神田司、川岸健治、堀慶末 女性を強盗殺人した

被害者の理恵磯谷さん、1976年7月20日を通じて知り合った3人の男性によって2007年8月を奪った。
彼女の殺人事件は、2009年3月18日に死刑を宣告された殺人犯3人の死刑判決を求める署名キャンペーンにつながり、2人の殺人犯は2011年4月13日に刑務所で刑を宣告された。
2007年8月17日には、バンに住む40歳の無職の川岸健治は、怪しげな情報を交換するために使用される携帯電話のウェブサイト上での犯罪のパートナーを求めるメッセージを投稿した。
神田司、堀慶末と本堂裕一朗もいる。
神田は36歳の朝日新聞の販売員で、群馬県高崎市で育った。

堀は32歳の失業者のダーツ選手で、400万円の巨額の負債を出していた。
本堂は29歳の失業者で、家賃を支払うのが難しかった。
彼らのすべては現金のために絶望的だった。
いくつかの電子メールを交換した後、4人の男性は8月21日に初めて対面して、どのようにして簡単にお金を得ることができるかを話し合った。
堀は、パチンコ強盗をするように提案し、他の3人は合意した。

8月23日の夜、川岸と本堂は配管士事務所に侵入した。
そこでは、川岸は恐怖から逃げ出し、本堂だけを残した。
本堂は家に帰るにはお金があまりにも少ないので、警察に自首し、強盗殺人に参加しなかった。
8月24日の午後、川岸、神田、堀は、名古屋のみどりにあるビデオレンタル店の駐車場で、もう一つのプロットを描いた。
神田は、道を歩いている女性を誘拐し、強盗がバレないように殺害することを提案した。
堀と川岸は彼の提案に同意した。

殺人
川岸の車列に乗った3人の男は、19時頃から一人歩いている女性を探して、22時ごろ、名古屋の筑後近所の暗い通りを歩いている磯谷理恵さんを見つけた。
堀は車から降りて彼女に近づき、方向を尋ねるようになり、彼女を車の中に押し込んだ。
神田と堀は磯谷さんに手錠をかけ、ナイフで彼女を脅し、金とATMのカードを要求し、川岸は名古屋の郊外にある居酒屋の孤独な駐車場にバンを運んだ。
駐車場では、堀が磯谷さんをナイフで脅し、ATMカードの暗証番号を抽出した。

真夜中直後、川岸は磯谷さんを強姦しようとしたが、神田と堀は彼を止めた。
彼女を強姦しようとする彼の突然の試みのせいで彼女は恐れてしまいバンから出ようとした。
その結果、3人はすぐに彼女を殺すことにした。
約1時の彼女の人生に対する絶望的な嘆願にもかかわらず、神田は彼女の頭の周りに包装テープを包み込んで、彼女を窒息させ、まだ生きていることを見いし、約30回ハンマーで頭を叩き、堀と川岸はロープで彼女を窒息させた。
午後4時ごろ、岐阜県瑞浪市の森林に犠牲者の遺体を投棄し、コンビニエンスストアのATMで銀行口座から引き出しをしてみたところ、間違った番号だった。
お金が出ないことに失望し、犠牲者のハンドバッグから見つけた62,000円を分かち合い、その日の夕方に名古屋駅近くの女性を殺すと約束した。

逮捕
2007年8月25日、川岸容疑者は13時頃に警察に電話して自首した。
彼が警察に降伏した理由として、彼は死刑に怯えていると説明した。
日本の刑法では、犯罪者が当局から容疑者として特定される前に自首した場合、処罰は忠実でなければならない。
死者の放棄された遺体が放棄されたことを発見すると、警察は8月26日に川岸と犯行パートナーを逮捕した。

被害者の母親、唯一の家族である磯谷富美子さんが、逮捕された当日に身体を確認した。
3人は強盗殺人事件、2007年10月5日までに遺体の収入、拘束、放棄のために誘拐された。
川岸氏は強盗の場面で強姦を試みられた。
死刑申立て
この犯行で唯一の子供が殺された磯谷富美子は、2007年9月に3人の殺人犯について死刑を宣告するキャンペーンを開始した。

10日以内に10万人の市民が署名した。
同氏は、2007年10月23日、名古屋地方検察庁に約15万件の署名付きの死刑申請を提出した。
2008年12月までに約318,000人の市民が署名した。
日本では一人の殺人犯が死刑に遭うことはめったにないが、白鴎大学の刑法長であり最高検察官であった土本武志氏は、最近の死刑執行の強化により、裁判所が神田と堀を死刑にすることを奨励するだろう。
川城氏と神田氏の父親も裁判所に息子の死刑判決を求めた。

2008年9月25日、名古屋地方裁判所で裁判が開始された。
被告らはすべて、第1部会で磯谷理恵さんを強奪し殺害したと認めた。
彼らは、残虐行為が増えたことに同意した。
神田は最初の会見で川岸氏に殺人を2回犯したと言い、堀は刑務所から釈放されたばかりの川岸に電子メールで書いた。
弁護士は、凶悪行為が提起される可能性がある場合でも、容疑者がお互いに反対しないような雰囲気で犯罪が行われたこと、そして磯谷の死が偶然であり、過去の同様の事件で判決が下されたとしても、死刑判決に至るほど凶悪であると言いた。

被告人は、そのうちの誰が主要な犯人であったか、そして被害者を殺すことに同意したときに争った。
川岸は、神田が主犯であり、他の2人が彼女を窒息させ始めるまで、女性を殺す計画を知らなかったと主張した。
堀はまた、神田が犯行を指揮したと主張し、神田が最後に彼女を窒息させるまで、被害者を殺害することは考えていないと主張した。
神田は、川岸が磯谷さんを強姦しようとしたと訴えた。
このように被告はしばしばお互いに喧嘩した。

川岸は、被害者はただ不運だと言った。
磯谷富美子さんは、被告らが謝罪していないことを見て、言葉が耐え難いものであったと述べ、「死刑は表面的な謝罪よりも良いかもしれない」と付け加えた。
検察は、2009年1月20日に終結議論のすべての被告に対する死刑を要求した。
彼らは悔い改められていなかったために自発的な降伏があっても川岸を死刑にし、警察はその釈放をせずに3人を逮捕することができたと主張した。

判定
地裁は、2009年3月18日、被告がすべての罪を犯したことを認めた。
それは神田と堀の死刑を宣告した。
近藤宏子裁判長は、神田が殺人事件で主導的役割を果たしたと判決で判断した。
彼女は、犯罪の動機が寛容の余地がなく、犯罪行為が極端に無慈悲で凶悪で社会に重大な脅威であると考えたため、犠牲者が1人しかいないと考えた後でも、刑罰が唯一の選択肢であると述べた。

大手全国の新聞は、同容疑者の死刑判決を維持するべきであるという前田容疑者の非正統的な判断を支持して、朝日新聞 と毎日新聞は、ほとんどの人は、この判決を支持だろう彼らの社説で主張した。
日経平均は 判断が妥当であったとコメントした。
産経新聞は、 積極的に「大きな意義の自然と堅実判断」との判断を評価した。
東京新聞は、彼らが被害者の家族はそれをどう感じたか残忍な殺人だったと何を思ったときに死刑が避けられなかったとの見解を表明した。
しかし、市民裁判官は、2009年5月に開始された裁判制度の下で、このような場合に死刑が適切かどうかを判断することは難しいと指摘した。

日本の刑法学者である板倉寛氏大学は、この判決は裁判官制度の下での死刑判決の新たな基準になると述べた。
刑事処刑を受けてから4時間後、堀氏はジャーナリストに、「死刑」という言葉が重いと感じたことを報道陣に語った。
川岸は、「私の降伏が計数され、私は死刑判決を受けなかったことを嬉しく思う」と述べた。
犠牲者の母親と被害者のボーイフレンドは、川岸の命を救った判決で失望を表明した。

3人の被告は、名古屋高等裁判所にも判決を下すよう訴えた。
しかし、2009年4月13日に死刑判決が確定するまでの間、弁護士の同意なしに自らの訴えを取り下げた。
検察は、2009年3月27日に地方裁判所の川岸判決に対する控訴を提起した。
2011年4月13日、名古屋高等裁判所は、川岸氏の死刑判決を支持し、堀井容疑者の死刑判決を軽視した。
しかし、検察は最高裁判所に判決を上訴した。