北川晋 拘留される年の最初の受刑者

北川晋は1980年代に2人の女性を強奪し、強姦し殺したとして有罪判決を受けた男が、日本で最初にぶら下がった。
法務省の長尾裕司広報官は、1人の囚人の処刑を確認したが、詳細は明らかにしなかった。共同通信社とNHKは、大阪府の刑務所で拘束された58歳の北川進氏が、
北川容疑者は、1983年に18歳の女性を殺し、1989年に24歳の女性を殺して犠牲者の両方から金銭を盗んだことで有罪判決を受けたという。共同通信によると、強姦で有罪判決を受けたという。アムネスティ・インターナショナルは、北川の処刑が日本で死刑囚の74人を残したと語った。

大阪で2人の女性を殺害した警察官-ジャパンタイムズ - 共同通信社-2005年9月17日
大阪拘置所で死亡した警視庁捜査所では、二重殺人容疑で逮捕された。
北川晋(58)は、1983年に千葉県で女子を強盗殺し殺し、1989年に高知県で女性を殺害したとして有罪判決を受けた。
小泉純一郎首相が2001年4月に就任して以来、北川は8人目の収容者だった。
昨年9月に法務部長官に就任した能登智子氏の署名を受け、2001年に学校攻撃で大阪に住む8人の子供を殺害した琢磨容疑者が3人殺害された殺人犯「末尾新明」と同じように、最後の処刑から約1年を経た。

2000年2月の最高裁判所は、北川の判決に対する控訴を棄却した。
高知県の北川市は、1983年8月、千葉市で18歳の少女をレイプして絞め殺し、1983年8月に15,000円を奪い、高知県の24歳の女性を強姦殺して2万円を奪った最高裁は1989年2月、アムネスティ・インターナショナルは、死刑に関する十分な情報が開示されていないため、死刑判決を受けた世界の少数の先進国の1つであり、国民には説明できないと批判した。
司法省は、執行が行われ、何人が拘束されたのか、1998年11月に開始された練習を発表するだけです。
人権団体はまた、日曜日の下院議員選挙後、次の水曜日に国会が開催される前に実行されたとし、執行のタイミングを批判した。同グループは声明の中で、「我々は人間の尊厳を損なうため、死刑に反対している」と述べた。「政府の動きに強く抗議する」
日本の弁護士連合会の会長である甲斐谷氏は、同国の徹底した国民議論が行われるまで、執行が中断されることを繰り返し主張しているにもかかわらず、執行は残念だと述べた。
日本。拘留される年の最初の受刑者-2005年9月15日-AP通信