栗田源蔵 子供をおせんころがしから放り投げた殺人犯

栗田源蔵、1926年- 1959年10月14日)は、 日本のおせんころがし殺人事件の犯人。
栗田は1948年2月、元ガールフレンド2人を殺害した。1951年8月8日、彼は24歳の女性を強姦し殺害した。
1951年10月11日、彼は29歳の女性を強姦した。彼は5歳の息子、7歳の娘と2歳の娘を「おせんころがし」という崖から投げつけました。
彼女の7歳の娘は生き残ったが、彼女の他の2人の子供は死亡した。

栗田は1952年1月13日、63歳の女性と彼女の24歳の姪を殺した。殺害の後、彼は姪の死体を強姦した。
逮捕、裁判、執行
栗田は1952年1月16日に逮捕された。
1952年8月12日、地方裁判所は最後の2人の殺人事件で死刑を宣告した。宇都宮地方裁判所は、1953年12月21日に六つの判決を言い渡し、1954年10月21日に控訴し、1959年10月14日に処刑された。余波
1956年、死刑判決の下、法務省は栗田を国会での死刑審議に導入した。