小林薫 小学生の女の子を誘拐して殺した殺人犯2

小林の試行と判決と最後の言葉
小林薫容疑者の裁判は2005年4月18日に始まった。
小林薫が残した言葉はこうだった:
「私はできるだけ早く死刑判決を受け、次の宮崎勉や宅間守としての遺産を残したい。」
その内容は、上記のように伝説の幼児殺人鬼を引き合いに出すというとんでもないものだったのだ。
しかし、宮崎と宅間の両方が多くの子供を殺し、狂人殺人犯とみなされた。
どちらも世間では、一般人の理解できない残酷で恐ろしい男と言う認識だった。
宮崎は、「精神科検査を受けていなくても、宮崎勤」と呼ぶことは許されないと主張した。
小林容疑者の精神科医は、反社会的人格障害や小児性愛に悩まされていると診断したが、彼の行動に責任があるとは限らない。
実際には、彼は罪悪感によってかわいそうだったかもしれない。
メディアが性的犯罪を知った時、嘉手納氏のアイデンティティは日本のメディアによって控えられていたが、遺族は2006年9月に彼女の名前と写真を発表した。
2006年9月26日、小林は奈良地方裁判所に拘束されて死刑を宣告された。
防衛当局は同日に控訴したが、2006年10月10日に撤回した。
彼の新しい弁護士は2007年6月に、撤回が無効であったと主張した。
これは2008年4月21日に奈良地方裁判所によって却下された。
2008年5月22日、大阪高裁はその判決を支持した。
2008年7月7日、最高裁判所はその判決を支持した。
小林は、2013年2月21日に大阪拘置所にぶら下がって処刑された。
日本は3人の囚人を拘束し、最初は新政府の下で処刑された
エミリー・アルパート著 - ロサンゼルスタイムズ
2013年2月21日
法務省は木曜日、日本は3人の有罪判決を受けた殺人犯を拘束した。
吊り下ろしは、新政府の下での最初の処刑であり、人権団体を驚かせ、裕福な民主主義国の中で日本を奇妙なものにしている秘密主義的実践を続けている。
3人の受刑者は、日本のメディアで、5年前に一連の刺され傷で有罪判決を受けた金川真大と確認された。
バーオーナーを殺害したと宣告された加野圭樹。
7歳の少女を誘拐し殺したとして有罪判決を受けた小林薫容疑者。
「これらのケースはすべて非常に残酷だった。
「犠牲者の貴重な命が非常に利己的な理由で奪われた」と谷垣禎一蔵相は記者に対し、谷垣氏は裁判所が事件を徹底的に検討したと語った。
「私は、さまざまな面を注意深く巡って、処刑命令を出すことにした」
昔の日本での処刑は秘密裏に行われる。
約5年前まで、日本は処刑された名前を明らかにしなかった。
囚人たちは、彼らが死刑にされることを数時間前に通知するだけだ。
彼らの家族は後で見つける。
ハンギングは受刑者や被害者の家族、メディア、一般の人々には閉鎖されており、実行室の一見さえもまれである。
活動家によると、日本の議員が10年前に東京の監督を訪ねることに成功した時、1973年以来初めて外人が見たのは初めてだった。
マノアのハワイ大学の社会学教授であるデビット T.ジョンソンは、日本の刑事司法制度は何らかの形で「民主的なシステムではなく、独裁体制の印象を与える」と述べている。
「処刑は全体の中で最も醜い部分かもしれない」
日本の死刑囚の人生についてほとんど知られていないものは、ほとんど解放された少数の捕虜から来ている。
死刑囚で31年ぶりに再釈放された元囚人赤堀政夫は、タイムズに、数年間、彼は話すことができなかったことを心から傷つけたと語った。
捕虜たちは「コミュニケーションは許されないったが、細胞の裏側の壁をノックして他の人がOKであることを確認する」と赤堀は7年前にThe Timesに語った。
かつて、彼は看守は彼が処刑されたことを知り、彼らが間違った細胞に行ったことに気づいた。
死刑囚の反対派は、米国やその他の地域での紛争事件を取り巻くろうそくの光景やメディアの注目を避けるために秘密主義が工学的に作られていると言いる。
政府関係者は、このシステムはプライバシーを確保し、死を待っている囚人を和らげるためのものであると記者団に語った。
政府によると、孤独と静寂の毛布は、避けられない運命の条件に来て実行する必要がある人を支援するために死の行をカバーする必要があるワシントンポストの意見書作者チャールズレインは、 2003年と2004年には罰金を科した。
彼は、「私が言われた他の政策は心理的な損害をもたらすだろう」と語ったのだった。
日本の最高裁判所は、執行が極端であると判断したが、憲法に違反する「残酷」ではない。
地方や国際人権団体や日本弁護士連合会の反発が続いているにもかかわらず、政府の世論調査では、引き続き死刑執行が圧倒的に支持されている。
アムネスティ・インターナショナルによると、現在、日本には死刑囚の134人が収容されている。
人道活動家らは、安倍晋三首相の下で、執行猶予が増えたことを心配している。