ギャンブルに勝つ極意8 自分の得意分野で勝負する

普通は、個人は情報の点で不利な立場に置かれるが、敗者にならない装置もある。
自身の好きなもので戦うことだ。
パーソナルコンピュータに精通しており、いつもインターネットのユーザーとしてホームページのユーザビリティや良し悪しをを判断できるのなら、ネットに関連する会社を見つけることは悪くない。
化学物質の知識を知らずに化学会社の株を買うことはないろう。
自分自身を敗者の位置に貶めているだけだ。

 「おばあちゃんの株式投資」というタイトルの本が昔流行った。
投資のアマチュアであった米国のおばあさんが投資クラブを作って着実に収益を上げていた。
秘密は余裕を持つことだ。
短期的な取引を避け、私たちが知っている株式のみを買い決して無理はしないこと。
お菓子会社のAの株式を購入するのは、消費者として「Aのクッキーが甘くて美味しい」ことを分かっていたためだった。
個人でさえ、限界と強さを知っていれば、十分に競争することができる。

ギャンブルや株式投資でも、勝ち続けるのは困難だ。
それがゼロサムゲームだと思えば、どこかで勝利して利益を上げている人、他でお金を失っている人がいるはずだ。
頭のいい人は、上記のように 近勝利法を実現していて、失うことを防ぐ投資をしている。
統計的に高い確率の賭けを選び、アノマリーを使って、インサイダー情報を使って、心理戦で支配しようとした。
それはギャンブルや市場で他の人より優れているトリックだ。
勝負は時の運なのであなたの優位性も消えるかもしれない。
絶対勝利を保証するのは「勝利」ではない。

ギャンブルや市場でお金を稼ぎたいと思っているのなら、それはゲームの中で自分を離れさせるのも方法のひとつだ。
自分自身がゲームに参加することなくディーラーになることも、それは一つの答えだと考えられる。
世界でお金を稼ぎたいたくさんの人がいる。
情報を積極的に購入する人は、他者よりも情報優位に立つことを望んでいる。
そのような人々を大将としたサービス業も多い。
多くの「攻略本」のようなギャンブルとの教科書を作っていいる情報サービスはその一つであり、節税の方法を教えてくれる税理士がいるだろう。
富裕層が通っている高級レストラン、高級外国車のお店などもおそらくそれから恩恵を受けているだろう。
自分は賭博に参加セずに、賭博の参加者をサポートする周辺ビジネスも選択肢に入れておいていいろう。

昔のゴールドラッシュで、一番効率的に利益を得た人は金鉱山を掘った人ではない。
金鉱採掘のために来た人たちのためにつるはしやスコップやバケツを事前に売ったの人だった。
アメリカで大きな文化となったジーンズを作った会社もある。
賭博には確実な勝利がないので、賭博に頼る以外の手段を検討することがよいかもしれない。

私はギャンブルで勝つとは思わない。
賭博で勝利したい人に "勝利"を伝えよう。
賭博でお金を稼ぐ方法だ。

アドマックス