小林光弘 武富士を襲い放火で強盗殺人を犯した運転手

武富士殺人事件の死刑判決-2007年3月27日
最高裁は、2001年5月、青森県の武富士で、強盗殺人で5人を殺したタクシー運転手を拘束する高裁判決を支持した。
判決が確定した後、被告人の小林光弘(52)は、日本で102番目の死刑確定者になる。

仙台高等裁判所は、2001年5月、青森県の消費者ローン会社である武富士の支店で強盗殺人と放火で5人を殺したタクシー運転手の死刑判決を支持した。
小林光弘(52)は、従業員がまだ社内にいる間に会社に火をつけたときに殺人意思を示していたことを否定し、死刑判決を訴えた。
彼は従業員が既に緊急脱出や逃げ道から脱出したと信じていたと主張した。

松浦裁判長は小林容疑者の控訴を棄却し、「火事に置かれれば社内で死亡する可能性は高いと認識した」と述べた。
小林は直ちに最高裁判所に上訴した。
火災により、弘前市にあるローン会社の支店で5人の死者が出た。
他の4人の従業員は重傷を負った。
高裁は、小林は競輪に賭けた負債を返済するために会社を襲うことにしたと述べた。

彼は、失敗した強盗の試みに対する彼の苛立ちを解消するために支局を火につけた、と彼は言った。
彼は従業員を燃え尽きさせた後でさえも、レースで賭け続けた。「この犯罪は、冷酷な人格を示した」と裁判官は述べた。「彼のリハビリは非常に難しいろう」
青森地方裁判所は、昨年2月、小林容疑者に対し、犯罪に対する「非常に重い」負担を負わせたと言い渡した。
小林は2001年5月8日午前10時50分ごろに事務所に入り、ガソリンを床に撒いてお金を要求した。
支店長が遵守を拒否した後、彼はガソリンに点火して逃げ出した。

放火容疑者が証言する-スタッフを拒否する武富士を殺そうとする意図-2002年6月7日金曜日-ジャパンタイムズ
青森県の消費者金融会社の支店で放火容疑で起訴された元タクシー運転手が木曜日に犠牲者5人を殺そうとしたことを否定した。
小林光弘容疑者は、青森地方裁判所で裁判が開かれたのを受け、2001年5月8日の強盗爆発で武富士弘前支店に火を付けると認めたが、「武富士支店に侵入して人を殺したわけではないが、私が事件を起こしたときに被害者殺すつもりはあらなかった」と小林は言いた。
彼はまた、火事で死んだ5人の従業員の親戚に謝罪した。
他の4人が真剣に焼かれた。

起訴状によると、小林はガソリンを建物の中に振りかけ、支店長に金を与えるように要請した。
マネージャーが拒否した後、小林は事件を起こして逃げ出したという。
オフィスビルの3階の支店は後に解体された。
小林容疑者の弁護士は、強盗殺人で告発されるべきではなく、強盗で死刑を科せられるべきだと主張した。
検察は、小林容疑者が事務所を焼くことは死の危険にさらされるということを十分に認識していたに違いないと言っていた。

青森県警は大規模な捜査を開始したが、容疑者を何ヶ月も見つけられなかった。
現場を逃げた緑の車の肖像画や目撃者の助言を得て、彼らは最終的に3月4日に弘前市から北東15kmの能美岡市の住民小林を逮捕した。
検察は、小林容疑者が巨額の負債を負っており、住宅ローンや消費者金融会社の負債などで2300万円の借金を賄う必要があることを明らかにした。
事件の6日前、消費者金融会社はすぐに60万円を支払うよう求めたという。

彼は結局、武富士を借りて、同社が担保に供されていた車を再担保しないようにすると、検察官は言った。
オフィスに火をつけた後、小林はその日に車を使っていたように妻に尋ねてトラックを覆そうとしたという。
彼はまた、地元のテレビ局に匿名の電話をかけ、検察によると、彼はお金がほしいと言ったという。