萩野裕 塾に通う女の子の堀本紗也乃をを殺した講師

2005年には、堀本紗也乃 (1993 - 2005年12月10日)は塾講師の萩野裕(1982年生まれ)によって殺害された。
小学校6年生の12歳は、京都府宇治の塾の先生で、同志社大学の学生で、23歳の萩野さんに不快感を与えた。
紗也乃は講師について彼女の両親に戸惑うようになった時、彼女の両親に苦情を言いた。
2005年12月10日、萩野は他の学生を外に出した。
その後、警備カメラを外し、堀本紗也乃を刺し殺した。

萩野裕は、殺人前に男を傷つけたとして有罪判決を受けた。
彼は2003年の秋に精神病院に行きたが、その後、抗うつ剤フルボキサミンを服用すると、彼はさらに悪化した。
彼の犯行は、木下あいりの殺人事件が日本で恐慌を起こしたために起こったことから、日本人には子供殺人者がいると言われた。萩野容疑者は、2007年3月6日に犯行罪で18年の懲役刑を受けた。検察は罰金を求めると訴えた。
しかし、大阪高等裁判所は原罪を取り消し、2009年3月24日に15年の懲役刑を宣告した。
京都府宇治市の学校で、2005年に12歳の女子学生を致命傷で逮捕したことを受けて、18歳の懲役刑が科せられた。

衝撃的な事件は、教室の安全性と教員雇用のベースラインを見直すために塾の業界を導いた。
萩野裕(24)は、2005年12月10日の京都地裁で、塾の授業で、堀本紗也乃さんの身体の首やその他の部分に刺した。
「犯罪の残虐行為は、特に説明がつかない。
安全な環境と考えられるべきものだからだ。
学校の学生や先生、氷室真司裁判長が言った。」

氷室氏は、萩野容疑者が犯行時に精神的に悪かったとの裁判所の証言を却下し、裁判所が計画していたと主張している。
被告は、使用されているナイフを準備し、ビデオモニターでプラグを引っ張って、他の学生や教師に中断されないようにした、と裁判官は述べた。
しかし裁判所は、萩野が終身刑を受けるという検察の要求を受け入れなかった。
裁判官はまた、萩野は警察に緊急通報をして降伏したと指摘した。
被害者の父、堀本常彦さん(43)は記者会見で、「判決は軽すぎる」と語った。

被告が有罪判決を言い渡した後、彼の精神的な能力は裁判中に大きな問題になったが、精神医学的検査によって彼がクリアされた。
萩野容疑者は、裁判で、2005年5月に犠牲者の両親から告発された彼の教えについて不満を訴えていると裁判所に語った。
彼は、このエピソードが、女の子が短剣で彼を攻撃したことを幻覚するように導いたと主張した。
裁判所は、殺害後に解雇された氷室は現実から錯覚を分離する能力があると判断した。

教師は殺害の女の子を認め、謝罪する
読売新聞

23日午前、京都裁判所で裁判の聴聞会を行い、12歳の小学生が12歳の小学生を刺したと発表した。
同志社大学の学生でもあった萩野裕は、犯行を後悔したと語った。
「私は子供の貴重な人生を奪った少女と両親に謝罪したい」と彼は語った。
「私は残りの人生を犯罪のために償いる。」
萩野の弁護士は、幻覚や妄想などの精神障害に苦しんでおり、事件当時は間違っているとは言えないと主張した。

弁護士は、萩野が精神科検査を受けることを早期に次の聴聞会で要請する可能性が高い。
萩野容疑者は銃器捜査法違反容疑で逮捕された。
萩野さんは、京都府宇治市の新美小学校6年生の堀本紗弥野さんを12月10日午前9時ごろ九州共同教室で首やその他の身体に刺した市の宇治新梅塾。
聴聞会では、萩野さんは最初に座った少女に背後から接近し、ハンマーで殴ったが、失敗したと語った。
彼はその後、10倍以上のナイフで首、頭、顔に彼女を刺した。

萩野は彼女を床に押し付け、首に少なくとも3回以上刺した。
検察は、萩野容疑者が昨年5月、堀本容疑者と相談した際に、
検察は、萩野容疑者は堀本に対し、彼女が無礼だと思って憎しみを隠そうとしていると主張している。
検察は、萩野容疑者が12月1日に学生実習のためのオブザーバーとして追放された後、殺人の意思を表明したとも述べた。
萩野はナイフとハンマーをタオルで包み込むことで犯行を計画した彼は検察によると、それらを袋に入れた。

萩野容疑者は昨年12月3日、六年生の審査の日に犯行を計画していたと伝えられている。
前日に2本のナイフを購入したが、堀本氏はすでに検査を受けていたため、その日に犯行をしなかった。
しかし、萩野容疑者の弁護士は、精神科治療を受け、犯罪を犯す前に抗うつ薬を服用していると主張した 。
弁護士は、萩野さんは娘が剣で攻撃して体を乗っ取ったと幻覚しているとも言った。
萩野は殺人事件の詳細な計画を立案したが、現場から脱出して証拠を破壊する方法は決して考えなかったという。

聴聞会後の記者会見で、萩野 は幻覚を止め たが、事件当時の精神状態の変化に苦しんでおり、精神科検査が必要だと述べた 。
日本の教師が刺すBBC.co.uk

2005年12月10日
先生は日本で逮捕され、女子学生を刺して死刑を宣告された。
堀本紗也乃(12)は、土曜日に教室で殺害され、この3週間で日本で殺害された3番目の子供になった。
日本の司法長官は、殺害の連鎖反応を警告している。
日本では重大な犯罪はまれであるが、最近の子供の殺人事件で両親は学校での安全保障を要求するようになったという。

BBCのジョナサン・ヘッド報道官は、殺人事件の衝撃的で不可解な性質が、多くの日本人に、国の道徳的な気風に何か問題があるかどうか尋ねるよう促した。
最近の殺害
京都府宇治市の私立校の萩野裕(23)は、女子生徒を殺した疑いで逮捕されたという。
警察の広報担当者によると、容疑者は口頭で訴訟を起こした後、学生を刺したという。
地元メディアは、容疑者は少女が彼を嘲笑したと警察に話していたと語った。

警察は、教室の監視カメラシステムは、攻撃の前に無効にされており、これは台所ナイフで行われていると語った。
最近の無関係の2件の事件では、7歳の子供の体が詰まって駐車場の箱の中にテープで縛られて発見された。
同じ年齢の別の子供の体も発見され、刺されて森に残された。
ペルーの男が最初の殺害で逮捕された。

セキュリティ対策
「これは本当に悲しい」と、杉浦幸憲法務大臣は、最新の殺人事件で、共同通信に語った。
「連鎖反応を防止する必要があり、慎重に調査し、取ることができるステップを考えたい」と述べた。
私たちの特派員によると、閣僚の警告は、子供を巻き込んだ暴力犯罪が日本で増加しているという証拠がなく、最新の3人の殺人事件の間のリンクもないので、不必要に警戒主義者であると思われる。
しかし、両親は長年の歩みでより多くの子供たちを学校に連れて行き、安全を守るよう求めている。
グローバルポジショニング送信機を備えた学校制服が販売されており、一部の学校では、保護者が安全に到着したことを親に知らせるセンサーがゲートに取り付けられている。