新しいタイプの経済政策4

家族とのタイムシェアリングは、道徳感覚の復活につながるかもしれない。
私も日本にいるとき、私はよく分からない事務業務で、人生が疲れによって生まれない環境にいるような気がする。
私がイギリスに来て地元の人々が会社の有意義な時間を使うのを見て、私はそれが将来の違いかもしれないと感じた。
労働者の休暇を与え度量が、日本では大切かもしれない。
品物があふれる日本人に、将来有望な成長分野は「サービス」だ。

旅行等の娯楽業界、教育業界、労働代行等は、今後も需要が拡大する産業である。
サービスを利用するには時間がかかる。
消費者に時間を返すという方針は効果的だと思われる。
休日を愛するヨーロッパ人とは違って、組合の力で時短を手に入れたのだが、日本の場合、休日も会社から与えられ、ほとんどの給与労働者が休暇を完全に使えない現状は、この政策の限界を示すものである。
私たちは新しい人間だと言われているが、1年に10日かそれ以上の休暇を取るかどうかであり、サービス残業は一般的になっている。

この風習が修正されない限り不可能であることは認められる。
日本経済を活性化させるためにいくつかのビズが置かれていたが、おそらく、アメリカのある教授が主張する「調整インフレ理論」と、いくつかのコメンテーターが主張している「量的金融緩和理論」でが一番の奇手だろう。
彼らの議論は同じではない。
調整インフレ理論は、実質金利を引き下げるようにインフレを促し、債務者の負担を軽減して日本の不履行ローンを解消しようとしており、インフレをもたらす手段として、資金の供給が増加している。
一方、「金融政策の量的緩和理論」は、名目金利(実質金利)をマネーサプライの増加に引き下げると、現在問題となっているクレジットクランチによる流動性の不足を補うことを意図しており、インフレが起こることもある。

それらの目的と因果関係を確立する方法は若干異なるが、予想到着地点は似ているので、私はそれらをすべて一緒に強く議論すると思う。
現在、「流動性の罠」と呼ばれる市場機能は効果的に機能しておらず、それは、新古典派経済学で言及されるように市場に残すことで大乗うな状況ではないと思っていることが彼らに共通する。
金利や物価のインフレ実体経済と異なる部分で政策効果が異なることが予想される。
彼らの政策は市場介入主義の方針に近いと言える。
一般に「ケインジアン」と言う。

ケインズの代表的な政策の1つは、「道路の穴を掘り、それをもう一度埋める」ことだ。
景気後退の中で、政府は財政赤字であっても民間部門の代わりに需要を創出しており、あなたは人を雇うべきだ。
極端極まりない例であり、道を掘ってもう一度埋めるのは、穴を掘る前と同じだ。
お金を投げ、労働力を産んだ結果、何も起こらない。
政府はこれよりも意味がある制作を考え、公共投資の結果、将来の生産に良い効果をもたらすものを目指しているが、また誰も渡らない農道や橋を建てているので、上記の道路の例との違いはない。

道を掘る前に、その金を労働者に無料で配っても違いはない。
次に、「ヘリコプターマネー」と考えた。
都市の上の空のヘリコプターから紙幣を散らし、それを消費に使ってみよう。
減税のための人々の可処分所得の増加はお金の普及に近く、都市そのものの通貨量を増やす。
日本銀行が着実に紙幣を印刷し人に渡すのは、それは「量的緩和理論」である。

物事の需要を変えるのではなく、金銭の量をコントロールすることによって、景気刺激効果を目指す。
その経済的効果は不明である。
「実質的な量的緩和」が成功し、名目金利が下落した場合(「インフレ率調整理論」の結果、インフレ率が上昇した)、実質金利が低下すると、企業による投資に対する熱意が高まるかもしれない。
その意味では、この政策は無意味ではない。
政策がわかりやすく意図しているインフレは、今後も様々な課題につながる可能性が高い。

インフレによる所得移転効果の予想外の発生は、人々の理解に現在の問題を引き起こした党の徳政令をすることであり、道徳的な問題もあるかもしれない。
一度発生したインフレが制御可能であるかどうかは疑問だ。
現在、ヘリコプターマネーは現実的には効果がないと考えられている。
今のデフレ環境下では、インフレを望んでもそれは発生せず、金額が増えてお金の調達費用が安くなっても、貸すべきではない場所にお金を貸してくれないと思う。
注意が大切なのは、金額の増加は間違いなくインフレに繋がり、現在のデフレ状況は、永続的なものではない。

現在の景気後退が無期限に続く場合でも、円の下落はデフレ環境を変化させる。
弱い国はデフレとは関係がない。
通貨を経済の血ならば、血管のどこかに停滞しており、血液は体内に適切に循環していないようだ。
 その時に必須なのは、
停滞をなくすことで、体外から血液を強制的に流してはいけない。

停滞状態で高圧の血液が加えられると、心臓への負担が増え、血が細い動脈から出血し、弱い動脈が出血する。
どの政策が効果的になるか。
試すまでこれを伝えることはできない。
経済理論には、人々の感情とは相容れないものがある。
あらゆる美しい経済理論は効果的でない限り有用ではなく、どのような不合理な政策が効果的であっても、それは評価されるだろう。

レーガノミクスも最初はばかげていたが、彼らは今、米国の基盤を構築したとされる。
レーガノミクスを今成功できるかどうかは保証されていない。
将来、軽い財政負担を持つことは良いが、景気が回復しない限り、財政再建の選択肢はない。
市民の行動は、経済理論の枠組みの外で変化することを忘れたしまった政治家や経済学者がいる。