前上博 インターネットの自殺webサイトの人を殺した

自殺サイト殺人事件 (前上博)1968年8月8日に生まれたが、日本のシリアルキラーだ。
彼は非典型的な性的フェチシズムを持っていた。
彼は人を絞めない限り性的興奮を達成できない。
前上は、オンライン自殺クラブのすべてのメンバーである、25歳の女性で、14歳の少年、21歳の男性を殺害したとして有罪判決を受けている。
彼はそれぞれの人に、自殺を申し出ることによって誘いた。

前上は、封印された車の中で炭火バーナーを使って生活を終わらせ、素手で窒息させることを提案した。
彼は後で、子供のような謎の小説を読んだ結果、このような方法で殺すことを望んでいると主張する。
3人の犠牲者はすべて4カ月以内に死亡した。
2007年3月28日、大阪の地方裁判所は、前上に死刑を宣告した。
彼の防衛は訴えかけた。

しかし、彼は2007年7月5日に琢磨の影響で非難を撤回した。
1968年8月8日生まれの前上博は、インターネットで人を誘拐した日本の連発殺人犯である。
彼は非典型的な性的フェチシズムを持っていた。
彼は人を絞めない限り性的興奮を達成できない。
彼は「自殺ウェブサイト殺人犯」と呼ばれた。

前上は金沢工科大学に入学し、彼は男性の友人を窒息させた。
彼は1988年に脱退した。
彼は1995年に男性の仲間を窒息させて逮捕された。
彼は裁判所に解決し、解放されたが、彼は解雇された。
彼は2001年に2人の女性を窒息させて逮捕された。

彼は3年の懲役刑で懲役1年の判決を受けた。
2002年4月、彼は中学生を窒息させた。
彼は逮捕され、懲役1年10ヶ月の判決を受けた。
自殺ウェブサイトの殺人
前上は、2005年に彼の解放後に3人を殺害した。

彼は、オンライン自殺クラブのすべてのメンバーである、25歳の14歳の男の子、21歳の男性を殺して有罪判決を受けた。
彼はそれぞれの人に、自殺を申し出ることによって誘いた。
前上は、封印された車の中で炭火バーナーを使って生活を終わらせ、素手で窒息させることを提案した。
彼は後で、子供のような謎の小説を読んだ結果、このような方法で殺すことを望んでいると主張する。
3人の犠牲者はすべて4カ月以内に死亡した。

試練
彼の裁判では、検察は彼に「欲望の殺人犯」と呼んだ。
2007年3月28日、大阪の地方裁判所は、前上に吊るして死刑を宣告した。
彼の防衛は訴えを起こしたが、彼は死刑で罪を償うと主張し、2007年7月5日に告発を取り下げた 。
2009年7月28日に、前上博は、25歳の犯罪罪で有罪判決を受けた山木幸男と一緒に、大阪に拘束された。

自殺サイトにリンクされている殺人犯-2005年8月7日
警視庁捜査本部は、自殺の疑いで逮捕された女性の殺人容疑で、自殺願望を共有した2人の犠牲者を殺害したと36歳の男性が自殺したと発表した。
暫定職員の元社員36人が、2月に長元美智子さん(25)を窒息させた疑いで逮捕された。
また、5月に兵庫県の男性中学生と6月に東大阪の男性大学生を殺害し、大阪府南部の山間部に遺体を投棄したと伝えられている。
土曜日、警察は、前上が身体を埋葬したという山の斜面にある中学生の部分遺体と思われるものを発見した。

大阪府警は、長女に逮捕される可能性は否定できないが、前上氏は長門氏に自殺を提案していたとみられる。
前上は、2月19日に借りた車の中で会うように求める電子メールを送った後、彼女を殺した疑いがある。
彼は恐らく山の森で彼女の体を放棄した。
警察当局者は、彼が彼女を殺すことを認め、尋問者に窒息して苦しんでいるのを見るために「性的に興奮している」と感じていると語った。
前上は堺から来て、長元さんは大阪府豊中から来た。

昨年末から20回程度電子メールを交換していたものの、長元さんの死亡時に初めて会ったらしい。
長元さんの遺体は2月23日に発見され、後に指紋で確認された。
体は大阪府河内奈良野の山間部の川に埋葬されていた。
情報筋によると、警察は、電子メールの記録とレンタカー契約を追跡することで、前上容疑者を追跡した。
前上氏によると、5月には男子中学生、6月には男子大学生を窒息させ、大阪府南部の別山地帯で遺体を放棄したという。

行方不明者の確認後、警察は5月の事件の被害者は神戸の14歳の少年と21歳の大学生であると疑う。
近年、インターネットで会った後、多くの人々がグループで自殺したことで、自殺のWebサイトが注目を集めている。
これらの人々は、典型的には密閉された車両と燃えている炭ストーブに閉じ込めて一酸化炭素中毒によって自殺する。
前上は、いくつかの自殺Webサイトにメッセージを投稿したと考えられている。
20代中頃から、路上で女性の通行人を窒息させようとしたことで、何度も逮捕された。
2002年に、彼はその事件の1つに対して10ヶ月の刑を宣告された。

3偽のネット自殺協定で死ぬ-Smh.com.au-2005年8月8日
ある男性は、広く知られている自殺のウェブサイトを通じて偽の自殺協定を結んで、14歳の少年を含む3人を殺害すると告白したと新聞に報じている。
自殺サイト殺人事件、36は、彼が若い女性、大学生と少年を窒息死と彼の楽しみのために殺人を撮影し、警察に語った、読売新聞は言いた。
容疑者は金曜日、大阪市西区の女性犠牲者、25歳の長門道子さんの死亡で逮捕された。
彼は自殺のウェブサイトで彼女の名前を見つけ、彼らが一緒に死ぬことを促す20の電子メールを送ったという。

彼は一酸化炭素中毒から自分自身を殺すために密閉された車で炭を燃やすことを提案した - ウェブサイトで推奨される方法。
代わりに、彼は借りた車で彼女を結んで、彼の手で鼻と口を密封して彼女を殺した、読売新聞 は言った。
「私は苦しんで顔を見たいと思っていた」と前上は言った。
女性を殺害した後、前上は自殺のウェブサイト上で被害者を探して少年と大学生を殺害したという。
彼は近くの山とダムに身体を投棄したと言われている。

大阪警察はこの件についてコメントしていない。
日本は、孤独な人たちがインターネットで自殺を起こしていると広く知られている。
このような協定では、10月から少なくとも65人が死亡している。
車の窓を密閉し、二酸化炭素中毒のための古風の木炭バーナーを付ける。
世界保健機関(WHO)によると、日本は工業化された世界で最も高い自殺率を示しており、毎年10万人の自殺率は24.1である。

自殺トリオを殺害して死を得る-Japantimes.co.jp-2007年3月29日
大阪地裁は十九日、自殺の可能性があるウェブサイトを通じて知り合った3人を殺害した男を死刑判決した。
水島和男裁判長は、38歳の前上博の判決を受け継ぎながら、一連の殺人事件の残虐行為と復権を望んでいない可能性を指摘した。
前上の弁護は、この判決を訴えた。
検察は死刑判決を求めていたが、人を絞め殺し、苦しんでいるのを見ることで性的衝動をコントロールすることはできないため、再犯者の脅威を引き起こす可能性があると主張した。

裁判所は、前上は、14歳の中学生を炭のストーブを使って自殺協定に加入させて致命的な一酸化炭素を生成させ、その後2005年5月に大阪府和泉市の山の近くで被害者を窒息させたと裁判所は述べた。
彼は同じ年に2月と6月に25歳の女性と21歳の男性大学生を同様の方法で殺害し、死体を投棄した。
「残忍で、無情で、悪質で、彼の性的傾向は根深く、改善するのが難しい」と裁判官は述べた。
12月、裁判所は、被告人の精神的能力が殺人時に消滅しなかったという精神的な診断を証拠として採用することを決定した。
診断を行った精神保健専門家も、前上が精神的に有能であると裁判所で証言した。

前上は3人の殺人事件に対して有罪判決を言い渡し、裁判官が釈放された場合にそのような犯罪を再犯するかどうか尋ねたところ、彼は「私は心配している。
検察は、前上が「嫌な殺人」を犯したと非難した。
彼の弁護人は死刑を回避しようとした。
最後のアピールは失敗する
最高裁判所は、青森県の武富士(武富士)支店で2001年5月の強盗で5人を殺したタクシー運転手の死刑を確定した。

最終判決は、日本で102番目の死刑囚の小林光弘被告(48)に似る。
小林容疑者は、2001年5月8日午前10時50分頃、弘前市の武富士支店で金銭の払いとガソリンの払いを求められた。
支店長が金を払うことを拒否し、5人を殺し、マネージャーと他の3人。
裁判では、小林容疑者は、「私はそれらを殺すつもりではなく、私が放火する前に5人が逃げたと思っていた」と主張して、殺そうとしたことを否定した。
青森地裁は、2003年2月に死刑判決を受け、従業員が別の部屋に逃げ込んだままでも、様々な人から現金を要求し続けるという理由で、「故意か過失」により死亡した支店長と

小林氏は訴えたが、仙台高裁は2004年2月に判決を支持した。
「裁判所が適切かつ公正な法的判決を下したと信じている」と武富士の代表は述べた。

アドマックス