することがでくグループ。
移民と難民を提示することがでく職場での競争として、一般市民に求めるサービスを提供し、公共資源を削減するネイティブ。

確かに、遠く離れた場所への支援の主要な源は、ヨーロッパの権利者は、移民は福祉国家の利益、恐怖Sを経験している国では、地理と景気後退(例えば、ハットン、2016)。
右派の民衆主義政党は非常に敏感である同種の移民との競争を感知する彼らのケースでは公的住宅である。
この推論の重要な意味合いは、根底にあるショックが根底にあるときでさえ、経済的な政治的兆候は文化と芸術家。
何が人種差別主義者のように見えるか疎外性の反動は不安と転位。
供給側政治の - 物語は提供して - 重要な問題対処。

これはしばしば見過ごされる点だ現在の診断。
例えば、それは簡単ではないトランプの勝利が、ノーマルまたは文化的現象 – 需要と供給の両面を引きつける。
一方では苦情もある。
ラテンアメリカはどうか?
その理由はポピュリズムはラテンアメリカで異なる道をたどった顕著なショックグローバリゼーションに関連するさまざまな形そこ。

ネガティブな影響を受けたラテン系アメリカ人は、グローバリゼーションによって瞬く間に、ブリュッセル/フランクフルトの律法、ルール貿易開放、金融危機、IMFプログラム、そして敏感な国内の外国企業の参入鉱業や公益事業などの分野 怒り動員されることは、これらのそれを支えた国内のグループ。
これは貸し出された左翼(経済的)ポピュリズムに右翼(文化的)ポピュリズム。
右派ポピュリズムへのヨーロッパの例外この議論をさらに支持する。
二つ実質的な左翼を生み出した欧州諸国 図4ヨーロッパと中南米のポピュリズムのパターン。