アニメけものフレンズの中毒的人気の謎の解明。日本のオタク達が感染した

けものフレンズは、毎週火曜日1:35から放送されている驚くほど人気のあるアニメである。
「人気のある」という言葉は新しいアニメを表現するのによく使われるが、けものフレンズの名声がこの言葉で表現されるのは早すぎるかもしれない。
この記事では、このアニメが絶大な人気を集めている理由を書いてみたいと思う。
それは、感染症のようなもの、あるいは「ケモフレ中毒」と呼ばれるように、ほとんど普及している。
私は世界中のオタクのコンテンツや他の日本の文化のテーマが世界中に広がっていることを自分の目で見るためにに世界中を旅した。
私の旅行の間、私は多くの人々と出会って話した。
そのために、私はまず、けものフレンズに海外のアニメファンの反応を分析するためにの経験と知識を引き出したいと思う。
アニメ「けものフレンズ」の主題歌はiTunesランキングで上位にランクされ、アニメは多くのYahoo!ニュース記ことにも掲載されている。
けものフレンズは、最初の放送以来、常にオタクの会話の話題だった。
まず、人気の規模を定量化しようとしましょう。
2017年の冬のアニメが始まってから約2ヶ月が経過した。
今では、皆さんがこのアニメファンが今シーズンの「ドミナント(支配的な)アニメ」になると予想するものを考え直して欲しいと思う。
(※「ドミナントアニメ」とは、わからない場合、アニメのBlu-ray / DVDの販売、オリジナル作品などで大成功を収めたアニメのことである。
しかし、この記事では、それを「大ヒットしたアニメ」と考えることができる。)
君が大きなアニメファンなら、私は君が似たような予測を下したと確信している。
今、1月の最初の放送以来、これらの候補者がソーシャルネットワーク(特にTwitter上)でどのように取り上げられたかを見てみましょう。
私は、Yahoo!Real Timeを使用して以下のような観察を行ってきた
これらのグラフは、アニメのタイトルがTwitterで何回言及されたかを示している。
たとえば、2月10日には、メイドドラゴンを含む11,745のつぶやきが記録された。
つぶやきの数がアニメの熱量を表したとしましょう。
各アニメの発熱量は、放送前と放送後の日に高くなる。
また、「最高のアニメ」候補者の共通の事実は、3人すべてが既にわずか1ヶ月で1万のつぶやきをすでに取得したということである。
だから、私たちの標準数を1万にして、けものフレンズの発熱量を調べてみましょう。
アニメは今では非常に人気があるが、最初の放映後の発熱量はあまり高くなかった。
つぶやき数は約3,000件に過ぎず、「小さな子供たちのアニメ」や「30分はひどく長い感じ」といったような否定的なコメントが多かった。
しかし、物語が進むにつれて、アニメの興味はますます高くなった。
アニメの背後に隠された秘密について話し合う人々が増え、「ディスカッションチーム」の存在が強化された。
アニメの4回目のエピソードの後、けものフレンズについてのつぶやきは7,500を超えた。
ファンは多くの種類のファンフィクション作品を作り始め、アニメに関連したインターネットスラングを使い始めた。
人気の感染症が広がり始めた。
けものフレンズについてのつぶやきは、4回目の放送の1週間以内に10万件に達した。
アニメファンでない君のためにに、アニメ関連のつぶやきが突然10万回以上になるのはどれほど驚くべきことかを理解するのが難しいかもしれないので、この重要性を例のキーワードを使って説明しましょう。
最近、10万を超えるつぶやきに「ニク(肉)」という言葉が現れた日があった。
これは2月9日に日本では「肉の日」として知られていて、多くの人が肉を食べる祭りのひとつである。
祭りについて知っているTwitterユーザーの合計よりもはるかに少ないフォロワーを持つニッチで、その数を超えるツイートを想像してみてください。
アニメファンの好奇心を刺激する「けものフレンズ」の不思議な要素
「ジャパリパーク」は、この惑星のどこかに存在する巨大な動物園である。
この動物園では、神秘的な物質「サンドスター」の力のためにに、動物は「動物の女の子」に変身し始めた!
その後、フレンズは訪問のためにに来た観光客と楽しい時を過ごし始めた。
時間がかかって、フレンズはあの人達の普通の生活を送っていた。
しかし、ある日、女の子たちは助けを必要とするような恋人を見つける。
だから、動物の女の子は女の子が家に帰るのを助けるか?
いいえ!一緒に、彼女らは大きな冒険に行く!
さて、アニメの内容を見て、そのような短い時間でつぶやきが10万を超えた理由を理解しよう。
最初のエピソードは、少女、「かばんちゃん」から始まって、バックパックを運んでいるサバンナで一人で歩いて、サーバル猫のサーバルと会う。
かばんちゃんは彼女自身がどんな動物か「フレンズ」だったかを知らなかったので、2人は答えを見つけるためにに図書館に向かうことに決めた。
私が以前言及したように、視聴者からの反応は最初のエピソードの後に好意的になった。
しかし、言語能力を持たないと考えられてた案内ロボット「ラッキービースト」のような、視聴者の注意を守るためにに「謎」と呼ぶかもしれない最初のエピソードには、すでに多くの重要な要素が含まれてたと私は信じていル。
また、ラッキー・ビーストの声優は「???」だった。
アニメけものフレンズ:エピソード1:さばんなちほー
この時点で、視聴者はこれらの「謎」が何のためにのものかを知ることはできなかった。
その後、エピソード2になった。
最近、多くのアニメで、最初のエピソードはオープニングソングなしでストーリーに入って、代わりにオープニングテーマが使用される。
同じ方法がけものフレンズのためにに使用された。
したがって、2番目のエピソードは、エンディングテーマの最初の発表となった。
その曲はキャッチーなバンド音楽であった。
そして不思議なことに、閉会のクレジットは世界中の建物の多くの遺跡の写真を示した。
アニメけものフレンズ:「エピソード2:じゃんぐるちほー」
このエピソードの後、「視聴者たちはアニメに設定された不思議な要素に興味を持ち始めた。」
アニメけものフレンズ:「エピソード3:こうざん」
第3話では、歌を歌う日本人のトキが初めて登場する。
私はこの体を使って歌うためにの適切な方法があると思う。
この行は、彼女が以前とは違った形をすることを示している。
大きなジャンプは、けものフレンズの感染症の原動力となったアニメの第4話がテレビで放映されたときに起こった。
このエピソード以降、視聴者はアニメの不思議な要素を完全に認識するようになる。
すべての可能性を確認したエピソード4の瞬間
あの人達の旅では、サバンナやジャングルをはじめ、多くの自然界を歩いてたが、第4話は砂漠を歩くのだ。
しかし、エピソードへの約10分、ストーリーは転換点に直面する。
砂漠を歩いている間、女の子は突然地下通路を見つけ、ラッキービーストはバイパス道を見つける。
このパスを使って図書館に行くことができる。