小林薫 小学生の女の子を誘拐して殺した殺人犯1

小林薫、1968年11月30日 2013年2月21日は、地元の新聞配達員で、7歳の1年生の有山楓さんを誘拐し、性的暴行を受けて殺害した日本の奈良市出身の殺人犯だ。
その時、小林は既に性犯罪者として記録を残していた。
小林容疑者は犯行罪で有罪判決を受けた。
彼は2013年2月21日に大阪拘置所にぶら下がって処刑された。
若いころ
小林は1968年、大阪市住吉区に生まれた。
彼の家族は貧乏だったので、彼は幼年時代からペーパーボイスとして働いていた。
彼の母親は1978年に亡くなった。
1989年には、8人の子供を性的に暴行して有罪判決を受けた。
彼は2年の禁固刑を宣告された。
1991年10月、彼は5歳の少女を殺そうとし、3年の刑を宣告された。
彼は1995年11月9日に逮捕され、1996年7月23日に正式に釈放された。
小林は2000年3月から7月の間、富士地区の朝日新聞社の新聞社で働いていたので、生駒・富尾地区をとてもよく知っていた。
殺人時には、奈良県生駒地区の毎日新聞の新聞配達員として雇用された。
拉致と殺人
2004年11月17日、小原は奈良の富尾地区で、学校から自宅まで旅をしている間、富尾北小学校の生徒である有山楓さんを誘拐した。
誘拐は奈良県の西側警察署の近くで起きた。
その女の子の携帯電話を使って、彼は「私はあなたの娘を持っている」というメッセージとともに楓さんの写真を母親に送った。
小林は楓さんを殺し、奈良県の生駒地区の町に身を投げ捨てた。
彼女の体はその夜見つかった。
剖検は、死の原因が溺死ということを明らかにした。
楓さんの肺に集められた水は汚れていなかったので、小林がシンクやバスタブで溺死させたと推定された。
また、殺してしまった楓さんの服を脱いで、殺害された後に服を着ていたようだ。
楓さんの手足に擦り傷があり、歯のいくつかが欠けていた。
容疑者は死亡事故を起こしたと推定された。
歯の除去もまた死後に行われた。
小林容疑者は2004年12月14日、楓さんの携帯電話から母親の携帯電話に「私は妹を連れて行く」というメールを送った。
楓さんのイメージは電子メールに含まれていた。
彼はウェブサイトから写真を入手したと主張して、地元のバーのウェイトレスと顧客に楓さんの写真を見せていた。
逮捕
2004年12月30日、奈良県北上町のカワイ町に住んでいた小林は、誘拐されて逮捕された。
富士山の郊外は、奈良県北西部にある。
小林は犠牲者の写真を自分の携帯電話から自分のものに送っていた。
被害者の電話を使用することで、地元の携帯電話の塔が電話から送信されたメッセージを記録するため、逮捕のスピードアップに役立った。
彼は朝の書道を終えた後、容疑者がすぐに逮捕されるというニュースを配布して逮捕された。
警察は、彼の部屋から児童ポルノを含むビデオと雑誌を没収した。
さらに、楓さんの携帯電話とランドセルが発見された。
彼の部屋には、2004年6月から12月にかけて盗まれたかなりの量の下着があった。
目撃者は、楓さんが小林の車に歩いているのを見て、彼らはお互いを知っていることを示唆した。
しかし、小林容疑者は「誰かを誘拐しただろう」と言った。
2005年1月19日、小林は誘拐罪で起訴された。
彼は女の子を含む以前の性的犯罪を経験していたので、米国のメガンの法則と同様に国民の注意が日本で法律を通過するようになった。

反応
逮捕された後、東政吉区の新聞配達代理店長が新聞購読料23万円が盗難されたと警察に報告した。
その後、マネージャーは、川井で働いていた小林容疑者であることを発見した。
拉致の日である2004年11月17日、裁判官は監督から報告された横領について小林容疑者の逮捕状を出した。
しかし、マネージャーは、容疑者が毎月の支払いで盗まれたお金を返済すると約束されたため、警察にこれを知らせなかった。
したがって、警察は小林を逮捕することができず、彼は自由にその攻撃をした。
この結果、毎日新聞社は、1月31日に大阪府カワイと東日本都市の2人の配送業者との契約を解除すると発表した。
オタクへの影響
日本では、オタクとオタク文化に対する否定的な側面がある。
宮崎勤は1989年に「オタク殺人犯」と呼ばれるようになった。
彼の奇妙な殺人事件はオタクに対する道徳的なパニックを引き起こした。
日本のジャーナリスト、大谷昭宏は、小林容疑者の犯行は、逮捕される前でさえ、小物コレクターのサブカルチャーの一員が犯したと疑った。
小林はオタクではなく、フィギュアを所有していなかったが、オタクに対する社会的敵意の度合いは、性犯罪の可能性があるとして法執行機関によるオタクの標的化の増加や、地方政府の人々は、いくつかのオタク(例えば、エロチックな漫画やエロチックなビデオゲーム)に対応する資料で、エロティシズムの描写を制御する厳しい法律を要求している。
保坂展人衆院議員は誇大宣伝を批判した。

アドマックス