大久保清 8人の女性を強姦殺害したロシア人のクォーター

大久保清1935年1月17日 1976年1月22日は、日本の連中殺人犯であった。
1971年3月31日および1971年5月10日の間の唯一の41日の間に、彼は8人の女性を強姦し、殺害、年齢21に16彼は谷川伊凡のペンネームを使用した。

バイオグラフィー
彼は群馬県の高崎で生まれた。
彼はロシアのクォーターだった。
ロシアの半分の日本人であった彼の母親は、育った後も彼に点在していた。
彼は1941年12月8日に米国と日本の間の戦争が始まった後、彼の幼年時代に彼の周囲から迫害された。

1955年12月26日、彼は別の女性を強姦しようとしたが、失敗した。
彼は逮捕され、刑務所に収容され、1959年12月15日に解放された。
1960年4月16日、彼は別の女性を強姦しようとしたが、再び失敗した。
しかし、被害者はその罪を撤回した。
1961年5月5日、彼は女性と結婚し、息子と娘がいた。

彼は1965年6月3日に男を脅し、1966年12月23日と1967年2月24日に2人の女性をレイプした。
1967年6月7日、彼は刑務所に入った。
1971年3月3日に釈放された後、彼は女性を誘惑し、彼らとセックスし、8人を殺した。
1971年3月31日、彼は最初の女性を殺害した。
そして8人の女性を殺した。

5月13日、21歳の女性が姿を消し、彼女の弟が彼女を追跡した。
彼は大久保を見つけ、警察はついに5月14日に大久保を逮捕した。
前橋の地裁は1973年2月22日に吊るして死刑を宣告した。
彼は上訴しなかった。
彼は1976年1月22日に処刑された。
彼は彼の死が非常に怖かったし、その日に立ち上がれなかったと報道された。


被害者
津田美也子17歳
老川美枝子17歳
伊田千恵子19歳
川端成子17歳
佐藤明美16歳
川保和代18才
竹村礼子21歳
高橋直子21歳

テレビドラマ
1983年8月29日には、彼の犯罪は、テレビドラマになった(昭和四十六年 大久保清の犯罪) 。
ドラマでは、北野武が大久保役を演じた。
当時は北野はコメディアンだが、大久保は貧しいとされていたため、視聴率は34.0%に達し、遺族は震えた。
このドラマは、北野のキャリアでメリークリスマス、ローレンス氏と重要な役割を果たした。

大久保清
小平義夫の執行後22年、日本の警察は別の連続殺人事件を探していた。
小平の跡を隠すのに熟練していなかったが、新しい開業医はわずか2カ月間活動していたが、その間に少なくとも127人の女性(150人以上の報告があると報告)、12人以上がレイプされ、8人が殺害された。
1935年1月に生まれた大久保清は、両親が愛情を込めた8人の子供の家族の中で3番目に最年少の息子であり、事実上規律の影響を受けないった。
ある時に、隣人が大久保の柿の木から果物を採ると訴えたとき、大久保の母親は「そこにその木を植えるべきではなかった」と答えた。

大久保は、自宅での練習にもかかわらず、母親の家族のロシアの血の結果である彼の「西洋的な」姿を学校で差別された。
嫌な気持ちと、全然無頓着な大久保は、貧弱な成績を残し、貧しい態度について頻繁に警告を受ける問題のある学生だった。
6年次の評価では、彼は「彼の上司に不公平な行為をしている」、「彼の年齢では早すぎる成熟の兆しを見せている」と述べている。
後者の苦情は、女の子の会社で「言わないべき言葉」の絶え間のない中断を含む、女性の同級生の治療に対する言及であった。
1946年の夏、11歳で、大久保は隣人の4歳の娘を虐待しようとした。
彼の家族を知っていた人たちは、大久保を小平平や小平の息子と表現し始めたときに半分しか冗談を言っていなかった。

9年後、1955年7月、前橋市の17歳の高校生を強姦し、18ヶ月の懲役刑を言い渡されたが、懲役刑は3年の懲役刑に直ちに移された。
5ヵ月後に2度目の強姦罪で逮捕され、松本刑務所で裁判官の虚偽報道が3年遅れて起訴された。
大久保は、25歳の時に大学時代に犠牲を払っていた学生として、「渡辺恭志」の仮名を採用した。
1962年5月に結婚し、1967年2月、次のレイプ逮捕前に2人の子供を育てた。
2人の若い女性を攻撃したとして有罪判決を受け、1971年3月2日に4年半の懲役刑を言い渡された。

10日後、最終的に彼につながるクリーム色のマツダセダン複数の殺人事件に対する逮捕と有罪判決。
大久保の最終暴走は3月21日に始まり、64日間続きた。
警察は、マツダの説明書と犠牲者の生存による免許証の番号が書かれていたが、彼の跡には辛かったが、捕まえられるまでにはまだ8人の命を奪うことができた。
大久保は、3月31 日に高校生の津田美也子さん(17歳)が死亡した。
10日後、大久保は17歳の女子高生、老川美枝子さんを殺害した。

4月17日に19歳の佐藤明美さんが殺害され、17歳の川端成子さんが翌日に死亡した。
さらに17歳の生徒、佐藤明美さんが4月27日に大久保さんの手で死亡し  た。
18歳の電話事業者、川保和代さんが5月3日に入院した。
6日後、大久保さんは21人を強姦殺害された長年の竹村礼子さん。
彼の最後の殺人の犠牲者、21歳の家庭教師の高橋直子さんは、翌日、5月10日に殺害された。

大久保は、被災者の処分に特別な工夫をしなかった。
高崎市近郊の工業団地に隣接する空き地に4人が埋葬され、他は農村の捨て場で放棄された。
5月14日の夜、大久保逮捕を余儀なくされたマツダの高崎地区での捜索は必然的に起こった。
大久保容疑者は警察に追いつめられて車に乗っていたが逮捕された。
当初、不道徳行為を意図して拉致された罪で起訴された大久保容疑者は、すぐに犯行を告白し、まだ発見していない数人の犠牲者の墓に警察を導いた。

大久保は八頭の拉致、殺人、死体遺棄を裁判所に訴え、「私は警察のために私が犯人になった。
私が関与していた過去2件の事件を調査している間、ひどい。
彼らの罰は完全に私の人間性を破壊する方法で配られた。
それは権威に対する私の反抗をした。」

大久保は、自分の状況についての最終的なコメントを求めて、「生まれ変わることができれば、雑草として戻ってきたい」と言いた。
彼ら  は次の人生に存在したいと思う存在のようなものだ」
大久保は1973年2月22日に有罪判決を受け、死刑判決を受け、東京の小菅刑務所に3年近く拘留し、判決を訴えた。
上訴は拒否され、彼は最終的に41歳の誕生日の翌日から1976年1月23日に吊り下げられた。