平沢貞通 銀行強盗版として逮捕され、獄死したテンペラ画家

日本の芸術家、平沢貞通は強盗時に12人の銀行員を襲った。
シアン化物中毒の最も顕著な例の1つは、12人の銀行員を殺した日本の銀行強盗を巻き込んだものだった。
平沢は1948年1月、閉会の直前に東京帝国郊外の銀行に到着した。
彼は赤痢に対して銀行職員に接種するよう命令を出して医者として身を引いた。
16人の銀行員が忠実に並んで、医師から与えられた調合を飲んだ。

10人が直ちに死亡し、2人がシアン化物中毒の結果として病院で死亡した。
平沢氏は、銀行員を動かさずに、金を盗んだだけで720米ドルに相当する額に達した。
平沢は結局逮捕され、顎の下の傷跡で確認され、殺人事件に告白した。
1948年に日本は軍事占領下にあり、裁判所は平沢を吊るして死刑を宣告した。
日本の弁護士たちは、この判決は、市民を自己破壊から守る日本の憲法に違反していると主張していた。

ぶら下げは自己絞扼であったと主張した。
その結果、平沢氏は88歳で天皇によって恩赦を受けるまで、30年以上にわたって刑務所にいた。
シアン化物の毒殺者は、自分の自叙伝である「マイ・ウィル:帝国銀行事件」を絵画と執筆に費やしていた。
死の行は32年連続だった- ニューヨークタイムズ

1987年5月11日月曜日
八王子市の郊外の医療拘留所で肺炎で死亡したとの見通しを示した。
平沢は95歳だった。
1948年に逮捕され、銀行強盗時に12人の中毒で告発されたとき、芸術家の平沢氏は囚人であった。
彼は1950年に有罪判決を受け、死刑判決を受けた。
判決は1955年に確定し、執行猶予のために死刑囚に送られた。

保健医療従事者が帝国銀行支店に強盗に入り、第二次世界大戦後の占領軍が赤痢の発生のために薬を飲むよう命じたと16人の従業員に語った。
労働者たちは服従し、彼らが崩壊すると、600ドル相当の盗人が逃げ出し、逃げた。
12人の銀行員が死亡した。
飲み物にはシアンが含まれていた。
平沢氏を告発するために用いられた証拠に疑問を投げかけてきた本がいくつかあり、1950年以降、処刑を認めるべき日本の法務大臣の誰も死刑を命ずることに同意していない。

平沢貞通 (1892年8月15日?1988年3月19日)は、日本の画家であり、大量のシアン化物中毒で有罪判決を受けた。
1948年1月26日、山口二郎と呼ぶ男が、閉鎖前に東京近郊の城南町の帝人銀行の支店に到着した。
彼は、米国の職業当局から送られた公衆衛生当局者であり、突然の赤痢の発生に対してスタッフに接種を命じられたと説明した。
彼は全16人に丸薬と数滴の液体を与えた。
存在する者は、彼が与えた液体、シアン化物溶液を飲んだ。

全員が無能になった時、強盗犯は見つけられた金をすべて奪ったが、その金額はわずか16万円($ 1392 /£754)だった。
犠牲者のうち10人が現場で死亡し(1人は従業員の子供)、2人が病院に上陸した。
彼は最終的に個人的な詳細とカードを交換する日本の習慣のために警察に捕まった。
実際の山口先生は警察に連絡し、山口のカードは平沢のもので、二人が一点でカードを交換していた。
警察はまた、盗まれた小切手の使用を通じて平沢に導かれた。

彼は殺人者の顎の下に傷がついている毒を与えた人として、生存者の一人によって特定された。
彼は1948年8月に逮捕された。
平沢は告白したが、後の弁護は部分的な狂気に基づいていたが、裁判所はそれに同意せず、平沢には死刑が与えられた。
彼の弁護士は、日本の法律(人身売買を禁止した時の日本での死刑判決、弁護士は自己絞扼の一種であると主張した)のために判決を破棄した。
彼の弁護士は、この判決は新しい日本の憲法に反すると主張した。

その後数年間、彼らは再審のために18の嘆願書を提出したが、日本最高裁判所は1955年に死刑判決を支持した。
平沢は今後33年間刑務所に留まった。
彼は絵を描いたり、自伝を書いたりしていた(マイ・ウィル:帝国銀行事件)。
しかし死刑判決は決して実施されず、1987年に刑務所病院で死亡した。
彼の直前の94歳で、彼は天皇によって恩赦を受けた。

平沢氏の死後も、息子の平沢武彦氏は彼の名前を明らかにしようとしている。
2003年現在、彼の弁護士は平沢の無実を証明する新しい証拠を提出している。
彼は死刑判決を受け、大量中毒で有罪判決を受けたが、虚偽の容疑で告発されており、法務省長官は死刑に署名していない。

帝人ケース
1948年 1月26日、 閉鎖前に疫学者と呼ぶ男が東京近郊の椎名にある帝人銀行の支店に到着した。
彼は、米国の職業当局から送られた公衆衛生当局者であり、突然の赤痢の発生に対してスタッフに接種を命じられたと説明した。
彼は全16人に丸薬と数滴の液体を与えた。
存在する者は、彼が与えた液体、シアン化物溶液を飲んだ。

全員が無能になったとき、強盗は彼が見つけたすべての金を取った。
これは160,000円($ 1392 /£754/1000?)だった。
犠牲者のうち10人は現場で死亡し(1人は従業員の子供)、2人は入院中に死亡した。
逮捕と裁判
平沢氏は日本人の個人的な細部の名刺交換の習慣のため警察に逮捕された。

ポイズンガーはまた、2つの他のインシデントを作成した。
被害者は2件の事件のいずれかで「山口二郎」と記されたカードを使用した。
山口は存在しなかった。
2人の事件のうちのもうひとつに「松井蔚」と記されたカードも使用された。
松井は、平沢を含む593人の人とカードを交換したと警察に語った。

警察は不明の起源のお金を見つけることによって平沢に導かれた。
彼はいくつかの目撃者によって毒中毒者として特定された。
彼は1948年8月21日に逮捕された。
彼はまた、かなりの金額の現金を所持していたことが判明し、その起源である平沢は公言しなかった。
平沢容疑者は、拷問を伴う疑惑で警察に尋問された後、すぐに判決を言い渡した。

告白に対する彼の後の防衛は、部分的な狂気に基づいていた。
彼はコルサコフ症候群に悩まされていたので、作り上げられた話をすることができた。
しかし、裁判所はそれに同意せず、平沢は1950年に死刑を与えられた。
1949年まで、たとえ警察が自白を取り除くために人を拷問したとしても、告白は法律上の確かな証拠だった。
最高裁判所は1955年に死刑判決を支持した。

彼の弁護士は判決を取り消そうとした。
その後数年間、彼らは再審のために18の嘆願書を提出した。
有罪判決に対する疑惑
彼は死刑判決を受けたが、もともと決定的な証拠はなかった。
さらに、40人の従業員が犯罪を見たが、彼を犯罪者と認識したのは2人だけだった。

松本さんは、真の犯人は731冊の本であると推定した。
1959年の帝国銀行事件と1960年の「日本の黒霧」の話。
松本はまた、「原因不明のお金」がポルノの絵を売ったことから来たと疑った。
クマイ・ケイは、1964年の映画「The Long Death」で平沢の無実を訴えた。
日本の司法長官は死刑執行令状に署名しなかったため、死刑判決は決して行われなかった。

1967年10月13日 、報道陣の前で23人の囚人の死刑に署名したことを発表した田中佐治氏でさえ、 平沢容疑者の死刑判決には至らず、平沢容疑者の罪を疑いた。
平沢の試験で毒はシアン化カリウムとみなされた。
しかし、慶応義塾大学の調査によると、本当の毒は平沢が得られなかったアセトンシアノヒドリンかもしれないと主張した。
被害者の症状がシアン化カリウム中毒とは明らかに異なるため、彼の罪悪感を疑う理由の1つと考えられている。

刑務所での死
平沢は32年間刑務所に刑務所として残っていた。
彼は絵を描き、自叙伝「私の御:帝国銀行事件 (遺書帝銀事件)」を書いた。
1981年、遠藤誠は平沢弁護士のリーダーとなった。
事件以外にも、永山則夫などの論争に参加した。

防衛当局は、1985年の死刑判決がなくなったと主張した。
死刑判決は、日本の刑法の下で30年制の制定法が成立したため、釈放された。
しかし、日本の裁判所は、死刑囚が刑務所から脱出し、30年間捕獲を回避する場合にのみ適用されることを指摘して、この議論を拒絶した。
日本の裁判所は、大臣が死刑執行令状に署名したときに刑が始まると判断する。
彼の健康は1987年に悪化した。
1987年4月30日に、アムネスティは、日本政府に彼に釈放を訴えた。
彼は1987年5月10日に刑務所病院で肺炎で死亡した 。

彼の死後
平沢の死後でさえ、彼の後継者である平沢武彦が彼の名前を明らかにしようとしている。
彼らは再審のために第19回嘆願書を提出した。
彼の脳の損傷も証明された。
2008年現在、彼の弁護士は平沢の無実を証明しようとする新たな証拠を提出している。