投資信託でお金を儲けるための方法5

典型的な損失パターンは市場価格の追随である。
それは市場価格の後追い。
特定の株式を買った後、それは株式に投資される、高い価格で購入されてしまい、大きな損失が株価の低下によって引き起こされる。
株価の下落により大きな損失をもたらすだろう。
傾向があるかどうかは、操作レポートをある程度見て見ることができる。
操作レポートをある程度見ると、それを見ることができる。
投資報告書には株式のリストがあるが、最近市場に流通している上場株式については、投資信託の株価上昇率が喜ばしくないことは疑わしい。

投資信託は、運用が順調に進まなかった期間の終わりなどに突然来る、投資報告の出現を改善するためだけに最近上昇している株式を突然購入することがある。
最近上昇している株を購入する人がいる。
いくつかの者は保有しているものと同じ株式を購入し、期末に株価を上げようとする。
期末に株価を引き上げる時期もある。
投資行動は一般的に化粧をすると言われているが、欧米では「ウィンドウドレッシング」という窓辺を飾るという意味の言葉と同様に、投資の世界で常日頃から見られる悪い文化だ。
投資の世界では日常的に悪い習慣だ。

投資信託を購入する際には、投資信託を確認する必要がある。
買った投資信託を見なければならない。
残念ながら、事前に見る情報がほとんどない外部の人々には見抜くのは困難。
情報の少ない外部の人が前もって見ることができるとは言いづらい。
少なくともその後も、それが自分自身で購入した投資信託が悪い投資信託ではないことを確認することが大切であり、毎日の市場指数の動向と投資信託の基本価格が一致するかどうかを監視しなければいけない
日々の市場指数の動向が投資信託の参照価格の動向と一致するかどうかを監視する必要がある。
投資信託の目論見書等に記載されている運用方法に合致しているかどうかは、最低限、理由を明確に説明し、その理由がはっきりしているかどうかを確認する事が重要だ。
 その理由が投資信託の目論見書に記載された運用方法と矛盾しないかどうかを確認する必要がある。

投資信託を購入する意味では、投資信託を運用する方法とは何かよりも重要だ。
その操作方法が行っていることが重要だ。
可能であれば、持ち株をも開示することが望ましい。
持株銘柄も開示することが望ましい。
投資上の観点から、それは両刃の剣であり、それは問題点でもある。
それはまた問題点だ。
具体的に内容を詳細に開示すればするほど時間と労力がかかり、運用方法や有価証券の内容を公開する場合は、ファンドマネージャーの行動を他の市場参加者に利用されてしまう。
他の市場参加者がファンドマネージャの行動を読むことができる可能性もある。
実際、市場への注目度の高い投資が大きければ大きいほど、情報開示において投資信託のパフォーマンスが低下する可能性が高くなる。
投資信託の業績を悪化させる可能性が出てくる。
投資信託の買い手の立場から、その内容を理解していない投資信託には不安がある。

株の購入者として、情報開示の確かな投資信託も選択する必要がある。
あなたはまた、堅実な情報開示を持つ信託を選ぶべきだ。
しかし、受動的投資信託は、開示がなされてもほとんどマイナスの影響を与えることなく、かなり優良だ。
パッシブ・インベストメント・トラストは、たとえ開示されても、マイナスの影響がほとんどない投資として推奨することができる。

信託評価会社は信用してはならない
投資信託の内容が開示されても内容を理解することは困難であり、他の投資信託との比べにくいと考える人もいる。
他の投資信託との比較が難しいと考える人もいる。
これと同じくらい投資信託があるので、内部からあなたのニーズに合った技術を探すことは非常に困難。
あなたのニーズに合ったものを探すことは、非常に難しいテクニックかもしれない。
時には私はそれに頼っている、私は投資信託評価会社だ。
それは信頼評価会社だ。
独自の評価会社に加えて、独自の投資情報誌なども独自の評価をしているため、個人は主要投資信託の評価も見ることができる。
個人は、主要な投資信託の評価も見ることができる。
  しかし私はそれはあまりいいとはいえない。