長谷川俊彦 保険金目当てに原田の弟を事故を装い殺した

2001年12月27日
司法省の関係筋によると、80年代半ば以降、死刑囚の殺人犯が処刑された。
木曜日の死刑執行は、最後の死刑判決が行われてから13ヶ月の期間終了した。
小泉純一郎首相が4月に就任して以来初めての処刑となった。
長谷川俊彦死刑囚(51)は、友人と知り合って、知り合った3人の男性の生命保険契約を解除した。

1979年11月から1983年12月まで、彼は3人の男性を殺し、自分たちが出した政策について大規模な支払いを請求した。
長谷川拘留所で長谷川容疑者が処刑された。
犠牲者の親は処刑のポイントを質問する

2009年1月
彼の体が棺の中に横たわっているので、彼は彼の苦しい死の跡を持たなかった。
代わりに、彼は微妙な笑みを浮かべていた。
長谷川俊彦容疑者の死刑執行は、2001年12月27日に51歳のときに行われた。
2日後、名古屋のある教会で葬儀が行われた。

原田正治を含む約70人が葬儀に出席した。
1983年1月、長谷川と共犯者によって30歳になった原田正治の弟の明男は、殺された。
共犯者はトラックドライバーとして長谷川に雇われた。
長谷川氏、秋尾容疑者の生命保険を奪取し、2人の共犯者と共謀して死刑を執行した。
長谷川俊彦と共犯者の一人も、2人の他の人を殺した。

原田さんは、地方裁判所の聴聞会で、長谷川容疑者が「死刑以外のいかなる罰も決してできないと考えている」と述べた。
長谷川俊彦が地裁に刑を宣告された後、原田さんは謝罪の書簡を書くようになった。
しかし、原田さんは未開封のまま手紙を投げ捨てるだろう。
一度だけ彼は手紙の一つを展開した。
悲劇の彼の苦悩が衰え、彼は長谷川に返信することにした。

「長い間あなたに返信してくれないのは残念だ」と原田さんは書いている。
長谷川からの手紙の数が増え、「贖いの気持ちを表現するために」描いた宗教科目の図がいくつか入っていた。
原田さんは判決が確定する直前の1993年の夏、拘留所を訪問した。
彼が面接室に入った瞬間まで、原田さんは長谷川の気質を失うかもしれないと感じた。
「私に会うためにここに来るように、あなたがとても親切であることは信じられないほどうれしい!死刑囚は原田さんに言いた。
長谷川は感謝の気持ちでいっぱいった。

原田さんは怒りが減っているのを見つけた。
長谷川に対する死刑判決が確定した後も、原田さんは拘留所を特別許可証で3回訪問し、拘留所を確認した。
原田さんは長谷川の言葉を引用しながら、「私はここから出て行かなくてはならない。
あなたのお母さんにマッサージをしてもらいたい。
原田さんは、この訪問の際に長谷川の言葉を聞いて、本当に悔い改めていたことに気づき、関与した殺人事件の犠牲者の遺族について深く気遣った。

「私は彼を許すつもりはなかったけれど、彼は生きて、彼の心を尽くして彼の贖いを伝え続けたいと思っていた」と原田さんは語った。
彼の処刑から価値のあるものは得られないと気付くようになったので、私の心は変わった」
原田さんは、100本以上の手紙といくつかの図面を長谷川のボールペンで作書いている。
原田さんは、2007年に犯罪被害者と犯罪被害者の対話を促進する組織を設立した。
一度、死刑判決を受けた長谷川は、彼の心の底から犠牲者に謝罪するようアドバイスした。

死刑が贖罪と等しくない-原田正治
長谷川俊彦が1983年に保険金のために弟を殺して処刑されてからすでに3年が経過している.20年以上前に殺人事件が起きたが、
4月には、犯罪被害者の権利と利益を守るための基本法が施行された。
私が耐えた苦痛と苦悩を振り返ってみると、私はこの法律の制定が確実な一歩前進だと信じている。
しかし、改正刑法と刑事訴訟法に関連して、犯罪者に対してより厳しい刑罰を課す措置を組み込んだ基本法が制定されたことは憂慮される。

司法省によると、旧法は「犯罪被害者の認識に同意しなかった」ため、改正が行われた。
しかし、私はより厳しい処罰を強いることに強く反対している。
犯罪に家族を失った人として、長谷川の死刑判決を延期することを繰り返し嘆願した。
個人的に2001年に法務大臣に会い、書面による請願書を提出した。
それでも、その年の終わりに執行が進みた。

意見や感情は完全に無視された。
同じ官庁の職員が、「被害者の気持ちを考慮して、より厳しい処罰をするようになっている」と不合理だ。
殺人の時、長谷川は私の兄の雇い主だった。
最初の裁判で、私は検察に、私は彼に死刑に過ぎないと思ったと語った。
兄弟の命を奪った事件も、日々の存在を粉砕した。

長谷川のすべてを非難し、毎日憎しみが増えたと感じた。
しかし、約10年後、死刑制度についてもっと学ぶべきだと考え始めた。
長谷川に会い、なぜ彼が私の弟を殺したのか聞いてみたいと強く思っていた。
最初に彼に会ったとき、彼は言った。
「私がしたことには残念だ」私は以前、彼の手紙の中で謝罪の言葉を読んでいた。

しかし実際には、彼の言葉を聞くと、その言葉はより重くなったと言いる
謝罪の言葉を発して罪を償う人を見て、私は初めて安らぎと癒しの感覚を感じた。
それは私が彼を許したということではない。
しかし、彼に会うことによって、私は自分自身を自由にする鍵を最終的に見つけたかのように感じた。
ある人が別の人を殺すと、殺人者はどうして罪を補うことがでくか?

私は答えがない。
しかし、長谷川が償いの方法として絵を描いていると聞いて、私は彼を信じたかった。
彼らが生きているときにのみ、彼らの不法行為を補償できるのは私の信念だ。
死刑はあまりに単純すぎて犯罪を解決することはできない。
私にとっては、長谷川の執行は私の心を安心させるものではあらなかった。

それどころか、私は再び自分の足に戻ってくる機会を奪ったと感じた。
遺族には、「加害者」と個人的に会う権利が与えられるべきだと思う。
しかし、既存の制度の下では、死刑判決がいったん確定されると、事実上連絡が取れなくなる。
それは、容疑者が加害者とみなされる可能性があるのは罪悪感が確立した後でしかないため、人々が無罪であることが証明されるまで無罪であるという原則に反する。
さらに、裁判所は、被告が、彼らが何を考え、どのように実際に感じるかについて自由に話すことができる会場ではない。

現在の制度は、死刑を終身刑と置き換えるために改訂されるべきだと私は思う。
それは、恋人を失った家族が犯罪者と会うために犯罪を起こすことを許する。
私が死刑の終結を求める街頭演説をすると、私は遺族の気持ちを考えたことがあるかどうかを尋ねる人々に時々接近する。
人々はすべての犯罪被害者が加害者を殺すことを望んでいると思うか?
人々は犠牲者が自分自身に合っていると感じているものを決定する傾向にあり、その過程でより厳しい刑罰を支持することは同情の徴候であるという結論に至る。

このような考え方は私を不安にさせる。
むしろ、私たち一人ひとりがどのように考えているかを理解するために、個々の犠牲者を聞くことを人々に願っている。
私は社会と政府の政策がこれらの様々なアイデアや犯罪被害者とその家族の真の気持ちを反映してほしいと思っている。