性的サディストの恐怖 嗜好のために人を傷つける狂人

拷問された犠牲者から声明を受けた、または性的にサディスティックな殺人事件の犯行現場で働いた調査官は、その経験を決して忘れないだろう。
人間の残虐行為は多くの種類の犯罪で明らかになるが、性的サディストの犯罪よりも珍しいことはめったにない。
性的サディストと普通の残酷な犯罪は比べ物にならない、霞んで見える。
この記事では、性的サディズムのより一般的な遭遇した行動について説明し、性的サディズムと他の残酷な行為とを区別する。
また、性的にサディスティックな犯罪の共通の特徴を説明し、性的にサディスティックな犯罪者の犯罪に直面したときに従うべきであるという調査官の提案を提供する。

性的虐待とは何か?
性的サディズムは、他人の極度の痛み、苦痛または屈辱に対応して性的に興奮するパターンだ。
たとえ普通の人であっても、性的興奮は奇妙な時期に起こる可能性がある。
性的にサディスティックな犯罪者には、性的に喚起しているのは被害者の苦しみだ。
症状を説明するためにいくつかの他の用語が使用されており、状態は痛みを伴う他の状態と重複する可能性がある。

それは、普通のSM趣味のように同意する個人が性的興奮のために軽度または擬似的な痛みまたは屈辱を使用する状況とは異なる。
性的サディズム障害は、性的にサディスティックな妄想に作用する可能性を高める境界性人格障害または精神病の症状と組み合わせると、潜在的に危険であることが判明している。
最も重要な根本的な目的は、女性に苦しみを強いる苦痛を与えるこだ。
他の人に対する完全な支配は、性的にサディスティックな犯罪者の真髄だ。
性的サディズム障害は、米国精神医学会の現行バージョンの診断および統計マニュアル(DSM-5)で採用されている用語である。

それは、「妄想、衝動、行動によって示されるように、他人の身体的または心理的苦痛からの反復的かつ強烈な性的興奮」を指す。
それは、「異常行動選択」の 1つである性的倒錯(パラフィリア(paraphilias))の1つに分類される。
サドマゾヒズムは、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)の現行版に掲載されてる。
「束縛や苦痛や屈辱を伴う性行為に対する好み」を指し、サドマゾシズムをサディズムやマゾヒズムに分割するのは、個人がその提供者であるか受容者であるかによって異なる。
ICD-10は、普通のSMプレイのような軽度のサドマゾヒズムが「正常な性行為を増強するために一般的に使用される」とした。

つまりその性行為が性的満足感のために好まれるか、または必要とされる場合にのみ適用されると規定している。
性的サディストは、被害者に何かの薬の服薬を遵守させ、被害者に多大なる脅威を与える可能性があるん。
この症状は、典型的には、パラフィリアと記載され、研究を続けているが、現在のDSMまたはICDには現れない。
BDSMは、軽度な痛みまたは屈辱に擬似的に再現するプレイの一つでサブカルチャーを指す言葉の用語である。
性的サディストの犯罪者とは、同意しているのか無理矢理かの違いがある。

現在、DSMまたはICDシステムの診断可能な状態ではない。
彼が殺された犠牲者との彼の性的にサディスティックな活動のうち、別の犯罪者は次のように書いている。
「俺は女性に苦痛を与えるという行為を愛していた。
俺は今、レイプという性的行為と恐怖の高いパワーを組み合わせて、説明できないほどの総額を会館を作った。」
相手に痛みを引き起こし、性的満足感を抱くことが唯一の目的だ。

俺はセックスと同じくらい苦痛を与えることを好いていた」
それぞれの犯罪者は、それが被害者の苦しみであることを確認し、身体的または心理的痛みを引き起こさせ、性的に興奮することを目的としている。
実際に、これらの男性の一人は、気絶した犠牲者を叩き起こし、苦しみを味わうことができるようにした。
痛みを訴えることは、苦しみを作り、服従、服従、屈辱、恐怖、恐怖の望ましい反応を引き出す手段だ。

物理的および心理的苦しみ
調査中に明らかにされた特定の所見は、犯行に性的なサディズムが関係するかどうかを判断する。
重大な問題は、犠牲者が苦しんでいるかどうか、苦しみが意図的に誘発されているかどうか、苦しんでいる人を見てが犯罪者が性的に興奮しているかどうかだ。
ただし、苦しんだ、または死んだ犠牲者にを犯罪者が犯したとしてもそれだけでは必ずしも性的サディズムの証拠にはならない。
この理由のために、死後の傷害だけでは性的なサディズムは示されない。
レイプ犯は被害者に苦しみを引き起こすが、これは女性とセックスしたいというだけであり、被害者が苦しんでいるかは関係ない。

性的サディストだけが故意に苦しみを与えて、肉体的であれ心理的であれ、犠牲者を苦しめる。
犯罪者の虐待の重症度や犠牲者の苦しみの程度は性的なサディズムの証拠にはならない。
被害者に極度の残虐行為または大きな苦しみを引き起こす行為は、性的暴力の間でさえも、非性的な目的のためにしばしば行われる。
性的狂人の行動は、他の性的逸脱者の行動と同様に、広範囲に及ぶ。
性的サディストが犯罪を犯すときだけ、その妄想は法執行に関連するようになる。

性的なサディズムは、DSM-IIIで使用されていた用語であり、この状態をパラフィリアとして分類している。
DSM-IIIは、「擬似束縛のようなパラフィリアの画像は遊び心があり、無害であり、相互に同意するパートナーと行動する可能性がある」と指摘しました。
さらに極端な形で、パラフィリックなイメージは非協調的なパートナーと行動し、相手に有害で有害である」。
DSM-IIIでは、以下の場合に性的サディズムが診断される可能性があるとしている。

・その人は無意識のうちにパートナーに苦しみ与えることを繰り返し、意図的に性的興奮を経験する
・反復的または排他的に、性的パートナーに模擬的または軽度の苦痛を与える
・性的興奮を達成するために広範な、永久的な、または致命的な苦痛を他人に与える。
サディズムは、DSM-IIによって採用された用語でした。
このマニュアルでは、性的逸脱として分類され、「性的関心が主として奇妙な状況下で行われる変態的な性行為を指向する」を記述するために使用された。

「パラフィリア」という用語はDSM-IIには存在せず、診断はDSM-IIIまで特定の基準をもたなかった。
性的サディズムは、性的偏差の一つとして、DSM-Iに記載された語句であった、しかし(また、他の性的逸脱のいずれか)も、特定の標識または診断基準を受けた。
DSM-IIにはパラフィリアという用語はなく、診断はDSM-IIIまで特定の基準を持っていなかった。
性的サディスト人格障害は、実際には性的関心を指しておらず、代わりに暴力や犯罪の歴史(性犯罪を含むがこれに限定されない)に関連している。

サディスティックな妄想
すべての性行為や性犯罪は妄想で始まる。
しかし、通常の性的妄想とは対照的に、性的サディストは、苦しみを引き出すための手段として、支配、制御、屈辱、痛み、傷害、暴力、またはこれらのテーマの組み合わせを中心としている。
性的なサディストの妄想が変わると、暴力の程度も変わる。
犯罪者の個人的記録から識別される妄想は、複雑で精巧であり、特定の捕獲方法と制御方法、場所、犠牲者が従うべき望ましい犠牲者応答を含む詳細なシナリオを伴う。

多くの場合、複数の犠牲者が関与し、時にはパートナーが含まれていることもある。
事件:20人以上の女性と少女を誘拐し、拷問し、殺したと考えられている1人の犯罪者は、女性を殺す性的にサディスティックな空想について広範に書いている。
これらの執筆には、犠牲者の逮捕、苦痛、吊り上げによる死亡の記述が含まれていました。
逮捕された時点で、女性の服装と自閉症の仮死に参加した人物を描いた写真が見つかった。
犯行者は明らかに彼自身と他の人の両方の想像を振り払った。

やはりこのような性的サディストは一般人とは考えることがかけ離れていて極めて危険である。
とんでもない殺戮や拷問をすることばかりが頭の中にあり、波亭々の犯罪者では太刀打ち出来ないほどの強靭なのだ。
彼らには、サイコパス的な部分もあり、被害者の辛さ、苦しさ、痛みなどはまるでわからないのだろう。

性的サディズム障害で被害者の遵守に害を与え続け、時には被害者を殺すほどエスカレートし、体の切除まで行う。
犯罪調査では、性的奴隷にするケースは77%、肛門暴力は73%、鈍的外傷は60%、膣姦は57%、異物による被害が40%であった。
また、40%の確率でで、犯人は被害者の私物を奪う。
性格検査では、法執行機関に逮捕されたサディスティックな強姦犯は、衝動性、過多性、虚弱性、精神病性の上昇した特性を示している。

軽度(普通のSM)から中程度
(親愛的な強迫性障害)から重症
(性的サディズム障害)までの重症度の連続があるように見えるが、それらが真に関連しているのか、表面的にしか見えないのかははっきりしていない。
性的サディズム障害がどのように発症するかについてはほとんど知られていない。
性的サディズム障害と診断された人々のほとんどは、性的欲求のために犯罪行為をする。

調査はまた、合意の上の穏やかなSMプレイにしか関心のない人々を含めて実施されている。
性的サディズムが完全に発達している人のほとんどは男性であるが、普通のBDSMに興味のある人の性別は男性と女性の2:1に近い。
性的なサディズム障害を有する人々は、他の親愛的な性的関心を有する可能性が高い。
記号に向かってのサディズム
人間以外に人形、絵、衣類に対してサディスティックな欲求を実行することがあり、時には死体もある。

症例:女性をかたどった人形が病院の救急室の外にぶら下がっていた。
その首の周りには絞めた跡があり、その手はその背中で縛られていた。
針が1つの目と1つの耳に刺さった。
人形には焼跡があり、口からは綿が突出していた。
人形の胸に縫い目がある。

脚を切開され、髪を糊付けし、鼻孔に鉛筆を挿入した。
性的なサディストは動物に対して残酷であると一般的に信じられているが、そのような残虐性は性的サディズムに関連するとは判断されていない。
動物には残酷な人には性的興奮はなかった。
動物に対する残酷な行為は、非性的なサディスティックな動機を反映しているかもしれないし、宗教的儀式や妄想的信念によって要求される犠牲かもしれない。
そうではなく、本当に動物の苦しみによって性的に興奮している人は、おそらく性的サディストと動物性愛の両方を併せ持っているのだろう。

同意または有料パートナー
性的サディストは、自分の行為に同意しているを求めている人もいる。
例えばサディスティックな要求のためにお金を払ってパートーナーを求める人もいる。

準拠した被害者
いくつかの性的なサディストは準拠した犠牲者、すなわち自発的に自分と長時間付き合ってくれるマゾヒストを育成する。
これらの犠牲者は、通常の恋愛として始まり、その後、数カ月または数年間にわたり極端な感情的、身体的、性的虐待を受けた妻またはガールフレンドである。
事例:30代の女性の1人は、付き合っていた男性に18カ月間にわたって感情的、身体的、性的虐待的な関係に強制されていたと通報した。
最初は、彼女は彼が今までに知っていた男よりも、最も愛情豊かで気遣いのできる男であるとおもい、彼女は深く恋に落ちた。

男性はコカインを過去に時折使用していた彼女に、性交渉を強化するためにコカインを使用するという提案を出した。
結局、彼女は中毒になった。
一緒に6ヶ月後、彼は性的に彼女を虐待し始めた。
この虐待には、強制的なアナルセックス、鞭打ち、痛みを伴う性的拘束、他の男性によるレイプ、および大きな異物をの直腸へ挿入することが含まれていた。
この虐待的な行動は、彼女が警察に最初の苦情を言い渡す前の1年間続いた。

これらの訴訟は、告訴人が虐待に「同意した」ように見える。
多くの犯罪は、意図的な身体的および心理的苦痛の伴う。
性的サディズムは、そのような犯罪のいくつかの動機の一つに過ぎない。
研究者は性的にサディスティックであるように見えるが、研究者がサディストなのではない。

サディスティックな人格障害
この状態の人は、通常、社会的および職場的な状況において、ほとんどの場合部下に向かって、残酷で卑劣で積極的な行動を示す。
彼らは対人関係における優位性を確立し、他者に対する敬意または共感の欠如する傾向がある。
そのような人は、しばしば暴力に魅了され、侮辱し、他人を恐怖に陥らせ、肉体的または心理的虐待を楽しむ。
事例:女性は自分の夫から、暴言、家族との関係のコントロール、威嚇、飲酒時の暴力のために離婚した。

彼女が去ったことに腹を立て、彼は所有物を分けるという口実のもとに彼女をアパートに連れ戻した。
彼はベッドの上に彼女を結びつけようとし、その隣には様々な拷問器具が配されていた。
その後、彼は繰り返し彼女を刺し殺す計画を彼女に言った。
彼はその行為が警察にバレ、逮捕された。
夫は性的暴力や差別歴がなく、また精神医学的検査中に性的サディズムの証拠を示さなかった。

彼は性的覚醒を否定した。
彼は妻にしかこのような傾向しか示さなかった可能性はあるが、性的サディストのパターンを示す証拠がないことは、この診断は中止された。
サディストよって行われた、または想像されたサディスティックな行為は、しばしば、他者の性的または心理的支配に対する欲求を反映している。
これらの行為は、身体的に有害ではない行動(例えば、顔に排尿されるなど)、犯罪行為および潜在的に致命的な行為にまで及ぶ。
他人に屈辱を与えることが目的である。

支配の行為には、手錠、かご、鎖、ロープを使用してパートナーを拘束または拘禁することが含まれる。
性的サディズムに関連するその他の行為や妄想には、スパンキング、鞭打ち、燃焼、電気ショック、噛みつき、排せつ、強姦、殺人等がある。
極端な場合、性的サディズムは他の人にとって重大な傷害または死亡につながる可能性がある。
DSMに よると、これらの致命的な結果は、パラフィリアが重度と診断されたとき、反射的社会的人格障害に関連する可能性が高い、精神病性症状を含むことがある人格障害である。

犯罪中の虐待
多くの犯罪には残酷な要素が含まれているが、その行為は必ずしも性的にサディスティックではない。
被害者を殺すというのは、金銭欲、恨みを晴らすための復讐、宗教、政治、戦争など様々な動機があり、性的興奮はその一つにすぎない。
事例:最近、州の刑務所から逃亡した2人の男性が、若いカップルを捕獲し、隔離された地域に連れて行った。
女性を繰り返しレイプした後、彼らはひどく夫婦を殴り、車のトランクに閉じ込めた。

彼らは車を燃やして、カップルを燃え尽きさせて死に至らせた。
これらの男性は故意に犠牲者の身体的、心理的苦痛を与えたが、性的興奮のためにそうした兆候はなかった。
彼らは強姦の後に夫婦を殴って、犠牲者たちが助けを求め叫んでいる間に逃げた。
もし彼が性的なサディストなら、犠牲者の苦しみによって性的に刺激され、苦しみが終わるまで現場に残っていただろう。

病理学的グループ行動
残虐行為は、たとえ個人が虐待の歴史を持たない場合でも、突然発生することがある。
症例:青年のグループが、彼女の近所を歩いて6人の母親をを殴って、彼女の直腸に繰り返し長い棒を挿入し、小屋に彼女を引きずこみ、殺した。
彼には前科はなかった。
おそらく、この攻撃の参加者は、残虐行為を強化することによって他の人たちに自分自身を証明しようとしたのだろう。

残酷事件史
歴史は恐怖の治世に満ちている。
中世の十字軍における敗北した人口のレイプと略奪、植民地アメリカでのセイラム魔女裁判を考えてみよう。
残虐行為の最も悪名高いこの二つは、何百万人もの人々がナチスの犠牲者になった20世紀に発生した。
事例:ブーヘンヴァルト(Buchenwald)強制収容所を率いたコーク(Koch)司令官は、木箱に隠れ逃げようとした男を罰した。

彼はそれから、動きを封じられた。
彼の悲鳴が人間に聞こえなくなるまで、2日間、食事なしで一般公開された。
おそらく、性的サディストはそのような行為を行うためにボランティアを行ったが、このような虐待行為の普及は政治的、人種差別的な動機づけだった。

残酷な復讐
残虐行為は、復讐のために行われることもある。
現実の事例以外にも、妄想による復讐も存在する。
症例:医師はショーガールと結婚したが彼女が浮気をしているであると思い込むようになった。
しかしこれを実証する証拠はない。

結局のところ、彼の強迫観念は理性を吹き飛ばし、彼女をテーブルにぶつけた後、体と顔に硫酸を注いだ。
彼女は84日間の苦しんだ。
彼の行為は性的に満足感を与えるようことはなかった。
尋問中の拷問は正規を傷つけられることがあり、性的にサディスティックなものと誤って解釈されることがある。
事例:政府機関員が別の国に拘束された。

拘束された数ヶ月の間、彼は身体のあらゆる部分、さらには性器まで、クラブでの殴打や電気ショックを含む物理的な拷問を受け続けた。
性的興奮を高めるためではなく、その国での政府の活動に関する情報を入手するために拷問した。
死後の犠牲者の意図的な切断は、すべてが性的サディズムに起因するわけではない。
これらのケースの大半は、犯罪者が被害者を迅速に殺し、苦痛を長くすることはしない。
これは性的なサディストの行動とは全く対照的だ。

事件:父親が娘を殺した。
彼女の死体を処分しようとした。
彼は死体を解体するためにフードプロセッサーを買った。
冷蔵庫に残っている死体を見つけた。
娘は父の慢性の精神疾患によって引き起こされた破壊衝動のために殺された。
彼の行動は、娘が苦しむのを見て性的満足をもたらすことはなかった。