ギャンブルに勝つ極意7 個人が金融市場の敗者という誤解

金融市場の敗者は必ずしも個人ではない。
専門家と比較して個人が得ることができる情報の量は少なく、先物取引やオプションなどのデリバティブと呼ばれる金融商品は使用できなく、投資額が少ないため手数料の割合が高い。
だが外車は個人に限らず、個人も敗者にならずに済むことさえある。

金融市場の脆弱な人々は必ずしも個人ではなく、先物やオプションなどのデリバティブと呼ばれる新しい金融商品を使用することはできない。
専門家に比べて不利な点がある。

敗者は、投資期間が限られている人や、許容損失の少ない人、自分の成果によって自分の成功や給料を関係している人、失業や倒産などさまざまな欠点がある人々だ。
機関投資家にもいる。
利益を上げているなら大丈夫である。
お金を失い始めると、違いが顕著になる。

投資期間が1年の結構短期間にの人は、余裕がなくなる。
会社は1年間は決済されるが、会社が金融資産に投資する際には、毎年「投資収入を下請け」を投資顧問会社に提出する。
運用する人は、会計期間の終了日になりそうでも目的に近づけば不安になる。
決済期間の前に市場価格が下がり始めると、とんでもない状況になる。
普通は投資期間が長期間の年金基金も同じようなことが言える。
一部の年金基金は、3ヵ月ごとに利益を委託業務他の企業と比べ、文句を言う。
委託されている管理会社の視点は短期でなければならず、敗者になっているということがある。
投資期間を1年または比較的短い期間に分けている人は、従業員に注文することができ、投資顧問会社は「毎年投資収入を上げる」ことができない。
一般的に投資期間が長いといわれる年金基金であっても同じだ。

許容損失の限られた人々は、損失に近づくにつれて焦る。
機関投資家でさえ、他の収入源なしに市場の上下に頼っている。
それが失敗すると、起業の生存の危機につながる可能性があるが、投資の失敗は起業の崩壊につながる。
うまく動作しない事業会社は、悪い状態になる可能性が高くなる。
失敗時の損益が大きい場合、ゆとりをもって操作することは不可能である。
給料労働者かに関係なく、失敗すれば左遷される可能性もあり、焦ってしまう。
大和銀行のNY債券市場での事件や、住友商事のロンドン銅市場における事件、シンガポールの日本の株式売買業者がベアリングに巻き込まれた事件も似たようなものだ。
名声を失うことに対する恐れは、判断力を失い、市場で敗者に転じ、投資が滞って崩壊する。


金融市場のモンスターは、敗者を見つけ出し、徹底的にその弱点を追求して弱らせ、彼らはお金を稼ぐための安全圏にいる。
成功したヘッジファンドは、莫大な資金でもっとも他者が苦しい最悪の方向に市場を誘発するだろう。
日本の円高の理由は、貿易収支が巨額であったことに加え、円高が問題になると考えている多くの日本人のせいもである。
日本多くの輸出業者と投資家は、円高に振り回されるとパニックになることから、円高を促すだろう。

あなたが金融市場でお金を稼ぎたいのであれば、弱者の立場には入らないでください。
、個人もそれを行うことが可能。

投資期間を延長することも一つの方法だ。
毎年決済しなければならない機関投資家と比較して、個人は長期間の投資が可能なはずだ。
私は3ヶ月または1年の短期間で発生する市場価格の変動は無視しよう。
金融市場で勝者になるには一喜一憂は禁物である。
投資を忘れてしまったほど長期間続けている投資家は、意外にも成功した。

損し始まったときに対処できるように、全財産を一つの市場に賭けてはいけない。
貧乏人になっては元も子もない。
全財産のの約10%であれば、最悪の場合でも回復することができる。
富裕層が投資で成功する理由はいくつかある。
その金額を決済するためには、より有利な条件での取引、手数料の安価化、少額では行えない投資プロジェクトへの投資、情報の取得が容易になるなど、富裕層特有の理由は多数あり、情報を伝えるためにハイエナのように近づいているブローカーの数が増えているからという理由もある。
各投資プロジェクトが富裕層の財産の規模に比べてに小さく、失敗しても被害が少ない。
なので余裕を持って投資することができる。

1年ごとに決済しなければならない機関投資家と比較して、短期間で3カ月または1年間の市場変動は気にさない。
彼らが投資を忘れてしまったことを長期間にわたり続けている投資家は、意外にも成功した。
あなたが1つの市場にあなたのすべての財産を賭けないと、あなたがあなたの財産の10%である場合に最悪を失ったとしても、それは回復することができる。
金額が集まるにつれて、より好ましい条件で取引でき、手数料も安く、少額ではできない投資プロジェクトに投資するなど、億万長者に固有の多くの理由がある。
それは十分なマージンで、または自分の財産の規模に十分投資できるからだ。

アドマックス