帝国主義は終わっていない

小さな弱い国は、国際法の影響を受けるかもしれない。
強力な国家は恐れることはない。

人権に関心を持つ人は誰でも判決を歓迎すべきだが、 イラクに対する違法な戦争を開始するための法的な結果を誰も直面していないことがわかる。
これは、「侵略犯罪」の定義に適合し、「最高の国際犯罪」と呼ばれている。
公平な体制でジョージ・ブッシュ、トニー・ブレアそしてその同僚たちが調査されなければならなかった費用は、テイラーが有罪判決を受けた人よりもはるかに重大である。

現代帝国主義の最大の例の1つは米国である。
米国は、大規模な協力や銀行の利益を促進するために、富と権力に対して経済的、文化的、軍事的な影響を利用している。
例えば、一部の銀行は、経済成長と発展を促進すると主張する他の国々に不当な貸付を行うが、これらの第3世界諸国は負債となり、支払われず脆弱になる。
これは特に中南米、アフリカでは有名である。
これらの第3世界諸国は、その後、天然資源、時には土地自体も取り除かれる。
これらの種類の政策は、帝国主義の中核であり、経済、軍国主義、または文化の影響を利用して郡を本質的に帝国に引き継ぐまたは同化させる。
米国には70カ国以上に約800の軍事拠点がある。

イラク戦争は、アメリカ帝国主義のモデルを提示している。
ブッシュ政権は、征服の行動を和らげるために、「自由」と呼ばれる無形の贈り物を提供している。
ブッシュ大統領は、「この戦争は征服ではなく、救うためにある」と述べた。
植民地主義の定義の1つである「発見のシナリオ」は、他のイラク人の文明との関係において提示されている。
植民地化と同時にもたらされた近代化は、歴史的に肯定的な結果として評価されてきた。

現在、ロシアの支配下にある日本の北方領土も現代帝国主義に当てはまるだろう。
中国とチベット・ウィグルなどもそうだ。

ウィリアム・ハーグ外務次官は、「最も深刻な犯罪を犯した者が、自分たちの行動を説明することができ、またその責任を負うことが示されている」と主張している。
しかし、国際刑事裁判所は、10年前に設立されたが、侵略罪は1945年以来国際法で認められているが、依然として「最も深刻な犯罪」に対する管轄はない。
これは、明らかな理由から、強力な国が昔のように強いままになっているからである。
また、英国、米国などの西側諸国は、侵略犯罪を自国の法律に組み入れていない。
国際法は、依然として臣下の犯罪だけが処罰される帝国プロジェクトである。

この点で、それは他の世界的な力に対応する。
その大胆な改革にもかかわらず、 国際通貨基金は米国の支配下にある。
すべての憲法問題は依然として投票の85%のシェアを必要とする。
不可解な見落としによって、米国は16.7%を維持し、その後の改革に対する拒否権を確保している。
バングラデシュ、イタリアはインドよりも8倍、イギリスとフランスは49人のアフリカ人よりも投票力が強い。

その結果、IMFは依然として欧米の金融市場が世界の他の国々に彼らの権力を投じる手段である。
例えば、昨年末、新興経済国に「金融深度」を増やすよう要請した論文を発表した。
これは「経済全体の財政主張と反訴」と定義されている。
これは、彼らが危機からそれらを絶縁すると主張した。
ブレトンウッズ・プロジェクトが指摘しているように、大規模な実体経済と小規模な金融セクターを持つ新興国は、大規模な金融セクターを持つ先進経済によって引き起こされた経済危機を最も良く克服した国であった。
アジア諸国に通貨自由化を強制し、西側の金融投機家に攻撃させた1980年代と1990年代には、IMFは財務力の手段として理解されるまでわからない。

IMFや世界銀行のように、ほとんど変化はない。
特別な演出のプログラムのような他のものは、世界的覇権に対する新たな課題に対応して進化した。

英国の外国人および情報機関は、他の国の事態を引き合いにして、彼ら自身をグローバル警察として見ている。